北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

サテンドール閉店 "ジャズの街"継承者を全国公募【根室】

市が後継者探しに乗り出したサテンドール(左からマスターの谷内田さん、典子さん)

 日本最東端でジャズを流し続ける喫茶店「サテンドール」(大正町1、谷内田一哉店主)が、12月に迎えるはずだった開業40周年を待たずに3月末で閉店する。この報せを受けた根室市は、文化発信拠点と携わってきたファンの情熱を継承しようと、地域おこし協力隊の枠組みを使って店を経営する「根室市JAZZの街PR推進員」をあすから全国公募することになり、後継者のいない同店の再起に着手した。

 サテンドールは昭和53年、根室にジャズ文化を根付かせた「ネムロ・ホット・ジャズ・クラブ」の活動拠点にしようと、大学時代を東京で過ごして根室に戻った谷内田一哉さん(80)が脱サラして開業。妻の典子さん(69)と共に緑町の店舗からスタートし、2年後に現在の駅前へ移転した。

 店内にはジャズのレコード約3,000枚以上を備え、店内でジャズコンサートを開いたり会員が新譜を聴きあうなど根室のジャズ文化発祥の地、交流の場として大きな役割を担ってきたが、近年は午前10時から午後10時まで店に缶詰め状態となる経営が、高齢の体に無理を強いるものとなっている。

 趣味として、仕事として今もなおジャズに情熱を注ぎ続ける谷内田さんだが、「のんびりと寝起きし、スーパーへ出掛けて買い物するような普通の生活から遠ざかっている」とも話す。典子さんは根室人権擁護委員協議会の会長を務めていることもあって店に立つ時間が減り、マスターの80歳を機に昨年から店じまいを考えていたという。

 市は存続の危機にあるジャズ文化発信拠点とその文化的価値を守ろうと、谷内田さん夫妻が引退した後の店舗を運営する人を探す。市の非常勤職員として市長が委嘱するもので、根室市へ定住し“ジャズの街根室”を率先して全国に発信してもらう。起業に関わる支援として「クラウドファンディング型ふるさと納税」を活用することも決めた。

 募集人数は2人で、2月1日から28日まで市のホームページやフェイスブック、各種移住交流情報サイトなどインターネットを通じて全国公募する。起業希望者が決まったのち店舗の概要や経営の方向性が決まり次第、この取り組みに共感する人からふるさと納税を募るクラウドファンディングを秋口にも行う想定だ。

 この取り組みに対し、谷内田さんは「若い感性で新たな形で発信されることを期待している」、典子さんは「この40年間に多くのジャズファンと出会い、プロ演奏者にも来てもらったという財産を、次世代に受け継ぐことができるとうれしい」と歓迎し、ジャズの街根室をさらに発展させる“救世主”の登場を心待ちにしている。

関連記事

根室新聞

北方領土の集い開く 青年会議所の「イキモノ図鑑」も披露【根室】

 道北方領土対策根室地域本部(大内隆寛本部長=根振興局長)による若年層向けの啓発イベント「2019北方領土の集い」が16日、道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれ、休日の親子連れが遊びを通じて北...

根室新聞

自主防災組織 6割が市の助成制度活用【根室】

 災害時に地域社会で助け合う「共助」の役割を果たす自主防災組織。根室市では平成25年度から活動補助制度を創設し、組織化と活発な活動を促している。現在、市内113町会のうち、77自主防災組織が結成されて...

根室新聞

「返還まで粘り強く」多楽会が総会・敬老会【根室】

 歯舞群島・多楽島の元島民や後継者で組織している多楽会(河田弘登志会長)は17日、根室グランドホテルで平成31年度総会を開いた。約70人が参加し、一日も早いふるさとの返還実現に向けて、力を合わせて運...

日高報知新聞

灼熱のひだか冬グルメ

 日高管内の6温泉・入浴宿泊施設でつくる「ひだか元気グルメ研究会」(会長・三国昭博アポイ山荘支配人)は、9日から4月21日まで冬の旬グルメとして熱々メニューの「灼熱のひだか冬グルメ」を9施設・店...

日高報知新聞

「インティは強い馬」【浦河】

 今年の中央競馬GⅠ初レースとなったフェブラリーステークスで、破竹の7連勝でGI初制覇を果たしたインティ(牡5歳)。同馬を生産した浦河町野深の山下恭茂牧場にとってもGI勝利は初めての快挙だ。同日...