北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

海に陸に冬鳥堪能 バードランドフェス閉幕【根室】

参加者も大満足だった「おまかせガイドツアー」

 冬の野鳥観察を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2018」が26日から開かれた。期間中天候に恵まれ、落石ネイチャークルーズではコケワタガモ、野付半島ではユキホオジロの群れが見られるなど「見たい鳥を観察することができ、参加者に満足してもらえた。子どもの参加も増え、市民にも浸透してきたようだ」(市観光協会)と手応えを感じていた。

 26日の「野鳥の夕べ」で開幕した同フェスティバルは、28日までの3日間、ベルクラシック根室をメーン会場に開かれた。ベルクラシック根室では期間中、一部スペースを開放し、参加者が自由に使えるようにしたほか、野鳥保護の取り組みなどパネル展や、野鳥観察グッズの展示販売ブース、参加者の交流会などが繰り広げられた。

 市観光協会によると、参加者集計はまだできていないが「昨年並みには参加してもらえた」と話し、特にメーン会場のベルクラシック根室には「子どもたちを中心に昨年以上に市民の参加が目立った」とし、イベントが市民の間にも徐々に浸透してきていることを実感していた。

 期間中は波のうねりが心配されたが、落石ネイチャークルーズや日本最東端パノラマクルーズも出航。落石では参加者の写真の中に美しい雄のコケワタガモが写り込んでいるのが分かり、歓声が上がっていた。コケワタガモは20年ほど前までは納沙布岬で普通に観察されていたが、その後姿を消し、近年では道内でも年に一、二例の報告がある程度で、羽の美しい雄の観察は数年に一度と言われている。また、野付半島ではユキホオジロの150羽ほどの群れを観察でき、ツアー参加者から大きな歓声が上がっていた。市観光協会では「見たい鳥を観察することができ、ツアー参加者には満足してもらえたのではないか」と話している。

関連記事

室蘭民報

映画・モルエラニの霧の中完成間近「協力お願い」【西胆振】

 室蘭を中心とした西胆振を舞台に撮影中のオムニバス映画「モルエラニの霧の中」(坪川拓史監督)の資金調達や撮影協力を担う市民団体・NPO法人室蘭映画製作応援団が、年内の映画完成に向けてキャンペー...

室蘭民報

「ワニワニクラブ」のうどん給食が親子に大好評【室蘭】

 室蘭市輪西町のぷらっと・てついち内の子育て支援施設・ワニワニクラブのうどん給食が21日、同施設で振る舞われ、だしの効いたつゆに具だくさんのうどんが、親子に大好評だった。  施設を運営するN...

函館新聞

函館バス、「ロケーションシステム」一新 到着時間の精度向上【函館】

 函館バス(森健二社長)は3月15日、路線バスの運行情報を検索できるサービス「バスロケーションシステム」を一新する。多言語化を実現し、増加する外国人観光客に対応。バスの到着予測時間の正確性を高め...

函館新聞

函水高、海や船テーマの新聞コンテストで準最高賞【函館・北斗】

 函館水産高校(野呂俊夫校長)1年の真酒谷隼斗君(16)と坂田和希君(16)が、海や船をテーマにした新聞を対象とした2017年度「ジュニア・シッピング・ジャーナリスト賞」の中学生・高校生部門で、...

日高報知新聞

子どもたちの安全に!

【日高】日高町危険物安全協会は19日、児童が不審者に遭遇した時に役立つ「緊急ホイッスルライト」を町内5校の全小学校児童594人分を寄贈した。  町教委教育長室を訪れた沢元彦安全協会長は「子どもたち...