北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「おいしい一週間」きな粉を食べよう 1日から7店舗で【池田】

きな粉をテーマにした菓子と、おしるしを紹介する中島さん(中央)と参加店店主ら

 節分ときな粉のお菓子をテーマにした「おいしい一週間」が、2月1日から町内7店で始まる。対象の創作スイーツを買うと、池田神社で祈祷(きとう)した「おしるし」をプレゼントする。7日まで。

 「おいしい一週間」は町地域おこし協力隊の中島由恵さんの呼び掛けで始まり今年度3回目。節分の時期に当たることから、豆まきにちなんで十勝産大豆を原料にしたきな粉を使うことを共通テーマとした。

 参加店は通常商品にはない期間限定のメニューを考案。節分は冬と春の節目であることから、冬の1~3日は「厄除招福」、春となる4~7日は「立春大吉」のおしるしを配る。今月11日に池田神社でおしるし2種類をそれぞれ200枚祈とうした。

 過去2回のイベント「夏越の祓え(なごしのはらえ)」「月見」では町内の菓子店が一緒に売り込み、町内への誘客もあったという。中島さんは「今度は縁起物のおいしいお菓子を食べに来てほしい」とPRする。

 参加店とメニューは次の通り。問い合わせは各店へ。

▽ハッピネスデーリィ「きなこもちジェラート」(330円)
▽ワイン城のレストラン「黒みつきな粉プリン」(ビュッフェの一部として750円~)
▽おかしの小松「きなこと黒糖のロールケーキ」(320円)
▽きまぐれごはん屋いろはとね「春のうぐいすモンブラン」(500円)
▽ベーカリーカフェほっこり「きなこパン」(160円)
▽お菓子のかほり「黒みつきなこのシュークリーム」(250円)
▽カフェアンドライフアカオ「きなこのアマンドショコラ」(500円)

関連記事

十勝毎日新聞

枝豆大福にプレミア版 地元産にこだわり【中札内】

 道の駅なかさつないのカントリーショップ「てんとうむし」(村大通南7、小林利光代表)に新商品が登場した。「プレミア枝豆大福」と「ハスカップ入り豚丼のたれ」で、どちらも地元産にこだわった商品だ。 ...

十勝毎日新聞

鹿カツバーガーおいしいね 町民試食【陸別】

 陸別町給食センター主催の町民試食会が9日、町タウンホールで開かれた。ジビエ料理の全国コンテストで最高賞を受賞した同センターの「鹿カツドッグ」が「鹿カツバーガー」にアレンジされ、町民約120人...

十勝毎日新聞

甘みほのか「あずきサイダー」新発売 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(串田雅樹組合長)は、独自の野菜ブランド「とれたんと」の小豆を使った「北海道十勝あずきサイダー」を開発した。今月から管内で販売している。  「とれたんと」は有機肥料「しみず有機...

十勝毎日新聞

豚丼スティックで参戦 ご当地!絶品うまいもん甲子園【帯広】

 帯広南商業高校クッキング部の部員3人が、「第7回ご当地!絶品うまいもん甲子園」(農林水産省、全国食の甲子園協会主催)の北海道・東北エリア選抜大会(10日・仙台市)に出場する。考案したメニュー...

室蘭民報

ビーフインパクト室蘭店が開店し長蛇の列【登別】

 人気ステーキチェーン「炭焼ステーキBEEF IMPACT室蘭店」が8日、登別市鷲別町6の国道36号沿いにオープンした。「厚切りステーキを気取らずリーズナブルにガッツリ」をコンセプトにした業態...