北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「高木姉妹 2人でメダルを」 常連の「竹葉寿司」【幕別】

 9日夜に開幕する平昌冬季五輪でスピードスケートに出場する町出身の高木菜那選手(25)=日本電産サンキョー=と妹の美帆選手(23)=日体大助手=の活躍を、人一倍心待ちにしている店が町内にある。寿司(すし)和風食事処の「竹葉寿司」(札内中央町、杉山雪男店主)。店は姉妹の実家に近く、高木さん一家とは家族ぐるみの付き合いだ。店主の杉山さん(72)は「菜那ちゃん、美帆ちゃんが初めて姉妹一緒に挑む五輪。悔いのない滑りをしてほしい」と願っている。

高木姉妹を応援する杉山さん一家。前列左から雪男さん、稜英君、美栄子さん。後列左から理紗さん、峰彦さん。稜英君がかぶるのは姉妹からもらったカウボーイハット

 「雪男さん、ただいま!」。昨年12月31日。長野市で行われた平昌五輪日本代表選考会を終えたばかりの高木姉妹が、同店に顔を出した。重圧のかかるレースを終えた2人は、いつものように店主を下の名前で呼び、家へ帰ってきたかのようにくつろいだ。

 お土産として杉山さんに手渡されたのは、同月にカナダ・カルガリーで行われたワールドカップ(W杯)で、美帆選手が女子1500メートル優勝、姉妹らが世界新で団体追い抜きを制した時の表彰式でかぶったカウボーイハット。2人のサインが入り、「貴重なものをもらえて感動した」と杉山さんは話す。

 店は杉山さんと妻の美栄子さん(67)、長男峰彦(たかひこ)さん(41)とその妻理紗さん(39)の4人で営み、創業43年目。姉妹やその家族とは8年前のバンクーバー五輪の頃から親しくなった。「味より店主の人柄や、家庭的な店の雰囲気を気に入ってくれたかな」と杉山さんは冗談めかす。「スケートの話はあまりしない。納豆巻きなど巻きものが好きで、サーモンやエビ、カニも好物。2人とも好みが似ている」という。

 姉妹の写真や新聞記事、サインなどがずらり飾られた店内で、両家族で会食を楽しむことも。一昨年のクリスマスには、杉山さん夫妻や孫の稜英君(白人小4年)にマフラーや帽子などがプレゼントされた。美栄子さんは「2人とも優しいし、気配りができる」と目を細める。

 今回五輪で、杉山さん一家は町内で開かれるパブリックビューイング(PV)に足を運んで応援する予定。「やっぱり2人そろってメダルを取ってほしい。一緒に喜んでいる顔が見たいよ」と団体追い抜きに期待を寄せる杉山さん。姉妹が地元に戻るのは五輪や各種世界大会、W杯を終えた3月下旬になる見込み。帰省した際は、ひときわ豪華なごちそうで出迎えるつもりだ。

関連記事

室蘭民報

「撮りフェスin室蘭」大賞に地元初の齋藤さん【室蘭】

 室蘭市で行われた24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7月7、8日、同実行委員会など主催)の受賞作品が14日決まった。大賞には齋藤ますみさん(46)=室蘭市=のイタン...

函館新聞

湯ノ岱駅の窓口カウンター、道南トロッコ鉄道に〝引っ越し〟【木古内、上ノ国】

 【木古内、上ノ国】旧江差線廃線跡で運行する「道南トロッコ鉄道」にこのほど、6月に解体された同線湯ノ岱駅(上ノ国町)の窓口カウンターが移設され、トロッコの切符売り場として活用されている。  ...

函館新聞

「向日葵のかっちゃん」23日に上演 稽古に熱【函館】

 函館在住の作家・西川司さんの自伝小説「向日葵のかっちゃん」(講談社出版)の舞台(実行委主催、函館新聞社など後援)が23日に市芸術ホールで上演されるのを前に、地元の高校生ら主要キャストが稽古の最...

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...