北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝の原酒でブランデー 池田町と共同開発 国分北海道【札幌】

「島梟」を発表した(右から)安井所長と黒澤社長

 国分北海道(札幌、黒澤良一社長)は、十勝産の原酒を使い池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)と共同で開発したブランデーの新ブランド「島梟」(しまふくろう)を立ち上げ、30日、札幌市内のホテルで発表会を行った。

 本格的なブランデー造りを行う国内のワイナリーは少なく、国分北海道は同研究所が30年以上樽熟成する原酒の提供を受け商品化を実現。国内のブランデー市場が縮小する中、インバウンド(訪日外国人旅行者)やバーなど料飲店のニーズに特化して製造した。

 新商品は料飲店と百貨店限定で販売する「島梟 十勝ブランデー1987原酒 ノンチルフィルタードシングルバレル バレルNO.2612」(700ミリリットル・アルコール度数60度、税別1万3000円)。ブランデーでは極めてまれという、冷却ろ過をせず単一の樽原酒を瓶詰めしたもの。

 土産店など一般販売も行う「島梟 十勝ブランデー北海道熟成30年」(700ミリリットル・同40度、同1万2000円)も、「1987原酒-」と同じく100%北海道産ブドウを原料に30年以上熟成の原酒のみを使用。いずれも2月5日から道内で先行発売し、4月以降全国発売の予定だという。

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の安井所長は「北の地からブランデーブームが広がれば」と話した。商品の問い合わせは国分北海道マーケティング部(011・350・6309、平日午前9時~午後5時半)へ。

関連記事

室蘭民報

富岸小5年3組の学級新聞が全国最優秀賞【登別】

 登別市富岸小学校(安宅錦也校長、453人)の5年3組が制作した学級新聞「1番星」が第67回全国小・中学校・PTA新聞コンクールの学級新聞部門で最優秀賞を受賞した。クラス全員で制作に取り組んだ...

室蘭民報

室工大のジンギスカン鍋クッキーが四季彩館で発売【室蘭】

 室蘭工業大学(空閑良壽(くがよしかず)学長)公認焼き菓子「ジンギスカン鍋クッキー」が23日から、室蘭市東町のJR東室蘭駅構内の北海道四季彩館東室蘭店で発売された。同店で扱う同大の「鐵(てつ)...

函館新聞

グレート小鹿さん母校で植樹へ 大日本プロレス函館大会に合わせ【函館】

 函館出身で、現役最年長プロレスラーとして知られる大日本プロレスのグレート小鹿会長(75)がこのほど、函館新聞社を訪れた。4月8日に函館総合卸センター流通ホール(西桔梗町589)で開催する函...

函館新聞

函館タクシーが特許取得 タブレット活用で外国人客らとコミュニケーション【..

 函館タクシー(函館市日乃出町、岩塚晃一社長)とIT関連企業のリバーマーケティング(同、小川佳也社長)は、タブレット端末やスマートフォンを活用し、タクシーを利用する外国人や聴覚障害者と、運転...

根室新聞

"ふるさと納税"つなぐ交流に手応え 東京で初の大感謝祭【根室】

 根室市で初となるふるさと納税者に対する大感謝祭が18日、東京都新宿区の京王プラザホテル新宿で開かれた。「2018根室PRプロジェクト in TOKYO」(実行委員長、石垣雅敏副市長)として新宿西口広場イベン...