北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

海に陸に冬鳥堪能 バードランドフェス閉幕【根室】

参加者も大満足だった「おまかせガイドツアー」

 冬の野鳥観察を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2018」が26日から開かれた。期間中天候に恵まれ、落石ネイチャークルーズではコケワタガモ、野付半島ではユキホオジロの群れが見られるなど「見たい鳥を観察することができ、参加者に満足してもらえた。子どもの参加も増え、市民にも浸透してきたようだ」(市観光協会)と手応えを感じていた。

 26日の「野鳥の夕べ」で開幕した同フェスティバルは、28日までの3日間、ベルクラシック根室をメーン会場に開かれた。ベルクラシック根室では期間中、一部スペースを開放し、参加者が自由に使えるようにしたほか、野鳥保護の取り組みなどパネル展や、野鳥観察グッズの展示販売ブース、参加者の交流会などが繰り広げられた。

 市観光協会によると、参加者集計はまだできていないが「昨年並みには参加してもらえた」と話し、特にメーン会場のベルクラシック根室には「子どもたちを中心に昨年以上に市民の参加が目立った」とし、イベントが市民の間にも徐々に浸透してきていることを実感していた。

 期間中は波のうねりが心配されたが、落石ネイチャークルーズや日本最東端パノラマクルーズも出航。落石では参加者の写真の中に美しい雄のコケワタガモが写り込んでいるのが分かり、歓声が上がっていた。コケワタガモは20年ほど前までは納沙布岬で普通に観察されていたが、その後姿を消し、近年では道内でも年に一、二例の報告がある程度で、羽の美しい雄の観察は数年に一度と言われている。また、野付半島ではユキホオジロの150羽ほどの群れを観察でき、ツアー参加者から大きな歓声が上がっていた。市観光協会では「見たい鳥を観察することができ、ツアー参加者には満足してもらえたのではないか」と話している。

関連記事

日高報知新聞

静内産ミニトマト出荷開始【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協の選果場=静内木場町=で静内産ミニトマト「太陽の瞳」の出荷が始まった。昨年の生産販売額は過去最高の約9億8500万円となり、関係者はハウス被害の影響があるものの、昨年同様の...

日高報知新聞

旬のウニに約2千500人【様似】

【様似】春ウニを味わう「第9回さまにウニまつり」が20日、本町3のエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の青空のもと、札幌、帯広ナンバーなど含む町内外から約2500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類...

苫小牧民報

よこすかカレーフェスでグランプリ とまこまいカレーラーメン振興局

 19、20両日に神奈川県横須賀市で開かれた全国ご当地カレーのイベント・よこすかカレーフェスティバルで、苫小牧市内の飲食店主らでつくるとまこまいカレーラーメン振興局の「みそカレーラーメン」がグラ...

苫小牧民報

200メートル煙突、44年ぶり大改修 王子製紙苫小牧工場

 苫小牧市のシンボルの一つである王子製紙苫小牧工場の200メートル煙突が、1974年の設置以来初めての大規模改修を行っている。煙突の中腹に円形のゴンドラが設置され、専門業者による作業が着々と進む...

苫小牧民報

「むかわ竜」の名称再考を 穂別出身者の会が近く要望書

 むかわ町穂別地区で見つかり、日本の恐竜研究史上で最大級の発見とされるハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石の通称「むかわ竜」について、穂別出身者などでつくる町外の団体が名称の再考を求めて同町に要望...