北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「おいしい一週間」きな粉を食べよう 1日から7店舗で【池田】

きな粉をテーマにした菓子と、おしるしを紹介する中島さん(中央)と参加店店主ら

 節分ときな粉のお菓子をテーマにした「おいしい一週間」が、2月1日から町内7店で始まる。対象の創作スイーツを買うと、池田神社で祈祷(きとう)した「おしるし」をプレゼントする。7日まで。

 「おいしい一週間」は町地域おこし協力隊の中島由恵さんの呼び掛けで始まり今年度3回目。節分の時期に当たることから、豆まきにちなんで十勝産大豆を原料にしたきな粉を使うことを共通テーマとした。

 参加店は通常商品にはない期間限定のメニューを考案。節分は冬と春の節目であることから、冬の1~3日は「厄除招福」、春となる4~7日は「立春大吉」のおしるしを配る。今月11日に池田神社でおしるし2種類をそれぞれ200枚祈とうした。

 過去2回のイベント「夏越の祓え(なごしのはらえ)」「月見」では町内の菓子店が一緒に売り込み、町内への誘客もあったという。中島さんは「今度は縁起物のおいしいお菓子を食べに来てほしい」とPRする。

 参加店とメニューは次の通り。問い合わせは各店へ。

▽ハッピネスデーリィ「きなこもちジェラート」(330円)
▽ワイン城のレストラン「黒みつきな粉プリン」(ビュッフェの一部として750円~)
▽おかしの小松「きなこと黒糖のロールケーキ」(320円)
▽きまぐれごはん屋いろはとね「春のうぐいすモンブラン」(500円)
▽ベーカリーカフェほっこり「きなこパン」(160円)
▽お菓子のかほり「黒みつきなこのシュークリーム」(250円)
▽カフェアンドライフアカオ「きなこのアマンドショコラ」(500円)

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...