北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「豆の嵐」体感 豆まかナイト【本別】

「鬼嫁」も登場し、2トンの豆が乱れ飛んだ「豆まかナイト」

 豆の町・本別ならではの豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2018」(町商工会主催)が27日夜、町体育館で開かれた。約800人が来場し、用意された2トンの“豆の嵐”を体感。一足早い節分を楽しんだ。

 4回目の今年は食育ともリンクさせ、豆の一部(約250キロ)は子どもたちが栽培、収穫した大豆を使った。会場には多彩な料理の「豆マルシェ」も並んだ。

 2年ぶりに復活した「祈願豆浴び」には高橋正夫町長やJA本別町青年部員ら10組が登壇。「1年が幸せに」「豊作を」などと手を合わせて願う中、清められた計30キロの洗礼を浴びた。

 メインの豆まきは激しさが売り。ステージ上に途切れず登場する鬼に向け、ゴーグルを着けた参加者が1袋2~3キロの豆を補充しながら全力投球、歓声がこだました。

 友人に誘われて初めて訪れた町内の千葉和洋さん(41)は「人も集まり、にぎやかなイベント。こんなに豆を投げたことがなく、いい発散になる」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...

苫小牧民報

民家や学校、農業設備も 東胆振の各地に地震爪痕

 今回の地震により、震源に近い東胆振では被害が相次いだ。現時点でけが人は苫小牧市内で3人の軽傷者が出た以外に報告されていないが、学校や牧場の施設、民家の一部などに被害が出ている。  ■苫小牧市 ...

日高報知新聞

好天待ってフノリ漁【様似】

【様似】冬島周辺の冬の風物詩となっている〝寒フノリ”の漁が解禁となり、この手摘み作業が22日、同地区沿岸一帯で行われた。寒風が吹きつける中、周辺漁民が海岸の岩場に色濃く育ったフノリを収穫した。 ...

日高報知新聞

ソフトテニス選手全国出場【新ひだか】

【新ひだか】第6回北海道中学生シングルスソフトテニス大会の女子で優勝した吉本裕香さん(静内第三中2年)と、北海道小学生インドアソフトテニス大会で女子シングルス優勝の高橋結来さん(桜丘小6年)、...