北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭保健所管内でインフル大流行、過去10年で最高【室蘭】

うがいをする子どもたち

 インフルエンザが全国的に流行しており、室蘭保健所管内(西胆振3市3町)でも、この10年で最高レベルの大流行となっている。「A型、B型の同時流行」が要因の一つとみられている。この時季は冬のイベントも多く、会場では人の出入りが激しいため、同所では、手洗いやうがいの励行、人混みを避けることやせきがある際のマスク着用、十分な栄養と休養などの予防策の徹底を訴えている。

 同所によると、2018年第5週(1月29日~2月4日)に、管内八つの定点医療機関を受診した患者数は計457人(速報値)。1機関当たり57・13人となり、大流行とされる50人台を今冬初めて超えた。

 超えたのは16年第7週の52・63人以来。過去10年間では、15年第1週の67・50人に次いで、多い患者数となった。

 管内では、当初から2月以降に流行することが多いB型の患者も出ており、「A、Bの同時流行が続く状況」(同所)だ。このため、今冬(17~18年)は全道30保健所で最も早く、インフルエンザ注意報や、インフルエンザ警報が発令された。

インフルエンザ・室蘭保健所管内の動き

 管内の小、中学校では今年に入り、学級・学年閉鎖も相次いでいる。室蘭市教委によると、今冬は市内小、中学校計13校が学級・学年閉鎖に。特に1月29日以降は急激に増えており、八丁平小学校は2月7日から学校閉鎖の措置を取っている。

 インフルエンザは、「家庭内で一人罹患(りかん)すると、家族に広がる。特に、きょうだい間の感染など、子どもたちには、一気に広がる」(市内の医療機関)。

 西胆振管内では今後、中国の春節に合わせ多くの外国人観光客が滞在し、イベントに訪れるため流行期の継続や、さらなる感染拡大も懸念される。同所では「こまめに手洗いし、できるだけ人混みを避け、せきやくしゃみが出るときはマスクを着け、日ごろから十分に休養を取ってほしい」と呼び掛けている。

関連記事

室蘭民報

富岸小5年3組の学級新聞が全国最優秀賞【登別】

 登別市富岸小学校(安宅錦也校長、453人)の5年3組が制作した学級新聞「1番星」が第67回全国小・中学校・PTA新聞コンクールの学級新聞部門で最優秀賞を受賞した。クラス全員で制作に取り組んだ...

室蘭民報

室工大のジンギスカン鍋クッキーが四季彩館で発売【室蘭】

 室蘭工業大学(空閑良壽(くがよしかず)学長)公認焼き菓子「ジンギスカン鍋クッキー」が23日から、室蘭市東町のJR東室蘭駅構内の北海道四季彩館東室蘭店で発売された。同店で扱う同大の「鐵(てつ)...

函館新聞

グレート小鹿さん母校で植樹へ 大日本プロレス函館大会に合わせ【函館】

 函館出身で、現役最年長プロレスラーとして知られる大日本プロレスのグレート小鹿会長(75)がこのほど、函館新聞社を訪れた。4月8日に函館総合卸センター流通ホール(西桔梗町589)で開催する函...

函館新聞

函館タクシーが特許取得 タブレット活用で外国人客らとコミュニケーション【..

 函館タクシー(函館市日乃出町、岩塚晃一社長)とIT関連企業のリバーマーケティング(同、小川佳也社長)は、タブレット端末やスマートフォンを活用し、タクシーを利用する外国人や聴覚障害者と、運転...

根室新聞

"ふるさと納税"つなぐ交流に手応え 東京で初の大感謝祭【根室】

 根室市で初となるふるさと納税者に対する大感謝祭が18日、東京都新宿区の京王プラザホテル新宿で開かれた。「2018根室PRプロジェクト in TOKYO」(実行委員長、石垣雅敏副市長)として新宿西口広場イベン...