北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

「北方領土の日」小学生が四島カルタで学ぶ【根室】

笛の合図で一斉にカルタを取りに行く児童ら

 市立海星小学校(吉川禎校長、児童数42人)は「北方領土の日」の7日、同校の前身となる幌茂尻小学校の卒業生が制作した「四島カルタ」で雪上カルタ取りを行い、四島の名前や特徴、当時の暮らしぶりを学んだ。

 カルタ取りは北方領土学習の一環で、旧・幌茂尻小の頃から30年以上続く恒例行事。カルタを制作した第94回生が親となり、その子どもたちが在学していることから、世代を超えて北方領土返還の思いを引き継ぐ狙いもある。

 今年も色丹、択捉、国後、歯舞群島の4チームに分かれ、各チームの代表が「択捉島のように広い心を持ち」、「歯舞群島は小さな島々だけど団結力を持ち」と、四島になぞらえた意気込みを交えながら、正々堂々戦うと宣誓した。

 カルタ取りが始まると、雪の上で待ち構えていた児童らは、句が読み終わると同時に鳴り響く笛の合図で一斉に札に向かって駆け出した。カルタには「平和の灯 返ってくるまで 消えないよ」など返還を願う句や「美しい みどり広がる 色丹島」など、各島々の特徴とともにイラストが描かれ、児童らは「あった!」と声を上げながら札を取り合い、四島の名前や特徴を学んだ。

関連記事

十勝毎日新聞

ひな鳥 いつも一緒 緑ケ丘公園にマガモ親子【帯広】

 帯広市内の緑ケ丘公園内の「十勝池」でマガモが子育てに励んでいる。6月末から人目に付く場所に姿を見せ、親鳥とひな鳥10羽の愛らしい様子が来園者を和ませている。  マガモは十勝で一年中見ること...

十勝毎日新聞

体験型アート「魔法の美術館」盛況 帯広美術館【帯広】

 道立帯広美術館で開催されている体験型の展覧会「魔法の美術館」の来場者数が伸びている。6月30日の開幕から14日までで4880人に上り、週末は1日に700~800人が訪れる盛況ぶり。デジタル技...

十勝毎日新聞

信金結婚相談所1年 会員300人突破、「寿退会」5組【帯広】

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)が運営する結婚相談所「おびしんキューピット」(西2南7、山崎真一所長)が、昨年6月の開設から1年が経過した。会員数は300人を突破する勢い。山崎所長は「予想より...

函館新聞

函館空港に「清正公」見参 江差・姥神祭をPR【函館】

   8月9~11日に江差町で開かれる道内最古の祭り「江差姥神大神宮渡御祭」を前に、町内を巡行する13台の山車(やま)の一つ「清正山」の人形が14日、函館空港国内線旅客ターミナルビル1階に登場した...

函館新聞

奇才ダリの世界へご案内 函館美術館で特別展開幕【函館】

 道立函館美術館の特別展「奇才・ダリ版画展 炸裂するシュルレアリスムの世界」が14日、同館で開幕した。イタリアの詩人、ダンテの叙事詩「神曲」の挿絵として描かれた100点を含む、版画215点、彫...