北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

2地点で観測記録更新

 5日からまとまった雪が降っている日高地方は、6日も午後にかけ雪模様となり、室蘭地方気象台によると7日朝方まで断続的に降雪が続く見込み。新ひだか町静内の積雪の深さは6日午前で平年の約3・6倍の40㌢となり、観測記録を更新。平取町も同日午後に74㌢と記録更新。

雪に埋まった駐車車両=6日、新ひだか町三石本町で=

 5日から6日午前9時までの24時間降雪量は平取町36㌢、浦河町中杵臼27㌢、新ひだか町静内25㌢、浦河12㌢、えりも町目黒21㌢、日高町日高8㌢。  新ひだか町静内の同時期の積雪の深さの日平年比は11㌢で、観測史上1位の平成26年2月16日の38㌢を更新した。同町三石地区も5~6日朝までに降雪が多かった。

ひざまでくる大雪に馬もびっくり=6日、新ひだか町三石本桐で=

 他地域の積雪の深さは、目黒で98㌢(日平年値50㌢)、浦河町中杵臼72㌢(同43㌢)、浦河14㌢(同8㌢)、日高町日高57㌢(同65㌢)  ただ、昨年11月の降り始めからの静内の降雪量の累積は、5日現在で115㌢(平年102㌢)とやや多い程度。他の観測地点の累積は日高町日高227㌢(平年305㌢)、中杵臼222㌢(同247㌢)、浦河86㌢(同97㌢)、目黒270㌢(同228㌢)と平年より少ないところも多い。

大雪に埋まった民家=6日、新ひだか町三石旭町=

 室蘭地方気象台は、大雪に伴う電線着雪やふぶきによる交通障害、なだれなどに警戒を呼び掛けている。  新ひだか、日高町では6日に小学校が臨時休校した。

 浦河町では役場庁舎近くの港まつり会場で利用している町有地を雪捨て場にしており、トラックで雪を運び入れる人の姿もあった。

 7日朝までさらに積もるため、道路沿いの駐車などは除雪の邪魔になるため、配慮が必要だ。

関連記事

苫小牧民報

日高自動車道 門別―厚賀IC、あす開通

 高規格道路・日高自動車道の日高門別インターチェンジ(IC)―日高厚賀IC区間(片側1車線、142キロ、通行無料)=日高町=が21日午後4時に開通する。日高道を使った同区間の車での移動は、従来の国...

根室新聞

北方領土遺産リスト集発行 3年間の発掘事業まとめる【根室】

 根室振興局は、戦後70年の平成27年から取り組み、3月末で終了した北方領土遺産発掘・継承事業を「北方領土遺産リスト集」として一冊にまとめ、200部を管内の教育機関や図書館等に配布する。一般向けには20...

根室新聞

最新の"フリーストール型搾乳ロボット牛舎"が完成【根室】

 市内湖南の㈱田中牧場(田中照義代表取締役)が建設を進めていた大型牛舎が竣工し、19日に見学会が行われた。最新設備を導入したフリーストール型搾乳ロボット牛舎で、省力化と飼養管理の強化を図って規模...

日高報知新聞

ピュアマルシェ閉店

【新ひだか】静内御幸町2の町有施設「ピュア」1階で平成28年9月から営業していた食品スーパー「ピュアマルシェ」と軽食・喫茶店「ピュアカフェ」が5月2日で閉店することが分かった。後継店舗は決まっておら...

日高報知新聞

牡の子馬誕生 額に白斑(はくはん)

【新ひだか】全国で唯一サラブレッドの繁殖から育成までを授業に取り入れている静内田原の静内農業高(大関俊郎校長)で4日夜、牡の子馬が誕生した。  畜産系の生産科学科がある同校は、年1頭の割合でサラ...