北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

新年度予算編成詰めへ 市長査定始まる【根室】

予算編成について説明を受ける長谷川市長(右)

 30年度予算編成の終盤を迎え、長谷川俊輔市長による理事者査定が26日午前9時半から始まった。長谷川市政3期目最後の予算編成で、財源不足の中、昨年に引き続き好調なふるさと応援寄付の活用で、子育て支援や人口問題をはじめ多くの課題にどう取り組むか、注目される。予算規模は171億円台と29年度を上回る見通しだ。なお、新年度予算発表は2月22日に行う。

 根室市の予算編成は昨年11月の「予算編成会議」を経て本格化。前年度比4億円増の17億9,700万円と多額の財源不足が見込まれる中、編成方針では、引き続き経常費の「完全割当方式」、臨時費は「枠配分方式」を導入し、財源不足の圧縮を図った。

 12月18日に締め切った各課からの予算要求額を積み上げた結果、経常費・臨時費を5パーセント削減した枠配分の実施などから財源不足額は29年度より3億4,000万円ほど圧縮して10億1,400万円まで切り詰め、さらに理事者査定までの約1カ月間、財政課による査定でさらに五億8,000万円を解消。最終的な財源不足額は4億3,400万円と、前年度より4,300万円増となっている。

 理事者査定では、財政課からこれまでの編成作業について説明を受けた後、重点施策などを中心に、経常歳出について理事者の考えを予算に反映させるほか、40億円が見込まれるふるさと応援寄付の取り扱いや減債、財政調整基金の取り扱いなどを協議した。

 なお、30年度当初予算規模は、171億円台となる見込みで、前年度当初比約1億5,000万円、0.8パーセント前後の増額となる見通し。ふるさと応援寄付の予算計上を従来の直接予算計上から同応援基金にいったん積み立ててから充当する方法に変更。30年度は6億円を予定している。同予算計上方法の変更がなければマイナス予算となる。

 このほか、主な増要因としては新規事業で沿岸漁業振興対策事業(ホタテ稚貝の放流など)と消防車両整備事業でそれぞれ8,000万円程度を見込んでいるほか、減要因では仮称・落石ふるさと館整備事業の本体工事終了に伴い約2億9,000万円が減額となるほか、病院会計支出金で約1億5,000万円、総合文化会館整備事業で約1億3,000万円が減額となる。

 年度間調整財源の財政調整基金の28年度末残高は約16億3,100万円で、財政課では「繰り入れを見込まない予算に向け編成作業を進めてきたが、最終的には減債、財政調整基金の繰り入れで補てんせざるを得ない」としている。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...