北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

カラフルショーに歓声 十勝川で「彩凛華」開幕【音更】

光と音のショーを撮影する来場者

 十勝川温泉の冬のイベント「第27回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が27日夜、十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。管内外から家族連れや外国人観光客ら約2000人が来場し、光と音のショーを楽しんだ。

 円すいや球体のオブジェが音楽に合わせてリズミカルに色を変えるショーが始まると、来場者はスマホやビデオで動画を撮影。また、スノーラフティングや雪の滑り台、地面に投影されたプロジェクションマッピングが人の動きに合わせて変化する「デジタル遊園地」などでは、子どもたちの歓声が響いた。

 ビニールハウスの休憩施設「アイスプロムナード」では、モール豚のホットドッグや小豆ミルク、コーンスープなどが販売され、来場者でにぎわった。

 帯広市内の会社員芳賀重収(しげのぶ)さん(44)は妻幸代さん(41)と一人息子(3)と来場。重収さんは「結婚する前から妻と毎年来ているファンです。ショーは音楽が目新しく、今年もきれい」、幸代さんは「息子は音楽に合わせて踊っていました」と笑顔を見せ、まつりを楽しんでいた。

関連記事

室蘭民報

22、23日に洋ラン100点の作品展示会【室蘭】

 室蘭蘭友会(栗林芳枝会長)主催の第27回洋ラン作品展示会が23、24の両日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。セロジネやカトレア、コチョウラン、ギンギアナムなど、洋ラン約100点が並ぶ。 ...

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くな...

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...