北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ひな人形きれいに飾り付け 江差で3日から公開【江差】

約200セットのひな人形が展示される「ひな語り」に向け、飾り作業を手伝う江差中の中学生

 全国から寄せられたひな人形200セットを「いにしえ街道」の一帯で展示する「江差北前のひな語り」が3日にスタートする(3月18日まで)。30日には江差中学校、江差北中学校の生徒たちがひな人形の展示作業を手伝うボランティア活動を行った。

 「ひな語り」は実行委、町歴まち商店街協同組合の主催で、今年で7回目。冬の商店街をひな人形の彩りでにぎわいを生み出そうと、地元や道内外の家庭から愛娘が大きくなったり、結婚したりなどして不要になったひな飾りの寄付を受け200セットが集まった。今年は拠点会場である江差町会所会館と壱番蔵をはじめ、いにしえ街道の商店や町役場など64カ所で展示される。

 現代では、核家族化やアパート・マンションなどに十分なスペースを確保することが難しい事情もあり、ひな人形を飾る風習が薄れつつある。この日作業した中学生は初めて作業する生徒も多く、ひな人形の配置や衣装、小道具などに悪戦苦闘しながら飾り付けを行っていた。

 町会所会館で作業した江差中2年の宮森未祈(みのり)さん(14)と田渕望愛さん(同)は「初めての作業で難しかったが、きれいに飾ることができてよかった」(宮森さん)「細かい部分もきれいで、たくさんのひな人形が好きな人に見に来てもらえたら」と話していた。

 期間中の3月11日には茶道宗偏流江差会によるお茶会(午前11時~午後3時、中村家)や、お琴演奏会(午後2時~同3時、町会所会館)などのイベントが行われる。また、「つるし雛飾り教室」(2月毎週水曜午前10時~午後3時、参加料300円)なども催される。坂本ゆみ実行委員会総括は「200セットを展示するので、中学生のボランティアはとても心強かった。女性向けを中心にさまざまなイベントも行われるので、閉じこもりがちな冬に外出してもらうきっかけになれば」と来場を呼び掛けている。

関連記事

室蘭民報

映画・モルエラニの霧の中完成間近「協力お願い」【西胆振】

 室蘭を中心とした西胆振を舞台に撮影中のオムニバス映画「モルエラニの霧の中」(坪川拓史監督)の資金調達や撮影協力を担う市民団体・NPO法人室蘭映画製作応援団が、年内の映画完成に向けてキャンペー...

室蘭民報

「ワニワニクラブ」のうどん給食が親子に大好評【室蘭】

 室蘭市輪西町のぷらっと・てついち内の子育て支援施設・ワニワニクラブのうどん給食が21日、同施設で振る舞われ、だしの効いたつゆに具だくさんのうどんが、親子に大好評だった。  施設を運営するN...

函館新聞

函館バス、「ロケーションシステム」一新 到着時間の精度向上【函館】

 函館バス(森健二社長)は3月15日、路線バスの運行情報を検索できるサービス「バスロケーションシステム」を一新する。多言語化を実現し、増加する外国人観光客に対応。バスの到着予測時間の正確性を高め...

函館新聞

函水高、海や船テーマの新聞コンテストで準最高賞【函館・北斗】

 函館水産高校(野呂俊夫校長)1年の真酒谷隼斗君(16)と坂田和希君(16)が、海や船をテーマにした新聞を対象とした2017年度「ジュニア・シッピング・ジャーナリスト賞」の中学生・高校生部門で、...

日高報知新聞

子どもたちの安全に!

【日高】日高町危険物安全協会は19日、児童が不審者に遭遇した時に役立つ「緊急ホイッスルライト」を町内5校の全小学校児童594人分を寄贈した。  町教委教育長室を訪れた沢元彦安全協会長は「子どもたち...