北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

"室根"へ5年目「北方領土の日」に向け啓発資料を送付【根室】

室根図書館へ送った北方領土の資料を紹介する志和会長

 逆さ地名が縁で岩手県一関市の室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)は、2月7日の北方領土の日へ向けて、室根図書館へ北方領土啓発資料など合計604点を送った。資料の送付は5年目。室根側は4日に初めて「ジョバンニの島」の上映会を開くほか、6日の北方領土返還要求岩手県大会には室根側の会員も駆けつける予定で、志和会長は「世論喚起の波を、室根からも」と、返還運動の浸透に期待を込めている。

 室根図書館へ贈ったのは、千島連盟提供の配布用パンフレット「わたくしの『北方領土』」、「わたしの『ほっぽうりょうど』」の各200部と、啓発用ボールペン200本。このほか、根室教育研究所提供の「地域素材の効果的な教材化(北方領土を使った学習)」、北対協提供の「故郷の島たらく『四季と生活』(北方領土デジタル紙芝居)」を同館の蔵書として活用してもらう。

 同館には平成26年から「根室コーナー」を設け、北方領土関係の資料や根室の市勢要覧、観光パンフレットを常設して町民の利用を呼び掛けている。設置日が2月7日の北方領土の日であったことから、特に領土問題を広く知ってもらおうと年に一度資料を追加・更新している。

 室根側の交流の会は根室とのつながりを大切にする中で、今年初の試みとして「ジョバンニの島」上映会を4日に室根曲ろくふれあいセンターで開くことになった。事務局の金森勝利さんは「根室の人たちがどんな気持ちで返還運動しているのか、これを見れば分かるはず」と話し、一関市内の小中学校へ案内を出すとともに入場無料にして広くPRしている。

 北方領土の日前日の6日には、北方領土返還要求運動岩手県民会議が主催する返還要求岩手県大会へ会員らが参加する予定。原点の地・根室から離れた地でも返還を求める声が発信されていることに対して、志和会長は「室根でも多くの人に理解を深めてもらうことは大変心強い」と、話している。

 一通の手紙を介して知り合った根室と室根。逆さ地名が取り持つ縁で平成11年に交流が始まり、1,000キロメートル以上ある距離のハンディを乗り越える活動は来年で20年を迎える。今年も相互のスポーツ大会参加や物産品交流をはじめ、会員の往来を計画しながら友情を深める。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...