北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭保健所管内でインフル大流行、過去10年で最高【室蘭】

うがいをする子どもたち

 インフルエンザが全国的に流行しており、室蘭保健所管内(西胆振3市3町)でも、この10年で最高レベルの大流行となっている。「A型、B型の同時流行」が要因の一つとみられている。この時季は冬のイベントも多く、会場では人の出入りが激しいため、同所では、手洗いやうがいの励行、人混みを避けることやせきがある際のマスク着用、十分な栄養と休養などの予防策の徹底を訴えている。

 同所によると、2018年第5週(1月29日~2月4日)に、管内八つの定点医療機関を受診した患者数は計457人(速報値)。1機関当たり57・13人となり、大流行とされる50人台を今冬初めて超えた。

 超えたのは16年第7週の52・63人以来。過去10年間では、15年第1週の67・50人に次いで、多い患者数となった。

 管内では、当初から2月以降に流行することが多いB型の患者も出ており、「A、Bの同時流行が続く状況」(同所)だ。このため、今冬(17~18年)は全道30保健所で最も早く、インフルエンザ注意報や、インフルエンザ警報が発令された。

インフルエンザ・室蘭保健所管内の動き

 管内の小、中学校では今年に入り、学級・学年閉鎖も相次いでいる。室蘭市教委によると、今冬は市内小、中学校計13校が学級・学年閉鎖に。特に1月29日以降は急激に増えており、八丁平小学校は2月7日から学校閉鎖の措置を取っている。

 インフルエンザは、「家庭内で一人罹患(りかん)すると、家族に広がる。特に、きょうだい間の感染など、子どもたちには、一気に広がる」(市内の医療機関)。

 西胆振管内では今後、中国の春節に合わせ多くの外国人観光客が滞在し、イベントに訪れるため流行期の継続や、さらなる感染拡大も懸念される。同所では「こまめに手洗いし、できるだけ人混みを避け、せきやくしゃみが出るときはマスクを着け、日ごろから十分に休養を取ってほしい」と呼び掛けている。

関連記事

十勝毎日新聞

スモモワイン今年も 甘さと酸味の2種【更別】

 さらべつ産業振興公社(三好光幸社長)は昨年に続き、今年も村特産品のスモモの実を使ったワインを発売した。道の駅さらべつで扱っている。  発売したのは甘さを生かした「村民ワインすもも」(糖度26...

十勝毎日新聞

書院造り住居を民泊に 儀間さん夫妻【足寄】

 足寄町の地域おこし協力隊として昨年着任した儀間雅真さん(31)が、妻芙沙子さん(31)とともに「民泊」事業を始める。建物は築35年の書院造り。住宅街の中にひときわ異彩を放つ“隠れ家”的な宿となり...

函館新聞

伊藤若冲の美、西陣織で再現 道内初展示【函館】

 江戸時代中期に活躍した画家、伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716~1800)が制作した代表作「釈迦三尊像」や「動植綵絵(さいえ)」など計33点を京都府の伝統工芸「西陣織」で再現した作品を展示する...

函館新聞

「密苗」普及の動き 米作りコスト減・省力化に期待【北斗】

 【北斗】農業分野で農家戸数の減少や後継者不足が課題となっている中、水稲栽培の低コスト・省力化を図る技術「密苗(みつなえ)」が、近年注目を集めている。従来の技術と比べ、ほぼ同じ管理方法で育苗箱マ...

室蘭民報

仏坂招魂碑横のほこら崩れ地蔵が損傷【室蘭】

 室蘭市新富町の仏坂招魂碑横のほこらが、何らかの要因で倒壊し、中の地蔵の頭部が損傷していることが24日までに分かった。地元住民や招魂碑にまつわる関係者によると、ほこらの成り立ちや所有者は分から...