北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

商議所会館建て替えで跡地にビジネスホテル誘致へ【伊達】

跡地にビジネスホテルを誘致する現在の商工会議所会館・伊達経済センター

 伊達商工会議所(寿浅弘幸会頭)は、建設後53年が経過し、老朽化が進んでいる現商議所会館の伊達経済センター(網代町)を建て替えるため、取り壊した跡地を賃貸し、ビジネスホテルを誘致する方針を固めた。賃貸収入を新会館の建設費に充てる。繁華街やJR駅まで徒歩圏内という好立地を材料に、きょう7日から事業者を公募する。

 6日の常議員会で、新会館建設計画の基本構想案を正式に了承した。

 募集するのは、ビジネスホテルを建設する事業者で、具体的な条件は現時点で設けていない。賃貸する土地は、現会館を解体した跡地計約2300平方メートルと、網代町の職員駐車場用地計約1200平方メートル。今月28日まで募集し3月中旬に結果を公表、事業者を選定し個別の協議に入る。新会館の建設地は、現会館の近接地で検討する。

 現会館は伊達信用金庫本店として1964年(昭和39年)に完成した鉄筋コンクリート造り3階建て。95年(平成7年)に伊達商議所が土地・建物を取得した。近年、老朽化や耐震性の問題もあり、寿浅会頭は15年の新年交礼会で会館の建て替えに言及。会館建設検討委員会が先進地を視察するなど、検討を続けていた。

 会館がある網代町や飲食店が立ち並ぶ錦町周辺ではこの1、2年で7店が相次ぎ閉店。夕食を提供しないビジネスホテルであれば、歓楽街の利用促進につながり、市内の宿泊施設と客層が重ならないと判断した。

 市内のホテル・旅館7社と、法律事務所などテナント入居者には事前に説明し、目立った反対意見はなかった。会館建設検討委員会座長の大坪鉄雄副会頭は「ホテル建設に細かな条件は設けない。まずはやってくれる人を市内外問わず広く募集したい」と応募に期待した。

 問い合わせは、不動産業のランディック、電話0142・21局2252番へ。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...