北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

温泉街に湯鬼神の雪像で湯まつりや春節を盛り上げ【登別】

温泉街にお目見えした湯鬼神の雪像

 登別温泉街を通る道道倶多楽湖公園線沿いに1日、登別の湯を守る湯鬼神(ゆきじん)の雪像2体がお目見えした。迫力ある姿は“インスタ映え”する仕上がり。今週末の湯まつりや春節で観光客の注目を集めそうだ。

 造ったのは草塩建設社員で夏の風物詩・鬼花火のスタッフも務めている西泰斗さんら。同社が手掛けているフシコベツ川外災害復旧工事と、草塩・木村経常建設共同企業体による片倉地区復旧治山工事の実施に伴い、地域貢献の一環としてボランティアで取り組んだ。

 2013、14年にも登別温泉街入り口の道道沿いに湯鬼神を設けており、今回は登別温泉町の道道と弥生橋の交差点近くにあるスペースに造った。  作業は1月下旬から開始。雪をかき集めて立方体(1辺約2メートル)の塊を造り、大枠はチェーンソーで掘削。細部はのこぎりで仕上げた。鬼の角や金棒は倒れないように、内側に木の棒を入れて補強した。鋭い歯や髪なども忠実に表現。完成した雪像を全員でイメージできるよう粘土で模型も作った。

 夜間は冷え込みが厳しく雪質が変化することから、作業は日中に行った。雪像周辺はきれいに除雪されているほか、小さな鬼の雪像も立ち並んでいる。夜間のライトアップも予定しており、西さんは「2月はたくさんの観光客が温泉街を訪れるので、記念撮影で活用してもらいたいですね」と話している。

関連記事

室蘭民報

終戦の日に合わせ室蘭市内の戦跡を写真で紹介【室蘭】

 終戦記念日に合わせた「写真で見る室蘭の戦跡」が14日、室蘭市中島本町のモルエ中島イベントスペースで始まった。17日正午まで展示する。  市平和都市宣言啓発事業。市内に現存、またはかつてあっ...

室蘭民報

八幡宮例大祭が開幕、裸みこし迫力満点【室蘭】

 今年創立150年を迎えた室蘭八幡宮の例大祭が14日、同神社境内などで始まった。中央町の裏浜通りには露店市が登場。第44回むろらん裸みこしは小雨の中、2梯団(ていだん)が勇壮に練り歩いた。...

室蘭民報

證誠寺の境内を優しく照らす万灯会始まる【室蘭】

 室蘭市沢町の證誠寺(飯尾哲也住職)で13日から、境内にたくさんのちょうちんをともす「万灯会(まんとうえ)」が始まり、だいだい色の丸い明かりが本堂に続く階段を優しく照らしている。  先祖代々...

室蘭民報

万華鏡、スライム作り…科学館祭にぎわう【室蘭】

 室蘭市青少年科学館(小川征一館長)の2018年度(平成30年度)夏休み科学館祭が11~13日、幸町の同科学館で開かれ、12日に行われた工作教室では、子どもたちが万華鏡やスライム作りに挑戦した...

室蘭民報

八幡宮が創立150年、14~16日に例大祭【室蘭】

 室蘭市海岸町の室蘭八幡宮(奈良守房宮司)は創立150年を迎えた。今年も14~16日に同神社例大祭が開かれる。神楽奉納や御鳳輦渡御(ごほうれんとぎょ)をはじめ、協賛行事の第44回むろらん裸み...