北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭保健所管内でインフル大流行、過去10年で最高【室蘭】

うがいをする子どもたち

 インフルエンザが全国的に流行しており、室蘭保健所管内(西胆振3市3町)でも、この10年で最高レベルの大流行となっている。「A型、B型の同時流行」が要因の一つとみられている。この時季は冬のイベントも多く、会場では人の出入りが激しいため、同所では、手洗いやうがいの励行、人混みを避けることやせきがある際のマスク着用、十分な栄養と休養などの予防策の徹底を訴えている。

 同所によると、2018年第5週(1月29日~2月4日)に、管内八つの定点医療機関を受診した患者数は計457人(速報値)。1機関当たり57・13人となり、大流行とされる50人台を今冬初めて超えた。

 超えたのは16年第7週の52・63人以来。過去10年間では、15年第1週の67・50人に次いで、多い患者数となった。

 管内では、当初から2月以降に流行することが多いB型の患者も出ており、「A、Bの同時流行が続く状況」(同所)だ。このため、今冬(17~18年)は全道30保健所で最も早く、インフルエンザ注意報や、インフルエンザ警報が発令された。

インフルエンザ・室蘭保健所管内の動き

 管内の小、中学校では今年に入り、学級・学年閉鎖も相次いでいる。室蘭市教委によると、今冬は市内小、中学校計13校が学級・学年閉鎖に。特に1月29日以降は急激に増えており、八丁平小学校は2月7日から学校閉鎖の措置を取っている。

 インフルエンザは、「家庭内で一人罹患(りかん)すると、家族に広がる。特に、きょうだい間の感染など、子どもたちには、一気に広がる」(市内の医療機関)。

 西胆振管内では今後、中国の春節に合わせ多くの外国人観光客が滞在し、イベントに訪れるため流行期の継続や、さらなる感染拡大も懸念される。同所では「こまめに手洗いし、できるだけ人混みを避け、せきやくしゃみが出るときはマスクを着け、日ごろから十分に休養を取ってほしい」と呼び掛けている。

関連記事

根室新聞

毛ガニかご漁 2月1日解禁【根室】

 道知事許可の根室半島太平洋沿岸での「毛ガニかご漁」が今期も2月1日の解禁となる。根室振興局水産課によると、道は今期操業の許可方針や制限条件について今年も前年並みとする方針で、管内各漁協から合わ...

日高報知新聞

高校創生フォーラム【新冠】

【新冠】管内有志による教育創生プロジェクト主催の「日高管内高校創生フォーラム」が20日、レ・コード館で開かれ、鳴海修司町長や藤沢澄雄道議、管内町議や教育関係者、一般住民ら約70人が参加して魅力ある学校...

日高報知新聞

小中学生最優秀賞に清水嵩流君(浦小2年)【浦河】

 浦河文化協会(津沢静子会長)は18日、近く発行する文芸うらかわ第37号の特別企画「『流れる』にまつわる短歌」の入賞作品の表彰式を町総合文化会館で行い、小中学生の部最優秀賞の清水嵩流君(浦河小2年)や...

苫小牧民報

苫小牧のパンプアップ塾3連覇 復興願い、厚真で3本引き大会

 厚真町の冬のイベント「あつま国際雪上3本引き大会」(実行委主催)が20日、町本郷のかしわ公園野球場で開かれた。12回目となる今回は町内外から過去最高の58チーム約930人が参戦。胆振東部地震で...

苫小牧民報

アルパカ飼育体験人気 えこりん村に市内外から家族連れ

 恵庭市牧場の観光施設えこりん村で冬の体験イベントがスタートし、アルパカやヒツジの飼育体験が人気を集めている。同施設の飼育員が実際に行っている動物の世話を体験できる内容で、2月下旬まで毎週土、日...