北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

商議所会館建て替えで跡地にビジネスホテル誘致へ【伊達】

跡地にビジネスホテルを誘致する現在の商工会議所会館・伊達経済センター

 伊達商工会議所(寿浅弘幸会頭)は、建設後53年が経過し、老朽化が進んでいる現商議所会館の伊達経済センター(網代町)を建て替えるため、取り壊した跡地を賃貸し、ビジネスホテルを誘致する方針を固めた。賃貸収入を新会館の建設費に充てる。繁華街やJR駅まで徒歩圏内という好立地を材料に、きょう7日から事業者を公募する。

 6日の常議員会で、新会館建設計画の基本構想案を正式に了承した。

 募集するのは、ビジネスホテルを建設する事業者で、具体的な条件は現時点で設けていない。賃貸する土地は、現会館を解体した跡地計約2300平方メートルと、網代町の職員駐車場用地計約1200平方メートル。今月28日まで募集し3月中旬に結果を公表、事業者を選定し個別の協議に入る。新会館の建設地は、現会館の近接地で検討する。

 現会館は伊達信用金庫本店として1964年(昭和39年)に完成した鉄筋コンクリート造り3階建て。95年(平成7年)に伊達商議所が土地・建物を取得した。近年、老朽化や耐震性の問題もあり、寿浅会頭は15年の新年交礼会で会館の建て替えに言及。会館建設検討委員会が先進地を視察するなど、検討を続けていた。

 会館がある網代町や飲食店が立ち並ぶ錦町周辺ではこの1、2年で7店が相次ぎ閉店。夕食を提供しないビジネスホテルであれば、歓楽街の利用促進につながり、市内の宿泊施設と客層が重ならないと判断した。

 市内のホテル・旅館7社と、法律事務所などテナント入居者には事前に説明し、目立った反対意見はなかった。会館建設検討委員会座長の大坪鉄雄副会頭は「ホテル建設に細かな条件は設けない。まずはやってくれる人を市内外問わず広く募集したい」と応募に期待した。

 問い合わせは、不動産業のランディック、電話0142・21局2252番へ。

関連記事

苫小牧民報

苫小牧のパンプアップ塾3連覇 復興願い、厚真で3本引き大会

 厚真町の冬のイベント「あつま国際雪上3本引き大会」(実行委主催)が20日、町本郷のかしわ公園野球場で開かれた。12回目となる今回は町内外から過去最高の58チーム約930人が参戦。胆振東部地震で...

苫小牧民報

アルパカ飼育体験人気 えこりん村に市内外から家族連れ

 恵庭市牧場の観光施設えこりん村で冬の体験イベントがスタートし、アルパカやヒツジの飼育体験が人気を集めている。同施設の飼育員が実際に行っている動物の世話を体験できる内容で、2月下旬まで毎週土、日...

苫小牧民報

繁華街に幻想的な光 フォトジェニックナイト始まる-苫小牧

 苫小牧の夜の繁華街をランタンで照らす「北海道フォトジェニックナイト2019」(実行委員会、大町商店会共催)が21日、苫小牧市錦町のいずも公園と隣接する通りで始まった。胆振東部地震で客足が落ちた...

十勝毎日新聞

工業高でスマート農業 官民連携し研究【帯広】

 官民学一体で地域の課題解決の実践研究に取り組む「高等学校OPENプロジェクト」が本格的に始動している。十勝管内で唯一、研究指定校に選ばれた帯広工業高校(金谷秀幸校長)は、3カ年でスマート農業の...

十勝毎日新聞

特定健診受診今年も管内1位【陸別】

 2017年度の陸別町の特定健診受診率が70.1%になり、全道で4位、十勝では2年連続の1位となった。保健師らによる家庭訪問などに成果が表れた格好。町民の健康に寄与し、将来的な介護給付費の抑制を...