北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

2千個のキャンドル灯す

【新ひだか】町商工会青年部(横浜正明部長)主催の「第27回ウインターデ・ライト」が3日、町公民館で開かれ、約2千個のアイスキャンドルの光が周辺を彩り、フロアカーリングやラーメン祭りを大勢の人が楽しんだ。

 静内地区の冬の風物詩で、公民館1階ロビーで行われた開会式で横浜部長が「新ひだか町の活気あふれるイベントになるよう今日1日頑張っていきたい」とあいさつ。来賓の河原秀幸町商工会副会長、青木秀敏陸上自衛隊静内駐屯地司令、酒井芳秀町長が祝辞で町の活性化のために活動する青年部にエールを送った。

 この後、アイスキャンドルの点灯式を行い、メーン会場の公民館屋外ステージでは、青年部マスコットキャラクターで町サポート大使の「こんぶマン」、「こぶねちゃん」、静内駐屯地がディズニーアニメ「アナと雪の女王」の世界観をモチーフにした雪の城や結晶、町立静内病院内のひまわり保育所の園児が「雪だるま」のオブジェなどをそれぞれ展示。公民館2階から見ると全体が分かるようになっており、来場者たちはじっと見入ったり、〝インスタ映え〟する写真を撮ったりして一夜限りの幻想的な光景を満喫していた。

公民館屋外ステージで展示された雪の結晶などのアイスキャンドル

 今回、新たにイベントの目玉として行われた「わくわくフロアカーリング」(賞金総額15万円)には、一般の部12チーム、高校生の部4チームの計16チームが参加。4人1組で木製のフロッカーを送球し、得点を競い合った。随所に珍プレー好プレーが飛び出し、一発逆転を狙って最後まで熱戦が繰り広げられた。

フロアカーリングに熱中する参加者たち

 一般の部で優勝し、現金5万円を獲得した「ブスの極み男子」チームは社会人バスケットボールチームの仲間で構成。参加者を代表して福嶋学さん(41)は「まさか優勝できるとは。賞金はみんなで山分けしておいしいお酒を飲みたい」と話していた。

 公民館駐車場では町内外の11店舗がラーメンを販売する「新ひだかラーメン祭り」も同時開催し、各店趣向を凝らした自慢の逸品を提供。終始行列の絶えない盛況ぶりで、公民館内の食事会場は大勢の人でにぎわった。

関連記事

日高報知新聞

高校創生フォーラム【新冠】

【新冠】管内有志による教育創生プロジェクト主催の「日高管内高校創生フォーラム」が20日、レ・コード館で開かれ、鳴海修司町長や藤沢澄雄道議、管内町議や教育関係者、一般住民ら約70人が参加して魅力ある学校...

日高報知新聞

小中学生最優秀賞に清水嵩流君(浦小2年)【浦河】

 浦河文化協会(津沢静子会長)は18日、近く発行する文芸うらかわ第37号の特別企画「『流れる』にまつわる短歌」の入賞作品の表彰式を町総合文化会館で行い、小中学生の部最優秀賞の清水嵩流君(浦河小2年)や...

苫小牧民報

苫小牧のパンプアップ塾3連覇 復興願い、厚真で3本引き大会

 厚真町の冬のイベント「あつま国際雪上3本引き大会」(実行委主催)が20日、町本郷のかしわ公園野球場で開かれた。12回目となる今回は町内外から過去最高の58チーム約930人が参戦。胆振東部地震で...

苫小牧民報

アルパカ飼育体験人気 えこりん村に市内外から家族連れ

 恵庭市牧場の観光施設えこりん村で冬の体験イベントがスタートし、アルパカやヒツジの飼育体験が人気を集めている。同施設の飼育員が実際に行っている動物の世話を体験できる内容で、2月下旬まで毎週土、日...

苫小牧民報

繁華街に幻想的な光 フォトジェニックナイト始まる-苫小牧

 苫小牧の夜の繁華街をランタンで照らす「北海道フォトジェニックナイト2019」(実行委員会、大町商店会共催)が21日、苫小牧市錦町のいずも公園と隣接する通りで始まった。胆振東部地震で客足が落ちた...