北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯広-釧路に高速バス LCC客狙う 拓殖バス【帯広】

釧路空港への新路線開設の準備を進めている北海道拓殖バス

 北海道拓殖バス(音更)は8月1日から、帯広駅-たんちょう釧路空港間の都市間高速バスを運行する計画だ。同日から、道東で初めて定期路線が開設される格安航空会社ピーチ・アビエーションの大阪-釧路線に合わせて運行を始める。約2時間で帯広と釧路を結び、関西から道東を訪れる旅行者の利用を見込んでいる。

 帯広-釧路間を結ぶ交通網はJRの特急列車「スーパーおおぞら」が運行しているが、バス路線の運行はない。

 都市間高速バスは同社の単独運行で、1日1往復。現在の予定では、行きは帯広駅バスターミナルを午前9時半に出発し、同11時半に釧路空港に到着。帰りは釧路空港を午後0時10分に出発し、帯広駅バスターミナルに同2時10分に到着する。運行時間はピーチの大阪-釧路線の釧路着(午前11時50分)、釧路発(午後0時半)の時間に合わせた。道東道の音更帯広インターチェンジ(IC)-阿寒IC間を走行し、停留所は柳月スイートピア・ガーデンと本別町観光情報センターに設ける予定。

 運賃は大人1人3000円(片道)で調整している。車両は定員30人の3列シートタイプのものを使用する。バスの名称や回数券割り引きなど詳細については現在検討している。

 すでに帯広運輸支局を通じて北海道運輸局へ路線新設の申請を済ませており、認可が下りるのを待っている段階。同社の小森明仁営業課長は「インバウンド(訪日外国人旅行者)を含めた利用者を十勝に誘引するとともに、十勝から関西方面に向かう人たちの利便性を高めたい」と話している。

関連記事

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...

根室新聞

弁天島灯台守一家の空襲体験 米国で絵本に【根室】

 根室空襲を生き抜いた弁天島の灯台守一家の戦争体験が、米国で子ども向け絵本として出版される企画が進んでいる。出版のきっかけを作り、自ら絵を担当する同灯台守の孫で米国在住の木村広さん(57)が15、1...

根室新聞

厚床再生プロジェクト「防災キャンプ」企画 【根室】

 新たな地域づくりに向け、勉強会を開いている厚床地域農村再生プロジェクトチーム(リーダー、馬場晶一さん=AB―MOBIT代表)は、24、25の両日、地域住民による厚床防災キャンプを厚床会館で開く。防...

苫小牧民報

安平町の避難指示解除、最長2年に 長期化に町民から不安の声

 安平町は、胆振東部地震後に避難指示を出している地域の解除に、場所によって1年から2年かかる見通しを立てていることが分かった。住宅地の裏山崩壊の危険から避難指示を出した地域では、のり面補修工事な...