北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

スケート少年団の活動に

 浦河町大通商店街協同組合(梶田敏明理事長)は2日、組合の地域貢献活動として、町内スケート少年団の子どもたちのためにと浦河スケート協会(小林孝範会長)を通して5万2800円を寄贈した。

 同組合は「子どもとお年寄りにやさしい商店街」をもとに年2回、8月と12月の1カ月間、ふれあいスタンプ台紙(1冊500円)で買い物した際に1冊当たり50円を子どもの育成や高齢者の支援団体などの支援金にしている。5回目となる今回は昨年12月に実施した1056冊分をスケート少年団に寄贈した。

 この日は、浦河商工会議所で池田義信理事長代行と大谷仁副理事長から小林会長と冨野良則協会理事長に贈られ、小林会長は「子どもたちのために大切に使わせていただきます。大変ありがたい」と感謝していた。

小林会長(左)に寄贈する池田理事長代行(右)

 9日からの平昌オリンピックには、小中学校を通じて町内少年団に所属していたウイリアムソン師円選手と小田卓朗選手が日本代表でスピードスケートに出場する。小さいころから2人を見てきた小林会長は「そろってオリンピックに出られるだけれもうれしい」と両選手の活躍に期待を込めた。

 同組合から各団体への寄付総額は25万9450円。今後も買い物客の協力を得ながら、子どもの育成や子育て支援、高齢者のための支援活動として寄付を続ける考えだ。

関連記事

日高報知新聞

高校創生フォーラム【新冠】

【新冠】管内有志による教育創生プロジェクト主催の「日高管内高校創生フォーラム」が20日、レ・コード館で開かれ、鳴海修司町長や藤沢澄雄道議、管内町議や教育関係者、一般住民ら約70人が参加して魅力ある学校...

日高報知新聞

小中学生最優秀賞に清水嵩流君(浦小2年)【浦河】

 浦河文化協会(津沢静子会長)は18日、近く発行する文芸うらかわ第37号の特別企画「『流れる』にまつわる短歌」の入賞作品の表彰式を町総合文化会館で行い、小中学生の部最優秀賞の清水嵩流君(浦河小2年)や...

苫小牧民報

苫小牧のパンプアップ塾3連覇 復興願い、厚真で3本引き大会

 厚真町の冬のイベント「あつま国際雪上3本引き大会」(実行委主催)が20日、町本郷のかしわ公園野球場で開かれた。12回目となる今回は町内外から過去最高の58チーム約930人が参戦。胆振東部地震で...

苫小牧民報

アルパカ飼育体験人気 えこりん村に市内外から家族連れ

 恵庭市牧場の観光施設えこりん村で冬の体験イベントがスタートし、アルパカやヒツジの飼育体験が人気を集めている。同施設の飼育員が実際に行っている動物の世話を体験できる内容で、2月下旬まで毎週土、日...

苫小牧民報

繁華街に幻想的な光 フォトジェニックナイト始まる-苫小牧

 苫小牧の夜の繁華街をランタンで照らす「北海道フォトジェニックナイト2019」(実行委員会、大町商店会共催)が21日、苫小牧市錦町のいずも公園と隣接する通りで始まった。胆振東部地震で客足が落ちた...