北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ひづめみか~る母校に帰る「遺愛は私の自慢の学校」【函館】

遺愛女子高校を訪問したひづめみか~るさん(右)と福島校長

 雑貨ブランド「SWIMMER(スイマー)」の元デザイナー、ひづめみか~るさんが8日、出身校の遺愛女子高校を訪れた。みか~るさんは函館でのイベントのために描き下ろしたイラストを「在校生に見てもらいたい」と福島基輝校長に手渡した。

 みか~るさんは今年1月末でブランド終了となったスイマーで22年間デザイナーを務め、昨年から北斗市の自宅を拠点にフリーランスでの活動を始めた。イラストのほか、スイマー時代の活動をまとめ、同校出身のYUKIさんもメッセージを寄せたムック本「ひづめみか~るの福音コレクション」を持参した。

 福島校長は聖書で「喜びの訪れ」を意味する「福音」という言葉に注目。みか~るさんは「ブランド終了発表後、ファンが落ち込む声を聞いた。スイマーは終了するけれど、私は頑張るよという良い知らせをしたかった」と話した。

 福島校長は「生徒たちにも親しみやすく、大先輩がいろいろな分野で活躍しているしている姿はうれしいこと」とし、制服を着たキャラクターや校舎など遺愛関連のイラストを熱望。みか~るさんも「自慢の学校なのでもっと自慢したい」とし、在校生と関わりを持つことや、2019年に迎える遺愛学院創基145周年に向けた協力にも前向きだった。

 みか~るさんは「思っていた以上に喜んでもらえてうれしかった。遺愛を卒業したことは私のアイデンティティー。これからもそうありたい」と話していた。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...