北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

国際雪像彫刻大会・制作作業スタート【名寄】

芸術性の高い作品制作に励む選手たち

 「第18回なよろ国際雪像彫刻大会ジャパンカップ」の制作作業が、7日から南広場でスタート。国内外から集まったチームの出場者たちが、芸術性の高い作品制作に取り組んでおり、静かな熱戦を繰り広げている。

 10日から12日まで南広場で開催される「なよろ雪質日本一フェスティバル」のメインを飾るイベントの一つ。毎年、国内外から芸術家などが集まって作品の完成度を競い合うとともに、名寄の国際交流にも大きく貢献したイベントとなっている同大会。

 今大会に出場した海外チームはアメリカ、ロシア、カナダ、オランダ、トルコ、インドネシア、韓国の7カ国。国内からはチーム愛知をはじめ、北海道雪像彫刻研究所、東海大学、北海道芸術デザイン専門学校の4チーム。

 制作作業の初日は氷点下24・6度となり、今シーズンの名寄の最低気温を記録。名寄らしい厳しい冷え込みとなった中、出場者たちはスコップやノミなどを手に、仲間と息の合った手さばきで縦、横、3メートル四方の雪の塊を削っており、イメージしている作品に少しでも近づけるため、慎重に作業。寒さを吹き飛ばすような熱い戦いを展開している。

 製作期間は10日までで、見学も可能。競技時間は9日までが午前8時から午後10時まで。10日は午前6時から同9時まで。競技最終日は、制作作業終了後に作品の審査を行い、正午から表彰式、午後1時から会場で「さよならパーティー」を開催する。また、出場チームの作品は12日まで展示され、夜間にはライトアップもされることとなっており、昼間とは一味違った幻想的な光景が見られることから、同フェスティバル実行委員会では多くの来場を呼び掛けている。

関連記事

十勝毎日新聞

ホッケーの絆、苫小牧応援 アリーナに横断幕【清水】

 NPO清水町アイスホッケー協会は管理・運営する町アリーナのロビーに、胆振東部地震の被災者らを応援する横断幕を設置した。  同協会は東日本大震災などでも、寄付をはじめ被災地を応援する取り組みを...

十勝毎日新聞

ウィッグ通販月1000件 佐藤さんに国内外から注文【陸別】

 ウィッグ(かつら)の通信販売を行い、軌道に乗り始めた女性経営者がいる。陸別町内に事務所を構え、インターネット通販サイト「SUGARCRANZ(シュガークランツ)」を運営する佐藤加奈子さん(36...

十勝毎日新聞

山田さん「学芸員目指す」 協力隊に着任【上士幌】

 上士幌町の地域おこし協力隊として、北大大学院で河川の生態系を研究している山田太平さん(24)が着任した。商工観光課に所属、ひがし大雪自然館の学芸推進員として、ぬかびら地区の生態調査に取り組む。...

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...