北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

さわやかな酸味特徴・新商品「もちあま」販売開始【名寄】

名寄産もち米の甘酒に乳酸菌がアクセントとなった「もちあま」

 名寄振興公社は、名寄特産のもち米「はくちょうもち」を使った甘酒に乳酸菌を加えた飲料「もちあま」の販売を、1日から開始した。なよろ温泉サンピラー売店などで取り扱っている。さわやかな酸味が特徴で、同公社は「子どもから大人まで幅広い人から愛される商品となることを願っている」と話している。  同公社は、国の農商工連携事業などを活用しながら、特産のもち米を使った商品開発を推進。これまでに「甘酒」と「もっちり いかめし」を商品化している。「もちあま」の開発は、昨年4月に札幌で開かれた商談会に、同公社が「もっちり いかめし」のPRで参加した際、隣のブースで農林産物の生産・販売などを手掛ける株式会社高千穂ムラたび(宮崎県西臼杵郡高千穂町)が、乳酸菌入りの甘酒を販売していたことがきっかけ。  同公社は「隣のブースで、うるち米を使った乳酸菌入り甘酒を販売しているのを見て、もち米を使ってできないか―と相談した」とのこと。商談会終了後、早速同社に名寄産のもち米を送り、試作品を造ってもらったという。同公社は「うるち米を使用したものと同じ造り方をしたためか、最初の試作品は甘味が強すぎた」とのこと。理想の味を求め、宮崎から同社の製品を取り寄せ、職員同士で味見をしたり、配合する乳酸菌の量を増やしたりと、試行錯誤を繰り返し商品化に至った。飲む点滴とも言われる甘酒に、腸内環境を整える植物性乳酸菌をプラス。無添加・無果糖でノンアルコール。乳酸菌のさわやかな酸味の後に、甘酒の風味が口の中に広がる。  「もちあま」は1本150グラム入りで250円。常温で8カ月間保存可能。現在は、なよろ温泉サンピラー売店や、ピヤシリスキー場ゲレンデ中腹の「ログパノラマ」、Qマート名寄駅前店で取り扱っている。

関連記事

十勝毎日新聞

今年も出来上々 ボージョレ解禁【帯広】

 フランス・ボージョレ地域の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」が15日午前0時に日本で解禁となり、十勝の酒店やスーパーにもさまざまな銘柄が並んだ。  ヌーボーは通常のワインと異なり、ブドウをつ...

十勝毎日新聞

農高発食品に機能性表示 認定なら道内学校初【帯広】

 帯広農業高校(二木浩志校長)の食品科学科地域資源活用班は、開発した豆乳ヨーグルト「豆(まめ)ぐると」を、健康志向の食品ブランドを示す「北海道食品機能性表示制度」(愛称・ヘルシーDo)に認定申請...

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

十勝毎日新聞

パン「満寿屋」題材 単行本27日発売【帯広】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)を題材としたノンフィクション本「世界に一軒だけのパン屋」(野地秩嘉著、小学館)が十勝で27日にも発売される(全国は26日)。同社では発売を記念し、...

苫小牧民報

白老の特産品味わって ギフトセット受け付け開始

 白老町竹浦のはまのマルシェでは、今年も白老の特産品を詰め合わせたギフトセット「しらおいの恵み」の注文受け付けを始めた。前浜産の毛ガニや白老牛のほか、今回新たに原木干しシイタケを取り入れるなどし...