北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「火山ガイド」上では立地不適 市が主張 大間訴訟【函館 東京】

市民集会で市の主張内容を報告する市の弁護団

 【東京】函館市が国と電源開発(東京)に対し大間原発(青森県大間町)の建設差し止めを求めた訴訟の第15回口頭弁論が9日、東京地裁(林俊之裁判長)であった。市側は、同原発周辺にある海底火山の存在を踏まえ、原子力規制委員会が定めた規制基準の内規「火山影響評価ガイド」に忠実に当てはめた場合に、同原発は立地不適と主張した。

 市側の弁護団は、函館の海底に存在する「銭亀カルデラ」の噴火の可能性を考慮するよう指摘し、訴訟の争点の一つに挙げている。約5万~3・3万年前に1度だけ噴火しているが、電源開発は銭亀カルデラに関し、将来の活動の可能性を認めていない。

 この日の弁論で市側は、阿蘇山の巨大噴火への対応を理由に四国電力伊方原発の運転差し止め仮処分を命じた広島高裁判決(昨年12月)を例に主張。原告弁護団の大河陽子弁護士は「(高裁判決は)火山事象の影響評価について基準適合判断が不合理とし、火山ガイドに忠実に当てはめている」と評価するとともに、電源開発の姿勢を「火山ガイドを恣意的に拡大解釈しており、適応していない」と批判した。

 さらに、銭亀カルデラが噴火した場合について、風向き次第で100センチ以上の火山灰が積もることになりかねないと主張。市側は「電源開発は原発敷地が風下となるようなシミュレーションを行っておらず、安全性が確保されるとは考えられない」とした。

 被告の国側は避難計画の法令上の位置づけなどについて説明。計画は地方公共団体が策定するものだとした上で「規制委は各地域の実情には精通しておらず、実情に合った避難計画かどうかを判断することは困難」とし、市の主張を「我が国における法体系を無視している」とした。

 市の裁判とは別に、市民団体が函館地裁で起こした訴訟の判決が3月19日に言い渡される。原告弁護団の中野宏典弁護士は裁判後の市民集会で、今後の見通しについて「函館の判決内容をある程度踏まえて進んでいくのでは」と話した。

 次回は5月14日午前10時半から開かれる。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...