北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

「昆布とホタテ入りすり身フライ」黒部市の学校給食へ【根室】

黒部市の学校給食に提供される「昆布とホタテ入りすり身フライ製品」

 根室市と東海大学海洋学部との相互協力協定に基づく共同研究で開発された「昆布とホタテ入りすり身フライ製品」が、北方領土の日にちなんだ啓発活動の一環で7日に、姉妹都市黒部市の幼稚園、小中学校の給食に提供される。食後、アンケートを取り、道外の学校給食現場におけるニーズ把握などにつなげる。

 共同研究による水産加工開発品を黒部市の学校給食に提供するのは、平成24年度から6年目。最初の4年間は根室産サンマを原料にした「さんまミンチフライ製品」。昨年は市内加工業者と連携・開発した根室産マダラの「すり身製品」を提供して好評だった。

 両市と教育委員会は学校給食交流事業と位置付けて、それぞれ食材を提供しており、黒部市からは毎年黒部米が提供され、根室市の給食に出されている。黒部市は「北方領土の日」にちなんだ学習活動に返還運動原点の地である姉妹都市の根室市から食材提供を受けることで、北方領土学習の効果を高めている。

 今年は、市と東海大の共同研究によって開発、改良を重ねてきた「昆布とホタテ入りすり身フライ製品」を提供し、学校給食を通して根室市の研究開発事業をPRするとともに、食後のアンケートによって道外の学校給食現場におけるニーズを把握する。

 提供食数は黒部市内の幼稚園1、小学校9、中学校4の計14施設。幼稚園に85食(一食40グラム)、小学校に2,450食(同50グラム)、中学校に1,250食(同60グラム)、合計3,785食。アンケート調査票を送り、試食後に記入してもらう。調査結果については、まとまり次第関係機関に成果報告するほか、今後の商品開発につなげていく。

 黒部市からは今年も黒部米210キログラムが届いており、根室市内の学校給食で提供される。その際には黒部市について紹介し、姉妹都市を知り、理解を深めてもらうことにしている。

関連記事

日高報知新聞

小中学生最優秀賞に清水嵩流君(浦小2年)【浦河】

 浦河文化協会(津沢静子会長)は18日、近く発行する文芸うらかわ第37号の特別企画「『流れる』にまつわる短歌」の入賞作品の表彰式を町総合文化会館で行い、小中学生の部最優秀賞の清水嵩流君(浦河小2年)や...

苫小牧民報

苫小牧のパンプアップ塾3連覇 復興願い、厚真で3本引き大会

 厚真町の冬のイベント「あつま国際雪上3本引き大会」(実行委主催)が20日、町本郷のかしわ公園野球場で開かれた。12回目となる今回は町内外から過去最高の58チーム約930人が参戦。胆振東部地震で...

苫小牧民報

アルパカ飼育体験人気 えこりん村に市内外から家族連れ

 恵庭市牧場の観光施設えこりん村で冬の体験イベントがスタートし、アルパカやヒツジの飼育体験が人気を集めている。同施設の飼育員が実際に行っている動物の世話を体験できる内容で、2月下旬まで毎週土、日...

苫小牧民報

繁華街に幻想的な光 フォトジェニックナイト始まる-苫小牧

 苫小牧の夜の繁華街をランタンで照らす「北海道フォトジェニックナイト2019」(実行委員会、大町商店会共催)が21日、苫小牧市錦町のいずも公園と隣接する通りで始まった。胆振東部地震で客足が落ちた...

十勝毎日新聞

工業高でスマート農業 官民連携し研究【帯広】

 官民学一体で地域の課題解決の実践研究に取り組む「高等学校OPENプロジェクト」が本格的に始動している。十勝管内で唯一、研究指定校に選ばれた帯広工業高校(金谷秀幸校長)は、3カ年でスマート農業の...