北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

「昆布とホタテ入りすり身フライ」黒部市の学校給食へ【根室】

黒部市の学校給食に提供される「昆布とホタテ入りすり身フライ製品」

 根室市と東海大学海洋学部との相互協力協定に基づく共同研究で開発された「昆布とホタテ入りすり身フライ製品」が、北方領土の日にちなんだ啓発活動の一環で7日に、姉妹都市黒部市の幼稚園、小中学校の給食に提供される。食後、アンケートを取り、道外の学校給食現場におけるニーズ把握などにつなげる。

 共同研究による水産加工開発品を黒部市の学校給食に提供するのは、平成24年度から6年目。最初の4年間は根室産サンマを原料にした「さんまミンチフライ製品」。昨年は市内加工業者と連携・開発した根室産マダラの「すり身製品」を提供して好評だった。

 両市と教育委員会は学校給食交流事業と位置付けて、それぞれ食材を提供しており、黒部市からは毎年黒部米が提供され、根室市の給食に出されている。黒部市は「北方領土の日」にちなんだ学習活動に返還運動原点の地である姉妹都市の根室市から食材提供を受けることで、北方領土学習の効果を高めている。

 今年は、市と東海大の共同研究によって開発、改良を重ねてきた「昆布とホタテ入りすり身フライ製品」を提供し、学校給食を通して根室市の研究開発事業をPRするとともに、食後のアンケートによって道外の学校給食現場におけるニーズを把握する。

 提供食数は黒部市内の幼稚園1、小学校9、中学校4の計14施設。幼稚園に85食(一食40グラム)、小学校に2,450食(同50グラム)、中学校に1,250食(同60グラム)、合計3,785食。アンケート調査票を送り、試食後に記入してもらう。調査結果については、まとまり次第関係機関に成果報告するほか、今後の商品開発につなげていく。

 黒部市からは今年も黒部米210キログラムが届いており、根室市内の学校給食で提供される。その際には黒部市について紹介し、姉妹都市を知り、理解を深めてもらうことにしている。

関連記事

室蘭民報

「撮りフェスin室蘭」大賞に地元初の齋藤さん【室蘭】

 室蘭市で行われた24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7月7、8日、同実行委員会など主催)の受賞作品が14日決まった。大賞には齋藤ますみさん(46)=室蘭市=のイタン...

函館新聞

湯ノ岱駅の窓口カウンター、道南トロッコ鉄道に〝引っ越し〟【木古内、上ノ国】

 【木古内、上ノ国】旧江差線廃線跡で運行する「道南トロッコ鉄道」にこのほど、6月に解体された同線湯ノ岱駅(上ノ国町)の窓口カウンターが移設され、トロッコの切符売り場として活用されている。  ...

函館新聞

「向日葵のかっちゃん」23日に上演 稽古に熱【函館】

 函館在住の作家・西川司さんの自伝小説「向日葵のかっちゃん」(講談社出版)の舞台(実行委主催、函館新聞社など後援)が23日に市芸術ホールで上演されるのを前に、地元の高校生ら主要キャストが稽古の最...

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...