北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝の原酒でブランデー 池田町と共同開発 国分北海道【札幌】

「島梟」を発表した(右から)安井所長と黒澤社長

 国分北海道(札幌、黒澤良一社長)は、十勝産の原酒を使い池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)と共同で開発したブランデーの新ブランド「島梟」(しまふくろう)を立ち上げ、30日、札幌市内のホテルで発表会を行った。

 本格的なブランデー造りを行う国内のワイナリーは少なく、国分北海道は同研究所が30年以上樽熟成する原酒の提供を受け商品化を実現。国内のブランデー市場が縮小する中、インバウンド(訪日外国人旅行者)やバーなど料飲店のニーズに特化して製造した。

 新商品は料飲店と百貨店限定で販売する「島梟 十勝ブランデー1987原酒 ノンチルフィルタードシングルバレル バレルNO.2612」(700ミリリットル・アルコール度数60度、税別1万3000円)。ブランデーでは極めてまれという、冷却ろ過をせず単一の樽原酒を瓶詰めしたもの。

 土産店など一般販売も行う「島梟 十勝ブランデー北海道熟成30年」(700ミリリットル・同40度、同1万2000円)も、「1987原酒-」と同じく100%北海道産ブドウを原料に30年以上熟成の原酒のみを使用。いずれも2月5日から道内で先行発売し、4月以降全国発売の予定だという。

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の安井所長は「北の地からブランデーブームが広がれば」と話した。商品の問い合わせは国分北海道マーケティング部(011・350・6309、平日午前9時~午後5時半)へ。

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...