北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

温泉街に湯鬼神の雪像で湯まつりや春節を盛り上げ【登別】

温泉街にお目見えした湯鬼神の雪像

 登別温泉街を通る道道倶多楽湖公園線沿いに1日、登別の湯を守る湯鬼神(ゆきじん)の雪像2体がお目見えした。迫力ある姿は“インスタ映え”する仕上がり。今週末の湯まつりや春節で観光客の注目を集めそうだ。

 造ったのは草塩建設社員で夏の風物詩・鬼花火のスタッフも務めている西泰斗さんら。同社が手掛けているフシコベツ川外災害復旧工事と、草塩・木村経常建設共同企業体による片倉地区復旧治山工事の実施に伴い、地域貢献の一環としてボランティアで取り組んだ。

 2013、14年にも登別温泉街入り口の道道沿いに湯鬼神を設けており、今回は登別温泉町の道道と弥生橋の交差点近くにあるスペースに造った。  作業は1月下旬から開始。雪をかき集めて立方体(1辺約2メートル)の塊を造り、大枠はチェーンソーで掘削。細部はのこぎりで仕上げた。鬼の角や金棒は倒れないように、内側に木の棒を入れて補強した。鋭い歯や髪なども忠実に表現。完成した雪像を全員でイメージできるよう粘土で模型も作った。

 夜間は冷え込みが厳しく雪質が変化することから、作業は日中に行った。雪像周辺はきれいに除雪されているほか、小さな鬼の雪像も立ち並んでいる。夜間のライトアップも予定しており、西さんは「2月はたくさんの観光客が温泉街を訪れるので、記念撮影で活用してもらいたいですね」と話している。

関連記事

根室新聞

7月4日に「トリオ・ドスアンコ+ハイコ」迎え演奏会【根室】

 啓雲中学校で吹奏楽部の部長を務めた濱田孝紀さん(現在ドイツ・バンベルク在住)ら道産子音楽家で作るチューバ・ユーフォニアム・アンサンブル集団に、ゲストを加えたカルテット「トリオ・ドスアンコ+ハ...

室蘭民報

旧温泉小が年度内解体へ…26、27日に校舎内を開放【登別】

 1906年(明治39年)に開校し、2007年(平成19年)に100年の歴史に幕を下ろした旧登別温泉小学校(登別市登別温泉町)が18年度に解体される。解体後の跡地には、隣接する登別温泉浄水場が...

室蘭民報

宮蘭フェリー就航30日前に宮古で記念シンポ【室蘭、宮古】

 室蘭市と岩手県宮古市を結ぶ宮蘭フェリーの就航30日前記念シンポジウム(宮古港フェリー利用促進協議会主催)が23日、宮古市の市民文化会館で開かれ、活用策などを巡り意見交換した。  「人が動く...

室蘭民報

室蘭市内の小学校で「心一つ」に運動会練習

 室蘭市内の小学校の運動会が6月2日にスタートする。トップを切って行われるみなと小と天沢小では、21日から運動会特別日課が始まり、児童たちはグラウンドでリレーやリズム体操、組み体操などの練習に...

室蘭民報

洞爺湖マラソンで6700人が絶景を楽しみ疾走【洞爺湖】

 第44回洞爺湖マラソン2018が20日、洞爺湖温泉街を発着点とするコースであり、フルマラソンをはじめ、10キロ、5キロ、2キロの各コースにエントリーした約6700人が絶景を楽しみながら駆け抜...