北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

新ひだかの観光産業提言

【新ひだか】北海道情報大学(江別市)経営情報学部先端経営学科の学生7人が昨年8月にゼミ合宿で来町し、新ひだか町の観光産業について学習した報告書が29日、同大の福沢康弘准教授から新ひだか観光協会の下条道寿事務局長へ提出された。

 先端経営学科では、IT利活用の実践的な知識とスキルを身につけた学生が経営学を学んでおり、福沢准教授が新ひだか町と縁があることから、昨年8月18日から1泊2日の日程でゼミ合宿を行った。

 学生たちはJR静内駅に隣接する新ひだか観光協会で佐藤雅裕会長や新ひだか町商工労働観光課の荻原一誠主幹らに新ひだか観光の課題、強化していきたい点などの説明を受け、観光協会売店やスイートますや、静内温泉などを巡って町内の特産品を調査。19日は観光周遊バス「ロマン・ロード号」に乗車して、町内や新冠町の種馬場などを見学した。

 11月に研修で体験した観光についての感想や提言をまとめ、今後の新ひだか観光のあり方を探る報告書を作成し、12月に福沢准教授へ提出した。

 報告書は①合宿の内容②新ひだか観光の現状と課題③ロマン・ロード号の観光内容と課題④競馬と新ひだか経済の関係⑤これからの新ひだか観光への提言―の5章仕立て。

 競馬に興味のある人とない人でロマン・ロード号の運行を分けたり、交通アクセスを広く周知したり、ツイッターなどのSNSを活用して景勝地を発信するなど、若者の視点から提言をまとめた。

 新ひだか観光協会を訪れた福沢准教授は「コアな競馬ファンのためにはロマン・ロード号は良いと思うが、競馬ファン以外をいかに新ひだかに呼ぶかということを考えると違うプログラムも必要だと学生たちは感じたようだ」と説明。下条道事務局長は「学生たちの意見や他の地域の方の話を聞く機会が少ないのでとても参考になる。一般の方たちを呼び込むために何が必要か考えたい」と感謝していた。

 福沢准教授によると、今年度の研究を引き継ぎ、来年度も町内でゼミ合宿を実施する考えだ。

ゼミ生がまとめた報告書を下条道事務局長(左)へ手渡す福沢准教授(右)

関連記事

室蘭民報

映画・モルエラニの霧の中完成間近「協力お願い」【西胆振】

 室蘭を中心とした西胆振を舞台に撮影中のオムニバス映画「モルエラニの霧の中」(坪川拓史監督)の資金調達や撮影協力を担う市民団体・NPO法人室蘭映画製作応援団が、年内の映画完成に向けてキャンペー...

室蘭民報

「ワニワニクラブ」のうどん給食が親子に大好評【室蘭】

 室蘭市輪西町のぷらっと・てついち内の子育て支援施設・ワニワニクラブのうどん給食が21日、同施設で振る舞われ、だしの効いたつゆに具だくさんのうどんが、親子に大好評だった。  施設を運営するN...

函館新聞

函館バス、「ロケーションシステム」一新 到着時間の精度向上【函館】

 函館バス(森健二社長)は3月15日、路線バスの運行情報を検索できるサービス「バスロケーションシステム」を一新する。多言語化を実現し、増加する外国人観光客に対応。バスの到着予測時間の正確性を高め...

函館新聞

函水高、海や船テーマの新聞コンテストで準最高賞【函館・北斗】

 函館水産高校(野呂俊夫校長)1年の真酒谷隼斗君(16)と坂田和希君(16)が、海や船をテーマにした新聞を対象とした2017年度「ジュニア・シッピング・ジャーナリスト賞」の中学生・高校生部門で、...

日高報知新聞

子どもたちの安全に!

【日高】日高町危険物安全協会は19日、児童が不審者に遭遇した時に役立つ「緊急ホイッスルライト」を町内5校の全小学校児童594人分を寄贈した。  町教委教育長室を訪れた沢元彦安全協会長は「子どもたち...