北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

特産アサツキ青々、町内のハウスで収穫たけなわ【豊浦】

ハウス内で青々と育つアサツキ。収穫作業が本格化している=2日、豊浦町船見町の根津さん方

 連日厳しい寒さが続く室蘭地方。豊浦町内では町特産のアサツキの収穫作業が本格化している。深い雪に埋もれるハウス内では、春を思わせる青々とした葉が育ち、特有の香りを放っている。

 アサツキはヒガンバナ科ネギ属の球根性多年草。イチゴの栽培の輪作に良いとされる。町によると、町内では7戸が栽培。2016年度(平成28年度)の生産量は8トンという。

 船見町の根津公男さんはハウス3棟で栽培する。昨年8月下旬に球根を植え、12月にビニールを3重にかけた。例年同様、年明けの1月中旬以降、30センチほどに育ったアサツキをくわで起こし、根と土を落として丁寧に一束一束パック詰めする作業を始めた。

 おひたしはもちろん、卵とじやジンギスカンに入れても絶品という。根津さんは「寒い分、葉が厚みを増し歯応えがいいですよ」と話す。

 JAとうや湖、道の駅とようらに順次出している。作業は3月いっぱい続くという。

関連記事

室蘭民報

「撮りフェスin室蘭」大賞に地元初の齋藤さん【室蘭】

 室蘭市で行われた24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7月7、8日、同実行委員会など主催)の受賞作品が14日決まった。大賞には齋藤ますみさん(46)=室蘭市=のイタン...

函館新聞

湯ノ岱駅の窓口カウンター、道南トロッコ鉄道に〝引っ越し〟【木古内、上ノ国】

 【木古内、上ノ国】旧江差線廃線跡で運行する「道南トロッコ鉄道」にこのほど、6月に解体された同線湯ノ岱駅(上ノ国町)の窓口カウンターが移設され、トロッコの切符売り場として活用されている。  ...

函館新聞

「向日葵のかっちゃん」23日に上演 稽古に熱【函館】

 函館在住の作家・西川司さんの自伝小説「向日葵のかっちゃん」(講談社出版)の舞台(実行委主催、函館新聞社など後援)が23日に市芸術ホールで上演されるのを前に、地元の高校生ら主要キャストが稽古の最...

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...