北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

一般はロジック優勝

【新冠】第30回昭和新山国際雪合戦の第13回日高地区予選大会(実行委主催)が27日、町民スポーツセンターで行われ、一般の部はロジック、レディースの部はNAT38がそれぞれ4連覇を達成した。

 大会は町内チームを中心に中学生以上の一般の部に7チーム、レディースの部に4チーム、本選の出場権はないが小学生のジュニアの部にも5チームが出場。一般の部は予選リーグと決勝トーナメント、レディースとジュニアの部はリーグ戦が行われた。

 本選は屋外で実際に雪を使って行われるが、町内では雪が少ないため、第1回大会以外は屋内で行われており、7人がチームを組んで白黒の模擬玉を使って相手を攻撃し、相手よりも多く当てるか相手陣地の旗を奪うと勝利になる。

 開会で大会長で新冠町雪合戦連盟会長の武田修一さんは「世代や男女を超えて一定のルールの下、誰もが楽しめる雪合戦のさらなる普及と町外からも参加してもらえる大会を目指していきたい」とあいさつ。選手を代表して新冠野球少年団の母親らで構成のおくさま~ずの7人が「日ごろのストレスを発散するため、一球一球に魂を込め、けがなく安全に楽しく、美しく雪合戦することを誓います」と宣誓した。

 この後、勝利を目指して熱い戦いが繰り広げられ、ヘルメットを着用した選手たちはそれぞれ駆け引きを楽しみながら競技に熱中していた。

熱戦を繰り広げる選手たち

 2月24、25の両日に胆振管内壮瞥町の昭和新山山ろくの特設会場で開かれる本選には一般の部優勝のロジック、準優勝のコバ・シンバFと、3位のシニア軍団が出場できないため、4位のNO IMAGEが繰り上がりで出場権を獲得。レディースの部優勝のNAT38、準優勝の日高花子は単独での本選出場が難しいため、合同チームで出場する。ジュニアの部は新冠野球少年団Aが優勝した。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...