北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

2千個のキャンドル灯す

【新ひだか】町商工会青年部(横浜正明部長)主催の「第27回ウインターデ・ライト」が3日、町公民館で開かれ、約2千個のアイスキャンドルの光が周辺を彩り、フロアカーリングやラーメン祭りを大勢の人が楽しんだ。

 静内地区の冬の風物詩で、公民館1階ロビーで行われた開会式で横浜部長が「新ひだか町の活気あふれるイベントになるよう今日1日頑張っていきたい」とあいさつ。来賓の河原秀幸町商工会副会長、青木秀敏陸上自衛隊静内駐屯地司令、酒井芳秀町長が祝辞で町の活性化のために活動する青年部にエールを送った。

 この後、アイスキャンドルの点灯式を行い、メーン会場の公民館屋外ステージでは、青年部マスコットキャラクターで町サポート大使の「こんぶマン」、「こぶねちゃん」、静内駐屯地がディズニーアニメ「アナと雪の女王」の世界観をモチーフにした雪の城や結晶、町立静内病院内のひまわり保育所の園児が「雪だるま」のオブジェなどをそれぞれ展示。公民館2階から見ると全体が分かるようになっており、来場者たちはじっと見入ったり、〝インスタ映え〟する写真を撮ったりして一夜限りの幻想的な光景を満喫していた。

公民館屋外ステージで展示された雪の結晶などのアイスキャンドル

 今回、新たにイベントの目玉として行われた「わくわくフロアカーリング」(賞金総額15万円)には、一般の部12チーム、高校生の部4チームの計16チームが参加。4人1組で木製のフロッカーを送球し、得点を競い合った。随所に珍プレー好プレーが飛び出し、一発逆転を狙って最後まで熱戦が繰り広げられた。

フロアカーリングに熱中する参加者たち

 一般の部で優勝し、現金5万円を獲得した「ブスの極み男子」チームは社会人バスケットボールチームの仲間で構成。参加者を代表して福嶋学さん(41)は「まさか優勝できるとは。賞金はみんなで山分けしておいしいお酒を飲みたい」と話していた。

 公民館駐車場では町内外の11店舗がラーメンを販売する「新ひだかラーメン祭り」も同時開催し、各店趣向を凝らした自慢の逸品を提供。終始行列の絶えない盛況ぶりで、公民館内の食事会場は大勢の人でにぎわった。

関連記事

室蘭民報

「撮りフェスin室蘭」大賞に地元初の齋藤さん【室蘭】

 室蘭市で行われた24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7月7、8日、同実行委員会など主催)の受賞作品が14日決まった。大賞には齋藤ますみさん(46)=室蘭市=のイタン...

函館新聞

湯ノ岱駅の窓口カウンター、道南トロッコ鉄道に〝引っ越し〟【木古内、上ノ国】

 【木古内、上ノ国】旧江差線廃線跡で運行する「道南トロッコ鉄道」にこのほど、6月に解体された同線湯ノ岱駅(上ノ国町)の窓口カウンターが移設され、トロッコの切符売り場として活用されている。  ...

函館新聞

「向日葵のかっちゃん」23日に上演 稽古に熱【函館】

 函館在住の作家・西川司さんの自伝小説「向日葵のかっちゃん」(講談社出版)の舞台(実行委主催、函館新聞社など後援)が23日に市芸術ホールで上演されるのを前に、地元の高校生ら主要キャストが稽古の最...

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...