北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

4月からスタンプラリー 幸福駅と台湾合興駅【帯広】

タオルやマグカップなどでスタンプラリーをPRする事務局員

 十勝日台親善協会(曽我彰夫会長)は、友好駅の締結をした帯広の「幸福駅」と台湾北西部の「合興(ごうこう)駅」の両所を訪問すると記念品をプレゼントするスタンプラリー事業を4月にスタートさせる。両駅の知名度を高め、観光振興につなげることを目的に、台湾の現地機関と連携して初めて計画した。

 同協会は、両駅の紹介や周辺地域の観光などをまとめた折り畳み式パンフレットを4000冊作製した。スタンプの台紙も兼ねており、両駅に用意されたスタンプをそろえると、ハート形になる。

 帯広側では両駅のPRタオル(台湾製)と、まちづくり元気おびひろ(帯広)の「OBIHIRO」のロゴ入りマグカップを、台湾側は木製のオリジナル鉛筆削りと交換できる。パンフ作製では「とかち観光誘致空港利用推進協議会」が資金協力した。

 3月中に両駅やその周辺施設などにパンフレットを配置する。帯広の商品交換場所は、とかち観光情報センター(JR帯広駅エスタ東館内)。事務局の帯広商工会議所は「両駅をもっと多くの人に知ってもらうきっかけになれば」としている。

 問い合わせは帯商(0155・25・7121)へ。

 合興駅は現地で「愛情駅」とも呼ばれる。両駅が恋愛に縁があることから、十勝日台親善協会が台湾に出向き、2016年10月に現地経済界の新竹県工業会と友好駅の締結を行った。同協会はこれまで台湾側の現地イベントに参加したり、帯広市内で開かれた昨年のとかちマルシェで台湾スイーツ(かき氷)を販売するなど、台湾のPRにも努めてきた。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...