北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

新ひだかの観光産業提言

【新ひだか】北海道情報大学(江別市)経営情報学部先端経営学科の学生7人が昨年8月にゼミ合宿で来町し、新ひだか町の観光産業について学習した報告書が29日、同大の福沢康弘准教授から新ひだか観光協会の下条道寿事務局長へ提出された。

 先端経営学科では、IT利活用の実践的な知識とスキルを身につけた学生が経営学を学んでおり、福沢准教授が新ひだか町と縁があることから、昨年8月18日から1泊2日の日程でゼミ合宿を行った。

 学生たちはJR静内駅に隣接する新ひだか観光協会で佐藤雅裕会長や新ひだか町商工労働観光課の荻原一誠主幹らに新ひだか観光の課題、強化していきたい点などの説明を受け、観光協会売店やスイートますや、静内温泉などを巡って町内の特産品を調査。19日は観光周遊バス「ロマン・ロード号」に乗車して、町内や新冠町の種馬場などを見学した。

 11月に研修で体験した観光についての感想や提言をまとめ、今後の新ひだか観光のあり方を探る報告書を作成し、12月に福沢准教授へ提出した。

 報告書は①合宿の内容②新ひだか観光の現状と課題③ロマン・ロード号の観光内容と課題④競馬と新ひだか経済の関係⑤これからの新ひだか観光への提言―の5章仕立て。

 競馬に興味のある人とない人でロマン・ロード号の運行を分けたり、交通アクセスを広く周知したり、ツイッターなどのSNSを活用して景勝地を発信するなど、若者の視点から提言をまとめた。

 新ひだか観光協会を訪れた福沢准教授は「コアな競馬ファンのためにはロマン・ロード号は良いと思うが、競馬ファン以外をいかに新ひだかに呼ぶかということを考えると違うプログラムも必要だと学生たちは感じたようだ」と説明。下条道事務局長は「学生たちの意見や他の地域の方の話を聞く機会が少ないのでとても参考になる。一般の方たちを呼び込むために何が必要か考えたい」と感謝していた。

 福沢准教授によると、今年度の研究を引き継ぎ、来年度も町内でゼミ合宿を実施する考えだ。

ゼミ生がまとめた報告書を下条道事務局長(左)へ手渡す福沢准教授(右)

関連記事

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...

根室新聞

先人の功績知って―和田屯田記念館 16日まで開放

 道指定有形文化財の和田屯田兵村の被服庫を活用して、屯田兵の歴史を保存している「和田屯田記念館」=西和田568=の一般開放が13日から始まった。今年は状態が悪くなったため新しく印刷した歴代村長の写真...

日高報知新聞

四国の大洲市を支援

【えりも】町は、7月の西日本豪雨による河川氾濫や崖崩れなどで死亡・行方不明30人などの甚大な被害を受けた四国・愛媛県大洲市への義援金を募集している。  町と大洲市とは、平成5年にえりも凧の会(坂田...

日高報知新聞

盛況の浦河港まつり

 浦河町の「第56回浦河港まつり」(実行委主催)が11、12の両日、浦河町築地2の役場裏特設会場で行われた。町内外から2日間で2万人が来場し、夏のイベントを楽しんだ。  11日は曇り空で午前11時の出店ま...