北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

幻想的に輝く氷像群「ブルーウェーブ」初登場 支笏湖氷濤まつり開幕

色とりどりにライトアップされた会場=25日午後5時ごろ、本社ドローンで関係各省の許可を得て撮影

 2018千歳・支笏湖氷濤まつり(支笏湖まつり実行委主催)が26日、千歳市支笏湖温泉の第5駐車場を会場に開幕した。40回目の節目を迎えた会場には大小の氷像30基が立ち並ぶ。日中は陽光を浴びて淡い青の輝きが美しい「支笏湖ブルー」の風情を見せ、夜間は照明にライトアップされた幻想的なムードで入場者を魅了する。厳冬の湖畔を彩る氷の祭典が始まった。2月18日まで開催。

 氷像群は、10年連続で水質日本一の栄誉を受けた湖水を噴霧して制作した。場内を一望できる展望台の「ブルーシャトー」や「苔(こけ)の洞門」、「氷の水族館」などがそびえる。子供たちに人気の滑り台「アイススライダー」もお目見えした。

 新たな氷像は「支笏湖ブルーウェーブ」。トンネルのようになった荒波の内部にできる「チューブ」をイメージし、自然の力強さを再現。昨年も好評だった「支笏湖ブルーの池」は今年、棚田のようになった複数の池が印象的なトルコの世界遺産「パムッカレ」をイメージしたデザインとなった。

 会場には休憩所や温かい食べ物と飲み物を購入できる売店も開店。期間中は土日祝日を中心にステージイベントも予定する。

 準備に当たって、実行委会場制作管理部のメンバー13人が昨年11月中旬から氷像の骨組みを始め、12月下旬から散水作業を展開した。

 年末までに強風で骨組みが倒壊したほか、年明け後も暖気と雨で氷が解けて制作が遅延。開幕前日となった25日夜も整地と照明の取り付け作業を急いだ。同部の小林典幸部長は「ここ三十数年間で、こんなに苦労して作業した年はなかった」と振り返り、「開幕直前まで水を掛けたのできれいな氷ができた。光の通りが良く、会場全体が明るく見える」と美しさに太鼓判を押す。

 2月21~25日には開始40周年を記念し、「青の祭」も開催。白を基調とした照明で氷像を内側から照らし、支笏湖ブルーの世界を演出する。週末は花火も打ち上げる。  開場時間は午前9時から午後10時。ライトアップは午後4時半~同10時。問い合わせは支笏湖まつり実行委員会 電話0123(23)8288。

 ◇27日の行事予定

 ▽午前11時、オープニングセレモニー▽同30分、千歳和太鼓オンステージ▽午後0時30分、じゃがポックルプレゼント▽同2時、フラワープレゼント▽同4時、メカタ選手権・切って削ってピッタンコゲーム▽同6時、キューバダンスショー▽同30分、冬の支笏湖・花火の世界

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス