北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

仕掛け文字で「根絶」

【新ひだか】全国の小中学生が飲酒運転撲滅のメッセージを書道で表現する「第6回SDD(STOP・DRUNK・DRIVEING)全国こども書道コンクール」の北海道・東北ブロック表彰式が1月27日、札幌市内で開かれ、小野英稟さん(静内小6年)が最優秀賞を受賞した。

最優秀賞受賞の小野さん(中)と右隣は父・和寿さん、左隣は母・みずえさん。ほか、右から本間署長、酒井町長、増本会長、岡崎会長、高橋さん

 同コンクールは運転代行業の損害を専門に補償するジェイ・ディ共済協同組合主催。命の尊さを考え、多くの人を不幸にする飲酒運転や、思いやりのない身勝手な運転について、子どもたちの目線と言葉で書に思いを込めて発信することが目的。

 作品は、縦45㌢、横35㌢以内の用紙に20文字以内で飲酒運転撲滅のメッセージを書く。縦横の書き方や書式に決まりはなく、子どもたちの自由な発想で表現できるようにしている。

 全国4ブロック(北海道・東北、関東・中部、近畿・中四国、九州・沖縄)に分け、優秀賞5作品を選出し、その中の1作品を最優秀賞に選び、各ブロックの最優秀賞受賞者は17日に大阪城ホールで開かれるグランドパフォーマンスに参加する。

 静内交通安全協会がこの運動に賛同し、前回から町内の書道教室に作品を募集して応募している。小野さんは前回も北海道・東北ブロック優秀賞を受賞した。  今回の作品は「私の願い 根絶」で、根は「すべてをうしなう」の文字、絶は「いんしゅうんてん」の文字を組み合わせて表現しているアイデアに富んだ作品。インターネットで仕掛け文字を知り、自分でも作ってみたいと試行錯誤を重ね、正月明けに完成させた。小野さんは小学4年生から書道を始め、現在は準4段の腕前。

北海道・東北ブロック最優秀賞を受賞した小野さんの作品

 北海道・東北ブロックには131作品の応募があり、最優秀賞の選考を兼ねた表彰式には優秀賞受賞者5人が参加し、作品に込めた思いなどを発表した結果、小野さんが最優秀賞に選ばれた。

 2日には両親とともに役場静内庁舎を訪れ、酒井芳秀町長に最優秀賞の受賞を報告。本間博幸静内警察署長、増本裕治静内交通安全協会長、岡崎猛静内地区交通安全協会長、コンクールへの参加を助言した高橋徹静内総合自動車学校長・管理者らが同席し、増本、岡崎両会長から祝い金計3万円が贈られた。

 酒井町長は「ひらがなで上手く漢字に見えるように表したというアイデアは、すごい頭脳だと関心した」とたたえ、小野さんは「前回は優秀賞でうれしい気持ちもあったけど、ちょっと悔しい気持ちもあった。今回は最優秀賞を取れてうれしかったので、大阪城ホールでも頑張りたい」と抱負を話していた。

 グランドパフォーマンスが行われる「LIVE SDD 2018」では、1万人の観客を前に人気アーティストのTRFや藤井フミヤさんらのライブ、書家の森大衛さんの書道パフォーマンスなどが行われ、小野さんら各ブロック最優秀賞の受賞者4人も作品に込めた思いを発表する。

関連記事

室蘭民報

「撮りフェスin室蘭」大賞に地元初の齋藤さん【室蘭】

 室蘭市で行われた24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7月7、8日、同実行委員会など主催)の受賞作品が14日決まった。大賞には齋藤ますみさん(46)=室蘭市=のイタン...

函館新聞

湯ノ岱駅の窓口カウンター、道南トロッコ鉄道に〝引っ越し〟【木古内、上ノ国】

 【木古内、上ノ国】旧江差線廃線跡で運行する「道南トロッコ鉄道」にこのほど、6月に解体された同線湯ノ岱駅(上ノ国町)の窓口カウンターが移設され、トロッコの切符売り場として活用されている。  ...

函館新聞

「向日葵のかっちゃん」23日に上演 稽古に熱【函館】

 函館在住の作家・西川司さんの自伝小説「向日葵のかっちゃん」(講談社出版)の舞台(実行委主催、函館新聞社など後援)が23日に市芸術ホールで上演されるのを前に、地元の高校生ら主要キャストが稽古の最...

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...