北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝の原酒でブランデー 池田町と共同開発 国分北海道【札幌】

「島梟」を発表した(右から)安井所長と黒澤社長

 国分北海道(札幌、黒澤良一社長)は、十勝産の原酒を使い池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)と共同で開発したブランデーの新ブランド「島梟」(しまふくろう)を立ち上げ、30日、札幌市内のホテルで発表会を行った。

 本格的なブランデー造りを行う国内のワイナリーは少なく、国分北海道は同研究所が30年以上樽熟成する原酒の提供を受け商品化を実現。国内のブランデー市場が縮小する中、インバウンド(訪日外国人旅行者)やバーなど料飲店のニーズに特化して製造した。

 新商品は料飲店と百貨店限定で販売する「島梟 十勝ブランデー1987原酒 ノンチルフィルタードシングルバレル バレルNO.2612」(700ミリリットル・アルコール度数60度、税別1万3000円)。ブランデーでは極めてまれという、冷却ろ過をせず単一の樽原酒を瓶詰めしたもの。

 土産店など一般販売も行う「島梟 十勝ブランデー北海道熟成30年」(700ミリリットル・同40度、同1万2000円)も、「1987原酒-」と同じく100%北海道産ブドウを原料に30年以上熟成の原酒のみを使用。いずれも2月5日から道内で先行発売し、4月以降全国発売の予定だという。

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の安井所長は「北の地からブランデーブームが広がれば」と話した。商品の問い合わせは国分北海道マーケティング部(011・350・6309、平日午前9時~午後5時半)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

装置の実験開始 IST3号機【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は13日午後、大樹町浜大樹の実験場で高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げに向けて、姿勢制御装...

十勝毎日新聞

高木姉妹ら氷上で練習 16日からW杯【帯広】

 国際大会の幕開けとなるスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦帯広大会(16~18日)の公式練習が14日午前9時から、会場となる明治北海道十勝オーバルで始まった。2月の平昌五輪で金メダル...

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...