北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ポスター甲子園で市函高美術部が優勝【函館】

グランプリを受賞した市函美術部の(左から)佐藤さん、岩瀨さん、長内さん、鶴巻さん、佐々木顧問

 市立函館高校美術部(長内絵美部長、部員26人)が19日に発表された、学校行事を題材にしたポスターコンテスト「第13回全日本学校ポスター甲子園」でグランプリを獲得した。同部は2年ぶり2度目の受賞で、制作に携わった長内部長ら2年生部員4人は「限られた時間だったが満足の作品ができた。評価してもらってうれしい」と笑顔が弾けた。

 ポスター甲子園は、高校生以上の学生が制作に関わった作品を対象にしたコンテストで、旭川市の印刷会社総北海が主催する。同部は5年連続のエントリーで、これまでにグランプリのほか、準グランプリを3度受賞するなど入賞常連校として知られている。今回は全国から74作品が出展された。

 制作には、長内部長のほか、鶴巻千秋さん、佐藤宙(ひろ)さん、岩瀨小夜さん、佐々木龍顧問の5人が当たった。昨夏にあった学校祭用のポスターとして6月上旬から準備した。提出までに3週間ほどと時間がない中でも「妥協せず、ものづくりを進めたい」という思いを共有して、各々のイメージを出し合って試作を何度も重ねていった。

 完成した作品は、校舎内の同じ場所で撮影した人物や風景の写真を何枚も重ね、光の強弱をつけることで輝く高校生活を表現した。ただ、文化祭のみならずどんな年齢の人たちが見ても何かを感じてもらえる作品に仕上げようと工夫を凝らした。

 制作過程で特に意見がぶつかり合ったのがキャッチコピーだったといい、提出するぎりぎりまで悩んだという。最終的には「おかえり。ぼくらの夏。」に決まった。4人は「提出日ぎりぎりまで悩んだ甲斐があって自慢の作品に仕上がった。達成感に満ちている」とほほ笑む。

 佐々木顧問は「数人で一つの作品を仕上げることの難しさはあったと思う。その中で真剣に意見をすり合わせて良いものを作ろうとする姿に成長を感じた」と目を細める。今後はそれぞれの制作活動に重点を置くといい、「来年は後輩たちが連覇してくれれば」と期待を込めた。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...