北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

コンビニ展開も視野 和菓子でハラル とかち製菓【中札内】

認証を受けた大福などを前に説明する駒野社長(中央)。左は高橋会頭、右は小畑所長

 和菓子製造販売のとかち製菓(中札内、駒野裕之社長)は9日、村内の本社工場で製造した大福など8商品について、ハラル認証機関でも権威のある「JAKIM(ジャキム)」(マレーシア)からハラル認証を受けたことを正式に発表した。同社によると、ジャキムによる認証は和菓子では日本初で、来月から認証商品の本格生産を開始する。

 認証を受けたのは大福5品(よもぎ・豆・きなこ・白・赤)、わらび餅2品(きなこ・抹茶)、白玉ぜんざい。小豆は十勝産。ハラル(イスラム教上許された)対応のため、約2年間をかけ、豚由来成分やアルコールが含まれている砂糖などの原材料を除外し、代替素材にしたほか、工場のハード、ソフト面で品質管理の改善を図るなどした。昨年4月に認証を取得。生産体制が整ったことから、この時期の公表となった。初年度の売り上げ目標は1億円。

 同社では2014年、帯広商工会議所がJICA(国際協力機構)の助成で展開している海外ビジネス交流「草の根技術協力事業」の一環で、マレーシアの現地法人と技術指導を経てハラル認証を受けた大福を開発、現地で販売を展開している。

 村内の本社工場で開かれた記者会見には、帯商の高橋勝坦会頭のほか、札幌からJICA北海道国際センターの小畑永彦所長も駆け付けた。駒野社長は「ムスリム(イスラム教徒)など誰でも安全・安心、おいしく食べてもらうために認証を取った。コンビニなどのOEMを受けるなどし、事業を拡大させたい」と話した。3月中をめどに、オンラインショップでの販売も予定する(業務用600グラム入り500円前後)。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...