北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

海に陸に冬鳥堪能 バードランドフェス閉幕【根室】

参加者も大満足だった「おまかせガイドツアー」

 冬の野鳥観察を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2018」が26日から開かれた。期間中天候に恵まれ、落石ネイチャークルーズではコケワタガモ、野付半島ではユキホオジロの群れが見られるなど「見たい鳥を観察することができ、参加者に満足してもらえた。子どもの参加も増え、市民にも浸透してきたようだ」(市観光協会)と手応えを感じていた。

 26日の「野鳥の夕べ」で開幕した同フェスティバルは、28日までの3日間、ベルクラシック根室をメーン会場に開かれた。ベルクラシック根室では期間中、一部スペースを開放し、参加者が自由に使えるようにしたほか、野鳥保護の取り組みなどパネル展や、野鳥観察グッズの展示販売ブース、参加者の交流会などが繰り広げられた。

 市観光協会によると、参加者集計はまだできていないが「昨年並みには参加してもらえた」と話し、特にメーン会場のベルクラシック根室には「子どもたちを中心に昨年以上に市民の参加が目立った」とし、イベントが市民の間にも徐々に浸透してきていることを実感していた。

 期間中は波のうねりが心配されたが、落石ネイチャークルーズや日本最東端パノラマクルーズも出航。落石では参加者の写真の中に美しい雄のコケワタガモが写り込んでいるのが分かり、歓声が上がっていた。コケワタガモは20年ほど前までは納沙布岬で普通に観察されていたが、その後姿を消し、近年では道内でも年に一、二例の報告がある程度で、羽の美しい雄の観察は数年に一度と言われている。また、野付半島ではユキホオジロの150羽ほどの群れを観察でき、ツアー参加者から大きな歓声が上がっていた。市観光協会では「見たい鳥を観察することができ、ツアー参加者には満足してもらえたのではないか」と話している。

関連記事

根室新聞

税収30億円に赤信号 収納率は最高水準で健闘【根室】

 自主財源の大宗を占める市税だが、根室市の平成30年度の市税調定額が30億円を割り込みそうだ。1月末現在の調定額は29億4,430万円で、前年同期比1億4,700万円減と大幅に落ち込んでいる。一方、収納率は8493...

苫小牧民報

道産PRイベントで最高賞獲得「うれしい」 安平・夢民舎のクリームチーズは..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」(宮本正典社長)の「クリームチーズはやきた」が、道産チーズのPRイベント「北海道地チーズ博2019」(ホクレン農業協同組合連合会主催)で、最高賞のグランプリ...

日高報知新聞

インカンテーションなど【浦河】

 浦河町西幌別のイーストスタッドで15日、種牡馬展示会が開かれ、浦河町産馬のインカンテーションなど2頭の新種牡馬や3頭の新入きゅう馬ほか、今シーズンに供用するけい養種牡馬を牧場関係者らに披露した。 ...

日高報知新聞

議員のなり手不足など【新ひだか】

【新ひだか】町議会による「議会報告会」が14日夜、地域交流センターピュアプラザで開かれ、参加者と議員のなり手不足などについて意見を交えた。  議会報告会は、議会活動や議会改革の取り組みについて町民...

十勝毎日新聞

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家【中札内】

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...