北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ランボルギーニ再び 北大生力作の雪像、シエスタに登場【函館】

シエスタハコダテ前でランボルギーニの雪像を製作した北大水産学部のメンバーら

 ランボルギーニ、再び―。函館市本町のシエスタハコダテ前に、高級スポーツカー「ランボルギーニ」の雪像が登場した。昨冬、大学構内の駐車場で同様の雪像を手掛けた北大水産学部の学生らが約20時間かけて制作。早速、道行く市民らの注目を浴びている。

 雪像を制作した中心メンバーは、北大水産学部4年の井口陸弥さん(23)、沼山杏菜さん(24)、三浦大輝さん(23)、黒田充樹さん(21)の4人。今年は交流のある道教育大函館校の学生にも協力を呼び掛け、約10人で挑戦。1980年代モデルの「ランボルギーニ・カウンタック」を完成させた。

 2016年12月に手掛けた前作に続き、「今年も何か作りたい」と話していたメンバー。シエスタが展開する「本町地区活性化プロジェクト」の一環として雪像制作のオファーがあり、喜んで引き受けたという。

 リーダーの井口さんが書いた設計図を基に、作業は27日夕方から開始。軽トラックで大学から雪を運んだほか、関係者に承諾を得てシエスタ周辺の排雪を利用。趣旨に賛同した市内の土木業者も、排雪をトラックで会場まで運搬した。

 氷点下4度前後の過酷な条件の中、「寒さをしのぐには動くしかない」(井口さん)とノンストップで作業。28日午前11時ごろ、幅1・8メートル、長さ4・2メートル、高さ1・07メートルの大作が完成した。

 突然お目見えした雪像に足を止め、スマートフォンで写真撮影する買い物客の姿も多く、市内の会社員、多田恵子さん(38)は「クオリティーが高く、すごいの一言です」と興奮した様子。

 井口さんは「迫力ある作品に仕上げることができた。しばらくの間、皆さんに楽しんでもらえるとうれしい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

中男73㌔以下は佐藤選手

 公益社団法人北海道柔道整復師会日胆ブロック主催の第33回日胆柔道スポーツ少年団交流大会兼第28回文部科学大臣杯争奪北整選抜少年柔道大会選考会(浦河柔道連盟主管)が14日、浦河町ファミリースポーツセンタ...

日高報知新聞

開幕日のレース楽しむ【浦河】

 17日に日高町の門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬を盛り上げる「応援ビアバーティーin・Aiba浦河」が同日夜、浦河町の浦河ウエリントンホテルで開かれた。この日は全道的に6月から夏並みに気温...

苫小牧民報

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

苫小牧民報

ワーカム北海道、独身寮再建へ 来年6月完成-むかわ

 いすゞ自動車は、胆振東部地震で被災したグループ会社「ワーカム北海道」(本社・むかわ町)の独身寮(むかわ町文京)を再建する。災害に備えて耐震性を高めて、非常用電源なども備えていく。災害時は住民に...

室蘭民報

市ふれあい市民農園オープン、農作業に心地よい汗【室蘭】

 室蘭市崎守町の市ふれあい市民農園が17日開園した。利用者は晴天の下、農作業に入り、心地よい汗を流していた。11月17日まで開園しており、2019年度は121人が申し込んだ。内訳は50平方メート...