北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

軽種馬の出産始まる

【日高】数多くの活躍馬を輩出し、昨年は3歳牡馬クラシックの菊花賞(GⅠ)に優勝したキセキの生産牧場でもある町内福満の下河辺牧場(下河辺行雄社長)では、1月6日から軽種馬の出産が始まっている。牧場によると30日現在で7頭が誕生し、スタッフが神経を張り詰め出産に立ち会っている。

 130頭の繁殖牝馬をけい養している下河辺牧場では、今年95頭の出産を予定。3~4月をピークに最終予定日は5月初旬となっている。

 24日には、平成27年の皐月賞と日本ダービーを優勝し、その年の最優秀3歳に選出されたクラシック2冠馬のドゥラメンテを父にもち、母は英国で3勝のタミーンで、祖母はイタリア3歳チャンピオンの良血統の牡馬が誕生。凍てつく場内で乳をもらい、日々順調に成長している。

 6年連続リーディングサイアーのディープインパクトやハーツクライ、オルフェーヴルを始め、ドゥラメンテや27年最優秀2歳牡馬のリオンディーズ、同最優秀4歳以上ラブリーデイ、27年・年度代表馬モーリスなど人気種牡馬の仔も出産予定で、生まれてくる子馬に競走馬としての期待感は募る。

 下河辺社長(46)は「(ドゥラメンテの子は)足長で骨太の力強い子馬。誕生から1週間たつが、元気で飛び跳ねる姿がとてもしなやか。順調に成長してほしい」と7頭の子馬たちに優しい眼ざしを送る。

母馬に寄り添うドゥラメンテ産駒の牡馬

 馬産地・日高管内には現在約700戸の牧場があり、毎年春には約5千頭の子馬が誕生する。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...