北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

サテンドール閉店 "ジャズの街"継承者を全国公募【根室】

市が後継者探しに乗り出したサテンドール(左からマスターの谷内田さん、典子さん)

 日本最東端でジャズを流し続ける喫茶店「サテンドール」(大正町1、谷内田一哉店主)が、12月に迎えるはずだった開業40周年を待たずに3月末で閉店する。この報せを受けた根室市は、文化発信拠点と携わってきたファンの情熱を継承しようと、地域おこし協力隊の枠組みを使って店を経営する「根室市JAZZの街PR推進員」をあすから全国公募することになり、後継者のいない同店の再起に着手した。

 サテンドールは昭和53年、根室にジャズ文化を根付かせた「ネムロ・ホット・ジャズ・クラブ」の活動拠点にしようと、大学時代を東京で過ごして根室に戻った谷内田一哉さん(80)が脱サラして開業。妻の典子さん(69)と共に緑町の店舗からスタートし、2年後に現在の駅前へ移転した。

 店内にはジャズのレコード約3,000枚以上を備え、店内でジャズコンサートを開いたり会員が新譜を聴きあうなど根室のジャズ文化発祥の地、交流の場として大きな役割を担ってきたが、近年は午前10時から午後10時まで店に缶詰め状態となる経営が、高齢の体に無理を強いるものとなっている。

 趣味として、仕事として今もなおジャズに情熱を注ぎ続ける谷内田さんだが、「のんびりと寝起きし、スーパーへ出掛けて買い物するような普通の生活から遠ざかっている」とも話す。典子さんは根室人権擁護委員協議会の会長を務めていることもあって店に立つ時間が減り、マスターの80歳を機に昨年から店じまいを考えていたという。

 市は存続の危機にあるジャズ文化発信拠点とその文化的価値を守ろうと、谷内田さん夫妻が引退した後の店舗を運営する人を探す。市の非常勤職員として市長が委嘱するもので、根室市へ定住し“ジャズの街根室”を率先して全国に発信してもらう。起業に関わる支援として「クラウドファンディング型ふるさと納税」を活用することも決めた。

 募集人数は2人で、2月1日から28日まで市のホームページやフェイスブック、各種移住交流情報サイトなどインターネットを通じて全国公募する。起業希望者が決まったのち店舗の概要や経営の方向性が決まり次第、この取り組みに共感する人からふるさと納税を募るクラウドファンディングを秋口にも行う想定だ。

 この取り組みに対し、谷内田さんは「若い感性で新たな形で発信されることを期待している」、典子さんは「この40年間に多くのジャズファンと出会い、プロ演奏者にも来てもらったという財産を、次世代に受け継ぐことができるとうれしい」と歓迎し、ジャズの街根室をさらに発展させる“救世主”の登場を心待ちにしている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...