北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ひな人形きれいに飾り付け 江差で3日から公開【江差】

約200セットのひな人形が展示される「ひな語り」に向け、飾り作業を手伝う江差中の中学生

 全国から寄せられたひな人形200セットを「いにしえ街道」の一帯で展示する「江差北前のひな語り」が3日にスタートする(3月18日まで)。30日には江差中学校、江差北中学校の生徒たちがひな人形の展示作業を手伝うボランティア活動を行った。

 「ひな語り」は実行委、町歴まち商店街協同組合の主催で、今年で7回目。冬の商店街をひな人形の彩りでにぎわいを生み出そうと、地元や道内外の家庭から愛娘が大きくなったり、結婚したりなどして不要になったひな飾りの寄付を受け200セットが集まった。今年は拠点会場である江差町会所会館と壱番蔵をはじめ、いにしえ街道の商店や町役場など64カ所で展示される。

 現代では、核家族化やアパート・マンションなどに十分なスペースを確保することが難しい事情もあり、ひな人形を飾る風習が薄れつつある。この日作業した中学生は初めて作業する生徒も多く、ひな人形の配置や衣装、小道具などに悪戦苦闘しながら飾り付けを行っていた。

 町会所会館で作業した江差中2年の宮森未祈(みのり)さん(14)と田渕望愛さん(同)は「初めての作業で難しかったが、きれいに飾ることができてよかった」(宮森さん)「細かい部分もきれいで、たくさんのひな人形が好きな人に見に来てもらえたら」と話していた。

 期間中の3月11日には茶道宗偏流江差会によるお茶会(午前11時~午後3時、中村家)や、お琴演奏会(午後2時~同3時、町会所会館)などのイベントが行われる。また、「つるし雛飾り教室」(2月毎週水曜午前10時~午後3時、参加料300円)なども催される。坂本ゆみ実行委員会総括は「200セットを展示するので、中学生のボランティアはとても心強かった。女性向けを中心にさまざまなイベントも行われるので、閉じこもりがちな冬に外出してもらうきっかけになれば」と来場を呼び掛けている。

関連記事

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...

根室新聞

先人の功績知って―和田屯田記念館 16日まで開放

 道指定有形文化財の和田屯田兵村の被服庫を活用して、屯田兵の歴史を保存している「和田屯田記念館」=西和田568=の一般開放が13日から始まった。今年は状態が悪くなったため新しく印刷した歴代村長の写真...

日高報知新聞

四国の大洲市を支援

【えりも】町は、7月の西日本豪雨による河川氾濫や崖崩れなどで死亡・行方不明30人などの甚大な被害を受けた四国・愛媛県大洲市への義援金を募集している。  町と大洲市とは、平成5年にえりも凧の会(坂田...

日高報知新聞

盛況の浦河港まつり

 浦河町の「第56回浦河港まつり」(実行委主催)が11、12の両日、浦河町築地2の役場裏特設会場で行われた。町内外から2日間で2万人が来場し、夏のイベントを楽しんだ。  11日は曇り空で午前11時の出店ま...