北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

軽種馬の出産始まる

【日高】数多くの活躍馬を輩出し、昨年は3歳牡馬クラシックの菊花賞(GⅠ)に優勝したキセキの生産牧場でもある町内福満の下河辺牧場(下河辺行雄社長)では、1月6日から軽種馬の出産が始まっている。牧場によると30日現在で7頭が誕生し、スタッフが神経を張り詰め出産に立ち会っている。

 130頭の繁殖牝馬をけい養している下河辺牧場では、今年95頭の出産を予定。3~4月をピークに最終予定日は5月初旬となっている。

 24日には、平成27年の皐月賞と日本ダービーを優勝し、その年の最優秀3歳に選出されたクラシック2冠馬のドゥラメンテを父にもち、母は英国で3勝のタミーンで、祖母はイタリア3歳チャンピオンの良血統の牡馬が誕生。凍てつく場内で乳をもらい、日々順調に成長している。

 6年連続リーディングサイアーのディープインパクトやハーツクライ、オルフェーヴルを始め、ドゥラメンテや27年最優秀2歳牡馬のリオンディーズ、同最優秀4歳以上ラブリーデイ、27年・年度代表馬モーリスなど人気種牡馬の仔も出産予定で、生まれてくる子馬に競走馬としての期待感は募る。

 下河辺社長(46)は「(ドゥラメンテの子は)足長で骨太の力強い子馬。誕生から1週間たつが、元気で飛び跳ねる姿がとてもしなやか。順調に成長してほしい」と7頭の子馬たちに優しい眼ざしを送る。

母馬に寄り添うドゥラメンテ産駒の牡馬

 馬産地・日高管内には現在約700戸の牧場があり、毎年春には約5千頭の子馬が誕生する。

関連記事

函館新聞

伊藤若冲の美、西陣織で再現 道内初展示【函館】

 江戸時代中期に活躍した画家、伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716~1800)が制作した代表作「釈迦三尊像」や「動植綵絵(さいえ)」など計33点を京都府の伝統工芸「西陣織」で再現した作品を展示する...

函館新聞

「密苗」普及の動き 米作りコスト減・省力化に期待【北斗】

 【北斗】農業分野で農家戸数の減少や後継者不足が課題となっている中、水稲栽培の低コスト・省力化を図る技術「密苗(みつなえ)」が、近年注目を集めている。従来の技術と比べ、ほぼ同じ管理方法で育苗箱マ...

室蘭民報

仏坂招魂碑横のほこら崩れ地蔵が損傷【室蘭】

 室蘭市新富町の仏坂招魂碑横のほこらが、何らかの要因で倒壊し、中の地蔵の頭部が損傷していることが24日までに分かった。地元住民や招魂碑にまつわる関係者によると、ほこらの成り立ちや所有者は分から...

室蘭民報

八丁平の篠崎さん宅のシバザクラ彩り鮮やか【室蘭】

 室蘭市八丁平の篠崎徹夫さん宅のシバザクラが24日、暖かな陽光を浴びて満開となっており、道行く住民らの目を楽しませている。  この日の室蘭の最高気温は20・5度(平年15・2度)と7月中旬並...

室蘭民報

日本太鼓財団北海道連合会新会長に室蘭の太田さん【室蘭】

 JX和太鼓班と室蘭龍王太鼓に所属する太田義高さん=室蘭市白鳥台=が、このほど日本太鼓財団北海道連合会の新会長に就任、「和太鼓という伝統文化を盛り上げていきたい」と決意を新たにしている。室蘭市...