北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ひな人形きれいに飾り付け 江差で3日から公開【江差】

約200セットのひな人形が展示される「ひな語り」に向け、飾り作業を手伝う江差中の中学生

 全国から寄せられたひな人形200セットを「いにしえ街道」の一帯で展示する「江差北前のひな語り」が3日にスタートする(3月18日まで)。30日には江差中学校、江差北中学校の生徒たちがひな人形の展示作業を手伝うボランティア活動を行った。

 「ひな語り」は実行委、町歴まち商店街協同組合の主催で、今年で7回目。冬の商店街をひな人形の彩りでにぎわいを生み出そうと、地元や道内外の家庭から愛娘が大きくなったり、結婚したりなどして不要になったひな飾りの寄付を受け200セットが集まった。今年は拠点会場である江差町会所会館と壱番蔵をはじめ、いにしえ街道の商店や町役場など64カ所で展示される。

 現代では、核家族化やアパート・マンションなどに十分なスペースを確保することが難しい事情もあり、ひな人形を飾る風習が薄れつつある。この日作業した中学生は初めて作業する生徒も多く、ひな人形の配置や衣装、小道具などに悪戦苦闘しながら飾り付けを行っていた。

 町会所会館で作業した江差中2年の宮森未祈(みのり)さん(14)と田渕望愛さん(同)は「初めての作業で難しかったが、きれいに飾ることができてよかった」(宮森さん)「細かい部分もきれいで、たくさんのひな人形が好きな人に見に来てもらえたら」と話していた。

 期間中の3月11日には茶道宗偏流江差会によるお茶会(午前11時~午後3時、中村家)や、お琴演奏会(午後2時~同3時、町会所会館)などのイベントが行われる。また、「つるし雛飾り教室」(2月毎週水曜午前10時~午後3時、参加料300円)なども催される。坂本ゆみ実行委員会総括は「200セットを展示するので、中学生のボランティアはとても心強かった。女性向けを中心にさまざまなイベントも行われるので、閉じこもりがちな冬に外出してもらうきっかけになれば」と来場を呼び掛けている。

関連記事

日高報知新聞

森林資源の有効活用【様似】

【様似】日高地区「森林・林業・林産業活性化を促進するための連絡会議」(賀集繁喜会長)主催の特別講演会が14日、町立様似図書館視聴覚ホールで開かれ、林野庁北海道森林管理局の新島俊哉局長が貴重な再生資源...

日高報知新聞

営農状況を現地調査【新ひだか・新冠】

【新ひだか・新冠】日高振興局の松浦英則局長による管内農業情勢現地調査が15日、新ひだか、新冠両町で行われ、ピーマン、ミニトマト、肉牛の選果場や生産農家を回り、現地の状況を確認した。  今年2月の大...

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同...

苫小牧民報

豪華な飾りや塗装 苫小牧でデコトラ展示、募金イベント

 電飾やペイントなどで派手に装飾したデコレーショントラック(デコトラ)を全国から集めたチャリティーイベントが17日、苫小牧市若草町の中央公園で行われた。道内のデコトラ愛好家でつくる、北海道はまな...

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布が...