北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

コンビニ展開も視野 和菓子でハラル とかち製菓【中札内】

認証を受けた大福などを前に説明する駒野社長(中央)。左は高橋会頭、右は小畑所長

 和菓子製造販売のとかち製菓(中札内、駒野裕之社長)は9日、村内の本社工場で製造した大福など8商品について、ハラル認証機関でも権威のある「JAKIM(ジャキム)」(マレーシア)からハラル認証を受けたことを正式に発表した。同社によると、ジャキムによる認証は和菓子では日本初で、来月から認証商品の本格生産を開始する。

 認証を受けたのは大福5品(よもぎ・豆・きなこ・白・赤)、わらび餅2品(きなこ・抹茶)、白玉ぜんざい。小豆は十勝産。ハラル(イスラム教上許された)対応のため、約2年間をかけ、豚由来成分やアルコールが含まれている砂糖などの原材料を除外し、代替素材にしたほか、工場のハード、ソフト面で品質管理の改善を図るなどした。昨年4月に認証を取得。生産体制が整ったことから、この時期の公表となった。初年度の売り上げ目標は1億円。

 同社では2014年、帯広商工会議所がJICA(国際協力機構)の助成で展開している海外ビジネス交流「草の根技術協力事業」の一環で、マレーシアの現地法人と技術指導を経てハラル認証を受けた大福を開発、現地で販売を展開している。

 村内の本社工場で開かれた記者会見には、帯商の高橋勝坦会頭のほか、札幌からJICA北海道国際センターの小畑永彦所長も駆け付けた。駒野社長は「ムスリム(イスラム教徒)など誰でも安全・安心、おいしく食べてもらうために認証を取った。コンビニなどのOEMを受けるなどし、事業を拡大させたい」と話した。3月中をめどに、オンラインショップでの販売も予定する(業務用600グラム入り500円前後)。

関連記事

室蘭民報

「撮りフェスin室蘭」大賞に地元初の齋藤さん【室蘭】

 室蘭市で行われた24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7月7、8日、同実行委員会など主催)の受賞作品が14日決まった。大賞には齋藤ますみさん(46)=室蘭市=のイタン...

函館新聞

湯ノ岱駅の窓口カウンター、道南トロッコ鉄道に〝引っ越し〟【木古内、上ノ国】

 【木古内、上ノ国】旧江差線廃線跡で運行する「道南トロッコ鉄道」にこのほど、6月に解体された同線湯ノ岱駅(上ノ国町)の窓口カウンターが移設され、トロッコの切符売り場として活用されている。  ...

函館新聞

「向日葵のかっちゃん」23日に上演 稽古に熱【函館】

 函館在住の作家・西川司さんの自伝小説「向日葵のかっちゃん」(講談社出版)の舞台(実行委主催、函館新聞社など後援)が23日に市芸術ホールで上演されるのを前に、地元の高校生ら主要キャストが稽古の最...

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...