北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

幻想的に輝く氷像群「ブルーウェーブ」初登場 支笏湖氷濤まつり開幕

色とりどりにライトアップされた会場=25日午後5時ごろ、本社ドローンで関係各省の許可を得て撮影

 2018千歳・支笏湖氷濤まつり(支笏湖まつり実行委主催)が26日、千歳市支笏湖温泉の第5駐車場を会場に開幕した。40回目の節目を迎えた会場には大小の氷像30基が立ち並ぶ。日中は陽光を浴びて淡い青の輝きが美しい「支笏湖ブルー」の風情を見せ、夜間は照明にライトアップされた幻想的なムードで入場者を魅了する。厳冬の湖畔を彩る氷の祭典が始まった。2月18日まで開催。

 氷像群は、10年連続で水質日本一の栄誉を受けた湖水を噴霧して制作した。場内を一望できる展望台の「ブルーシャトー」や「苔(こけ)の洞門」、「氷の水族館」などがそびえる。子供たちに人気の滑り台「アイススライダー」もお目見えした。

 新たな氷像は「支笏湖ブルーウェーブ」。トンネルのようになった荒波の内部にできる「チューブ」をイメージし、自然の力強さを再現。昨年も好評だった「支笏湖ブルーの池」は今年、棚田のようになった複数の池が印象的なトルコの世界遺産「パムッカレ」をイメージしたデザインとなった。

 会場には休憩所や温かい食べ物と飲み物を購入できる売店も開店。期間中は土日祝日を中心にステージイベントも予定する。

 準備に当たって、実行委会場制作管理部のメンバー13人が昨年11月中旬から氷像の骨組みを始め、12月下旬から散水作業を展開した。

 年末までに強風で骨組みが倒壊したほか、年明け後も暖気と雨で氷が解けて制作が遅延。開幕前日となった25日夜も整地と照明の取り付け作業を急いだ。同部の小林典幸部長は「ここ三十数年間で、こんなに苦労して作業した年はなかった」と振り返り、「開幕直前まで水を掛けたのできれいな氷ができた。光の通りが良く、会場全体が明るく見える」と美しさに太鼓判を押す。

 2月21~25日には開始40周年を記念し、「青の祭」も開催。白を基調とした照明で氷像を内側から照らし、支笏湖ブルーの世界を演出する。週末は花火も打ち上げる。  開場時間は午前9時から午後10時。ライトアップは午後4時半~同10時。問い合わせは支笏湖まつり実行委員会 電話0123(23)8288。

 ◇27日の行事予定

 ▽午前11時、オープニングセレモニー▽同30分、千歳和太鼓オンステージ▽午後0時30分、じゃがポックルプレゼント▽同2時、フラワープレゼント▽同4時、メカタ選手権・切って削ってピッタンコゲーム▽同6時、キューバダンスショー▽同30分、冬の支笏湖・花火の世界

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...