北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫工電気科の37人合格 国家資格の第1種電気工事士

合格通知を手に喜びをかみしめる生徒たち

 苫小牧工業高校(高橋豪校長)電気科の2~3年の生徒37人が、電気工事に幅広く従事できる第1種電気工事士の試験に合格した。5年間の実務経験を積めば免状が交付される。一度に30人を超える合格者を出したのは、同校では初の快挙。

 電気工事士は国家資格で、工場やビルなどの大規模設備から一般住宅までの電気工事を扱う第1種と、小さな店舗や一般住宅など小規模な工事にだけ携わることができる第2種がある。

 第1種の試験は、筆記と実技の二本立て。実技試験は、指定された配線図と材料を基に、電線を端子台などに正しくつなぎ合わせて回路を作り上げる。電線の長さやねじ留めなど細部まで正確さが求められ、全国の受験者の合格率は25~35%程度という難関だ。生徒たちは昨年10月の筆記試験を突破し、同12月の実技試験を経て合格をつかんだ。

 同校では、授業とは別に第2種に合格している生徒のうち希望者のみを対象に試験対策を実施。昨年の夏季休暇中から勉強に取り掛かり、習熟度別のグループに分かれて技術と知識を伸ばした。

 3年の青山一葵さん(18)は「第2種の受験時に技能をある程度身に付けていたが、筆記試験では初めて学ぶことが多かった」と回顧。「春から本州で製鉄業に従事するが、今回の経験で得た知識を何らかの形で仕事に生かせたら」と語った。

 指導に当たった齋藤好一教諭は「生徒は就職試験や部活動と並行して試験勉強に取り組んだが、限られた時間の中で大きな成果を出してくれた」と生徒の奮闘をたたえた。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...