北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

道と函タク、道南―ニセコ間乗り合いタクシーを実証運行【函館】

道南とニセコを結ぶ乗り合いタクシーで使用するジャンボタクシー

 函館タクシー(函館市日乃出町、岩塚晃一社長)と渡島総合振興局は2月1日から来年1月末までの1年間、JR函館駅・新函館北斗駅とニセコ地区を結ぶ乗り合いタクシーを実証運行する。外国人観光客に人気のニセコ圏との交通網を強化し、新たな観光周遊ルートの創出につなげたい考えだ。

 乗り合いタクシーは1日1往復の運行。往路は午前10時35分に函館駅を出発、同11時20分に新函館北斗駅に止まり、午後2時10分に後志管内倶知安町の「ひらふウェルカムセンター(WS)」に到着する。復路は午後2時50分にひらふWSを出発、同5時40分に新函館北斗駅、同6時15分に函館駅に着く。

 車両はジャンボタクシー(乗客定員9人)、または予約人数の多い時は中型バス(同27人)を使用する。利用には3日前までに予約が必要で、運賃は函館駅―ひらふWS間が4500円(小学生以下2300円)、新函館北斗駅―ひらふWS間が4000円(同2000円)。

 岩塚社長は「実証運行の利用推移を見た上で、本格的な営業運行が可能かどうか検討していく」と話している。渡島総合振興局商工労働観光課の担当者は「外国人観光客の中にはニセコからタクシーをチャーターして函館を訪れるニーズもある。鉄路を含めた交通手段の選択肢が増えることで、道南圏とニセコ圏の周遊観光ルートの形成促進が期待される」としている。

関連記事

根室新聞

北方領土の集い開く 青年会議所の「イキモノ図鑑」も披露【根室】

 道北方領土対策根室地域本部(大内隆寛本部長=根振興局長)による若年層向けの啓発イベント「2019北方領土の集い」が16日、道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれ、休日の親子連れが遊びを通じて北...

根室新聞

自主防災組織 6割が市の助成制度活用【根室】

 災害時に地域社会で助け合う「共助」の役割を果たす自主防災組織。根室市では平成25年度から活動補助制度を創設し、組織化と活発な活動を促している。現在、市内113町会のうち、77自主防災組織が結成されて...

根室新聞

「返還まで粘り強く」多楽会が総会・敬老会【根室】

 歯舞群島・多楽島の元島民や後継者で組織している多楽会(河田弘登志会長)は17日、根室グランドホテルで平成31年度総会を開いた。約70人が参加し、一日も早いふるさとの返還実現に向けて、力を合わせて運...

日高報知新聞

灼熱のひだか冬グルメ

 日高管内の6温泉・入浴宿泊施設でつくる「ひだか元気グルメ研究会」(会長・三国昭博アポイ山荘支配人)は、9日から4月21日まで冬の旬グルメとして熱々メニューの「灼熱のひだか冬グルメ」を9施設・店...

日高報知新聞

「インティは強い馬」【浦河】

 今年の中央競馬GⅠ初レースとなったフェブラリーステークスで、破竹の7連勝でGI初制覇を果たしたインティ(牡5歳)。同馬を生産した浦河町野深の山下恭茂牧場にとってもGI勝利は初めての快挙だ。同日...