北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

不利を利点に変えたい

【新ひだか】日高管内選出の藤沢澄雄道議(61)=自民党=の「新春の集い」が5日夜、静内エクリプスホテルで開かれた。会場には後援会や支持者ら約300人が出席し、今年1年の活躍に期待を込めて藤沢氏を激励した。

 集いは藤沢澄雄後援会(中島滋会長)が主催し、山口修二日高振興局長や管内7町長をはじめ、各町の町議会議長、建設、商工、観光、軽種馬、農協、漁協、森林組合など各産業団体や自民党各支部の幹部と大勢の支持者らが出席。

 藤沢氏は平成15年に道議選に初当選し、現在は4期目で道議会産炭地域振興・エネルギー問題調査特別委員長、自民党道連IT特命委員長などを務めている。  開会で中島会長は「4期目もあと1年を残すのみとなったが、15年間皆さんの支援をいただきながら道議を務め、各界各層に人脈も出来て積極的に若さとバイタリティをもって活動している」と藤沢氏の近況について報告。続いて、堀井学衆議のビデオレター、来賓を代表して山口局長と柿木克弘前道議が期待の言葉を送った。

 この後、日高町村会長の酒井芳秀新ひだか町長の音頭で乾杯し、藤沢氏は雅子夫人とともに各テーブルを回り、出席者と和やかに懇談した。

各テーブルを回って支持者と懇談する藤沢夫妻

 最後のあいさつで、藤沢氏は日高管内の人口減少や人手不足の問題について、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などの情報通信技術を活用することで解決への可能性が開けるとし、「広域分散と言われる北海道の不利なところを利点に変えていきたい。10年経ったらこんなに変わったと思う時代が必ず来る」と話した。

 日高の活性化については「日高地域はまだまだ伸びしろのある地域。だからこそ自分が手伝える。日高にしかない、オンリーワン、ナンバーワンになるものを磨き上げて売り込んでいくことが日高の発展につながる。そのためにこれまで築いてきた人脈を生かしていきたい」と決意を述べた。

 また、日高線を含むJR北海道の路線見直し問題で、有識者らによる鉄道ネットワークワーキングチームが路線別に優先度を付けたことについて、「13路線が残るか残らないかで濃淡がついてしまっていて、一番悪い予測通りの展開になっている」とし、「残るところも残らないところも公的な資金は投入しなければならない。どういう選択をしようともある程度平等感が得られるような落としどころを作ろうと議会で発言している。必ずや地域の皆さんに理解してもらえる答えを導き出したい」と話した。

関連記事

室蘭民報

「撮りフェスin室蘭」大賞に地元初の齋藤さん【室蘭】

 室蘭市で行われた24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7月7、8日、同実行委員会など主催)の受賞作品が14日決まった。大賞には齋藤ますみさん(46)=室蘭市=のイタン...

函館新聞

湯ノ岱駅の窓口カウンター、道南トロッコ鉄道に〝引っ越し〟【木古内、上ノ国】

 【木古内、上ノ国】旧江差線廃線跡で運行する「道南トロッコ鉄道」にこのほど、6月に解体された同線湯ノ岱駅(上ノ国町)の窓口カウンターが移設され、トロッコの切符売り場として活用されている。  ...

函館新聞

「向日葵のかっちゃん」23日に上演 稽古に熱【函館】

 函館在住の作家・西川司さんの自伝小説「向日葵のかっちゃん」(講談社出版)の舞台(実行委主催、函館新聞社など後援)が23日に市芸術ホールで上演されるのを前に、地元の高校生ら主要キャストが稽古の最...

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...