北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ハウス倒壊被害約9億円 しずない農協が対策室設置

大雪で倒壊したビニールハウス=静内豊畑=

【新ひだか】5、6の2日間にわたる記録的な大雪の影響で、ビニールハウスの倒壊などによる静内地区農家の被害総額は、7日現在で約9億4400万円にのぼることが、しずない農協の調べで分かった。同農協では8日にハウス等雪害倒壊対策室を立ち上げ、被災農家の支援に当たっている。

 同農協によると、静内地区では東別、豊畑を中心にミニトマトなどを栽培する39戸のハウス235棟のほか、肉牛の牛舎や倉庫、軽種馬の簡易きゅう舎など6戸10棟も被害に遭った。

 被害額は、ハウスが解体・建て替え費用も含めて1棟300万円と試算し、計7億500万円を計上。さらに、この時期に行っている5~7月に出荷する農作物の苗の植え付けができないことから、青果物損失額として約2億900万円を計上。牛舎、きゅう舎などの被害額約3千万円を合わせ、合計を約9億4400万円とした。

 被害が大きいことから、しずない農協では初となるハウス等雪害倒壊対策室を設置。西村和夫組合長を本部長に、町の対策本部などと情報を共有し、収入が少なくなる農家の資金援助や道、国への支援を要請していく。8日は日高管内選出の藤沢澄雄、金岩武吉両道議が被災農家を視察に訪れ、その対応に当たった。

 欅田文明営農部長は「今の状況では8~9月の出荷分にも間に合わないのではないか。今後の取り進め方を生産者と協議し、早期の復興に向けて支援していきたい」と話している。

関連記事

室蘭民報

「撮りフェスin室蘭」大賞に地元初の齋藤さん【室蘭】

 室蘭市で行われた24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7月7、8日、同実行委員会など主催)の受賞作品が14日決まった。大賞には齋藤ますみさん(46)=室蘭市=のイタン...

函館新聞

湯ノ岱駅の窓口カウンター、道南トロッコ鉄道に〝引っ越し〟【木古内、上ノ国】

 【木古内、上ノ国】旧江差線廃線跡で運行する「道南トロッコ鉄道」にこのほど、6月に解体された同線湯ノ岱駅(上ノ国町)の窓口カウンターが移設され、トロッコの切符売り場として活用されている。  ...

函館新聞

「向日葵のかっちゃん」23日に上演 稽古に熱【函館】

 函館在住の作家・西川司さんの自伝小説「向日葵のかっちゃん」(講談社出版)の舞台(実行委主催、函館新聞社など後援)が23日に市芸術ホールで上演されるのを前に、地元の高校生ら主要キャストが稽古の最...

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...