北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

道と函タク、道南―ニセコ間乗り合いタクシーを実証運行【函館】

道南とニセコを結ぶ乗り合いタクシーで使用するジャンボタクシー

 函館タクシー(函館市日乃出町、岩塚晃一社長)と渡島総合振興局は2月1日から来年1月末までの1年間、JR函館駅・新函館北斗駅とニセコ地区を結ぶ乗り合いタクシーを実証運行する。外国人観光客に人気のニセコ圏との交通網を強化し、新たな観光周遊ルートの創出につなげたい考えだ。

 乗り合いタクシーは1日1往復の運行。往路は午前10時35分に函館駅を出発、同11時20分に新函館北斗駅に止まり、午後2時10分に後志管内倶知安町の「ひらふウェルカムセンター(WS)」に到着する。復路は午後2時50分にひらふWSを出発、同5時40分に新函館北斗駅、同6時15分に函館駅に着く。

 車両はジャンボタクシー(乗客定員9人)、または予約人数の多い時は中型バス(同27人)を使用する。利用には3日前までに予約が必要で、運賃は函館駅―ひらふWS間が4500円(小学生以下2300円)、新函館北斗駅―ひらふWS間が4000円(同2000円)。

 岩塚社長は「実証運行の利用推移を見た上で、本格的な営業運行が可能かどうか検討していく」と話している。渡島総合振興局商工労働観光課の担当者は「外国人観光客の中にはニセコからタクシーをチャーターして函館を訪れるニーズもある。鉄路を含めた交通手段の選択肢が増えることで、道南圏とニセコ圏の周遊観光ルートの形成促進が期待される」としている。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...