北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯広-釧路に高速バス LCC客狙う 拓殖バス【帯広】

釧路空港への新路線開設の準備を進めている北海道拓殖バス

 北海道拓殖バス(音更)は8月1日から、帯広駅-たんちょう釧路空港間の都市間高速バスを運行する計画だ。同日から、道東で初めて定期路線が開設される格安航空会社ピーチ・アビエーションの大阪-釧路線に合わせて運行を始める。約2時間で帯広と釧路を結び、関西から道東を訪れる旅行者の利用を見込んでいる。

 帯広-釧路間を結ぶ交通網はJRの特急列車「スーパーおおぞら」が運行しているが、バス路線の運行はない。

 都市間高速バスは同社の単独運行で、1日1往復。現在の予定では、行きは帯広駅バスターミナルを午前9時半に出発し、同11時半に釧路空港に到着。帰りは釧路空港を午後0時10分に出発し、帯広駅バスターミナルに同2時10分に到着する。運行時間はピーチの大阪-釧路線の釧路着(午前11時50分)、釧路発(午後0時半)の時間に合わせた。道東道の音更帯広インターチェンジ(IC)-阿寒IC間を走行し、停留所は柳月スイートピア・ガーデンと本別町観光情報センターに設ける予定。

 運賃は大人1人3000円(片道)で調整している。車両は定員30人の3列シートタイプのものを使用する。バスの名称や回数券割り引きなど詳細については現在検討している。

 すでに帯広運輸支局を通じて北海道運輸局へ路線新設の申請を済ませており、認可が下りるのを待っている段階。同社の小森明仁営業課長は「インバウンド(訪日外国人旅行者)を含めた利用者を十勝に誘引するとともに、十勝から関西方面に向かう人たちの利便性を高めたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...