北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

海に陸に冬鳥堪能 バードランドフェス閉幕【根室】

参加者も大満足だった「おまかせガイドツアー」

 冬の野鳥観察を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2018」が26日から開かれた。期間中天候に恵まれ、落石ネイチャークルーズではコケワタガモ、野付半島ではユキホオジロの群れが見られるなど「見たい鳥を観察することができ、参加者に満足してもらえた。子どもの参加も増え、市民にも浸透してきたようだ」(市観光協会)と手応えを感じていた。

 26日の「野鳥の夕べ」で開幕した同フェスティバルは、28日までの3日間、ベルクラシック根室をメーン会場に開かれた。ベルクラシック根室では期間中、一部スペースを開放し、参加者が自由に使えるようにしたほか、野鳥保護の取り組みなどパネル展や、野鳥観察グッズの展示販売ブース、参加者の交流会などが繰り広げられた。

 市観光協会によると、参加者集計はまだできていないが「昨年並みには参加してもらえた」と話し、特にメーン会場のベルクラシック根室には「子どもたちを中心に昨年以上に市民の参加が目立った」とし、イベントが市民の間にも徐々に浸透してきていることを実感していた。

 期間中は波のうねりが心配されたが、落石ネイチャークルーズや日本最東端パノラマクルーズも出航。落石では参加者の写真の中に美しい雄のコケワタガモが写り込んでいるのが分かり、歓声が上がっていた。コケワタガモは20年ほど前までは納沙布岬で普通に観察されていたが、その後姿を消し、近年では道内でも年に一、二例の報告がある程度で、羽の美しい雄の観察は数年に一度と言われている。また、野付半島ではユキホオジロの150羽ほどの群れを観察でき、ツアー参加者から大きな歓声が上がっていた。市観光協会では「見たい鳥を観察することができ、ツアー参加者には満足してもらえたのではないか」と話している。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...