北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

仕掛け文字で「根絶」

【新ひだか】全国の小中学生が飲酒運転撲滅のメッセージを書道で表現する「第6回SDD(STOP・DRUNK・DRIVEING)全国こども書道コンクール」の北海道・東北ブロック表彰式が1月27日、札幌市内で開かれ、小野英稟さん(静内小6年)が最優秀賞を受賞した。

最優秀賞受賞の小野さん(中)と右隣は父・和寿さん、左隣は母・みずえさん。ほか、右から本間署長、酒井町長、増本会長、岡崎会長、高橋さん

 同コンクールは運転代行業の損害を専門に補償するジェイ・ディ共済協同組合主催。命の尊さを考え、多くの人を不幸にする飲酒運転や、思いやりのない身勝手な運転について、子どもたちの目線と言葉で書に思いを込めて発信することが目的。

 作品は、縦45㌢、横35㌢以内の用紙に20文字以内で飲酒運転撲滅のメッセージを書く。縦横の書き方や書式に決まりはなく、子どもたちの自由な発想で表現できるようにしている。

 全国4ブロック(北海道・東北、関東・中部、近畿・中四国、九州・沖縄)に分け、優秀賞5作品を選出し、その中の1作品を最優秀賞に選び、各ブロックの最優秀賞受賞者は17日に大阪城ホールで開かれるグランドパフォーマンスに参加する。

 静内交通安全協会がこの運動に賛同し、前回から町内の書道教室に作品を募集して応募している。小野さんは前回も北海道・東北ブロック優秀賞を受賞した。  今回の作品は「私の願い 根絶」で、根は「すべてをうしなう」の文字、絶は「いんしゅうんてん」の文字を組み合わせて表現しているアイデアに富んだ作品。インターネットで仕掛け文字を知り、自分でも作ってみたいと試行錯誤を重ね、正月明けに完成させた。小野さんは小学4年生から書道を始め、現在は準4段の腕前。

北海道・東北ブロック最優秀賞を受賞した小野さんの作品

 北海道・東北ブロックには131作品の応募があり、最優秀賞の選考を兼ねた表彰式には優秀賞受賞者5人が参加し、作品に込めた思いなどを発表した結果、小野さんが最優秀賞に選ばれた。

 2日には両親とともに役場静内庁舎を訪れ、酒井芳秀町長に最優秀賞の受賞を報告。本間博幸静内警察署長、増本裕治静内交通安全協会長、岡崎猛静内地区交通安全協会長、コンクールへの参加を助言した高橋徹静内総合自動車学校長・管理者らが同席し、増本、岡崎両会長から祝い金計3万円が贈られた。

 酒井町長は「ひらがなで上手く漢字に見えるように表したというアイデアは、すごい頭脳だと関心した」とたたえ、小野さんは「前回は優秀賞でうれしい気持ちもあったけど、ちょっと悔しい気持ちもあった。今回は最優秀賞を取れてうれしかったので、大阪城ホールでも頑張りたい」と抱負を話していた。

 グランドパフォーマンスが行われる「LIVE SDD 2018」では、1万人の観客を前に人気アーティストのTRFや藤井フミヤさんらのライブ、書家の森大衛さんの書道パフォーマンスなどが行われ、小野さんら各ブロック最優秀賞の受賞者4人も作品に込めた思いを発表する。

関連記事

室蘭民報

映画・モルエラニの霧の中完成間近「協力お願い」【西胆振】

 室蘭を中心とした西胆振を舞台に撮影中のオムニバス映画「モルエラニの霧の中」(坪川拓史監督)の資金調達や撮影協力を担う市民団体・NPO法人室蘭映画製作応援団が、年内の映画完成に向けてキャンペー...

室蘭民報

「ワニワニクラブ」のうどん給食が親子に大好評【室蘭】

 室蘭市輪西町のぷらっと・てついち内の子育て支援施設・ワニワニクラブのうどん給食が21日、同施設で振る舞われ、だしの効いたつゆに具だくさんのうどんが、親子に大好評だった。  施設を運営するN...

函館新聞

函館バス、「ロケーションシステム」一新 到着時間の精度向上【函館】

 函館バス(森健二社長)は3月15日、路線バスの運行情報を検索できるサービス「バスロケーションシステム」を一新する。多言語化を実現し、増加する外国人観光客に対応。バスの到着予測時間の正確性を高め...

函館新聞

函水高、海や船テーマの新聞コンテストで準最高賞【函館・北斗】

 函館水産高校(野呂俊夫校長)1年の真酒谷隼斗君(16)と坂田和希君(16)が、海や船をテーマにした新聞を対象とした2017年度「ジュニア・シッピング・ジャーナリスト賞」の中学生・高校生部門で、...

日高報知新聞

子どもたちの安全に!

【日高】日高町危険物安全協会は19日、児童が不審者に遭遇した時に役立つ「緊急ホイッスルライト」を町内5校の全小学校児童594人分を寄贈した。  町教委教育長室を訪れた沢元彦安全協会長は「子どもたち...