北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

胆振沖のスケトウダラ不漁 前年比4割減、単価も上昇

苫小牧漁港区に荷揚げされたスケトウダラ=31日午前6時すぎ

 胆振太平洋沖の今シーズンのスケトウダラ刺し網漁が振るわない。漁が始まった昨年10月から今月22日までの胆振海域全体の漁獲量は、前年同期と比べ4割減となり、記録的な不漁となった昨シーズンをさらに下回っている状況だ。漁は3月ごろまで続くが、漁業者らは先行きに不安を募らせている。

 道の集計(速報値)によると、胆振で漁が始まった昨年10月から今月22日までの漁獲量は6865トンで、前年同期の6割程度にとどまっている。月別で見ると、昨年10月は3000トンで前年同月の2・4倍と出だしは好調だったものの、11月は1199トン(15%減)、12月は1557トン(67%減)と落ち込み、1月は22日までに1109トン(65%減)と不漁が続いている。

 このうち、苫小牧漁協も苫小牧沖での漁が振るわず、今期は30日までの漁獲量が1454トンで、前年同月比で4割減という。

 水揚げ量の少なさから価格は上昇。胆振での1キログラム当たり平均単価は昨年12月で188円(前年同月143円)、今月は172円(同96円)と高騰している。原料の仕入れ値上昇に水産加工会社は悲鳴。白老町のカネシメ松田水産は昨年11月から、虎杖浜産たらこの人気商品「きれこ」(300グラム)を200円アップの2000円(税別)に値上げした。松田幸男社長は「仕入れ値が1割以上アップしたため、やむを得ず値上げに踏み切った。それでも原料の確保が難しく経営も厳しい。不漁が続けばどこまで耐えられるか」と不安は尽きない。

 苫小牧市花園町の魚屋佐藤では、加工商品の仕入れ値が上がり、乾物の棒鱈(ぼうだら)を1本160~180円で販売。「2年前は100円程度だったので、買い控えも目立つ」(佐藤勝雄社長)と言う。

 不漁の背景として、道立函館水産試験場は「成熟した4~7歳魚の資源量そのものが少なく、稚魚が水温の低さによる死滅や他の魚に捕食されている可能性がある」と指摘。今月中旬の調査では、胆振海域の魚群の反応が2004年以降で過去最低だったという。また、岸に近づく魚群も少なく「漁が難しい状況になっている」と分析する。

 一方、昨年12月に漁がスタートした日高海域では、今月28日までの漁獲量が4616トンと、昨シーズンの1・6倍の多さ。日高では水揚げが好調な要因について、同水産試験場は「ここ数年、1月に入ると魚群が日高寄りに移動する傾向にある」と説明する。

関連記事

室蘭民報

富岸小5年3組の学級新聞が全国最優秀賞【登別】

 登別市富岸小学校(安宅錦也校長、453人)の5年3組が制作した学級新聞「1番星」が第67回全国小・中学校・PTA新聞コンクールの学級新聞部門で最優秀賞を受賞した。クラス全員で制作に取り組んだ...

室蘭民報

室工大のジンギスカン鍋クッキーが四季彩館で発売【室蘭】

 室蘭工業大学(空閑良壽(くがよしかず)学長)公認焼き菓子「ジンギスカン鍋クッキー」が23日から、室蘭市東町のJR東室蘭駅構内の北海道四季彩館東室蘭店で発売された。同店で扱う同大の「鐵(てつ)...

函館新聞

グレート小鹿さん母校で植樹へ 大日本プロレス函館大会に合わせ【函館】

 函館出身で、現役最年長プロレスラーとして知られる大日本プロレスのグレート小鹿会長(75)がこのほど、函館新聞社を訪れた。4月8日に函館総合卸センター流通ホール(西桔梗町589)で開催する函...

函館新聞

函館タクシーが特許取得 タブレット活用で外国人客らとコミュニケーション【..

 函館タクシー(函館市日乃出町、岩塚晃一社長)とIT関連企業のリバーマーケティング(同、小川佳也社長)は、タブレット端末やスマートフォンを活用し、タクシーを利用する外国人や聴覚障害者と、運転...

根室新聞

"ふるさと納税"つなぐ交流に手応え 東京で初の大感謝祭【根室】

 根室市で初となるふるさと納税者に対する大感謝祭が18日、東京都新宿区の京王プラザホテル新宿で開かれた。「2018根室PRプロジェクト in TOKYO」(実行委員長、石垣雅敏副市長)として新宿西口広場イベン...