北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

平昌五輪開幕 十勝から 声援届け PV設置【帯広】

 9日に開幕した平昌冬季五輪の競技を大型スクリーンで観戦するパブリックビューイング(PV)が、10日から十勝管内でも始まった。帯広市内では市教委が市役所1階に特設会場を設置した他、NHK帯広放送局でも競技をスーパーハイビジョンで観戦できる。選手の出身地の清水、幕別両町でも10日午後からPVが始まり、十勝ゆかりの選手たちに地元から熱い声援が送られる。

VRも楽しめるNHKのPV会場。運営スタッフも「ぜひ来場して」と呼び掛けている(10日午前10時15分ごろ)

 市内のNHKのPV会場には10日朝、帯広市の栂瀬文男さん(80)が「オリンピックの開幕を心待ちにしていた」と一番乗り。クリアな映像が楽しめる大画面を前に、「迫力のある映像が見られるのでうれしい。ジャンプ競技が好きなので、期間中は通い詰めたい」と笑顔を見せた。

 市内両会場には、スピードスケートなどオリンピックの4種目を最新のVR(仮想現実)で体験できる「NHKウインタースポーツVR」も設置。会場ごとに体験できる競技が異なり、NHKでスキーモーグルとスキージャンプ、市役所でボブスレーとスピードスケートが体験できる。会場を運営するスタッフも「ぜひ来場して、五輪を満喫して」と呼び掛けている。

 PVは25日まで。NHK会場は午前10時~午後6時(休日は午後5時まで)。市役所は午前9時~午後7時(土日祝は午前10時~午後5時)で、帯広出身選手が出場する時間は時間外も臨時開場する。

 PVは大会中、幕別町百年記念ホールと清水町の御影公民館でも行われる。10日は幕別は高木美帆選手が出場するスピードスケート女子3000メートル、清水は十勝3選手が代表のアイスホッケー(IH)女子の初戦が観戦できる。NHKウインタースポーツVRは、幕別会場でも体験できる。

 いよいよ開幕した冬季五輪に、選手の地元でも期待が高まっている。

 IH女子代表の小野祥子、近藤真衣両選手の地元・清水町のNPO法人清水町アイスホッケー協会代表理事の水津栄次郎さん(67)は9日夜の開会式をテレビ観戦。両選手の姿は確認できなかったが、「オリンピック独特の緊張感が伝わってきた。いよいよ試合が始まるなと実感した」と期待を高める。

 同町からの冬季五輪出場は初めてで、「やっとアイスホッケーの道が開けた。町のチビッコ選手たちにとって、2人の存在は将来の目標になる。次世代を背負う子どもたちのためにも、大舞台で活躍する姿を見せてほしい」と願っている。

関連記事

室蘭民報

映画・モルエラニの霧の中完成間近「協力お願い」【西胆振】

 室蘭を中心とした西胆振を舞台に撮影中のオムニバス映画「モルエラニの霧の中」(坪川拓史監督)の資金調達や撮影協力を担う市民団体・NPO法人室蘭映画製作応援団が、年内の映画完成に向けてキャンペー...

室蘭民報

「ワニワニクラブ」のうどん給食が親子に大好評【室蘭】

 室蘭市輪西町のぷらっと・てついち内の子育て支援施設・ワニワニクラブのうどん給食が21日、同施設で振る舞われ、だしの効いたつゆに具だくさんのうどんが、親子に大好評だった。  施設を運営するN...

函館新聞

函館バス、「ロケーションシステム」一新 到着時間の精度向上【函館】

 函館バス(森健二社長)は3月15日、路線バスの運行情報を検索できるサービス「バスロケーションシステム」を一新する。多言語化を実現し、増加する外国人観光客に対応。バスの到着予測時間の正確性を高め...

函館新聞

函水高、海や船テーマの新聞コンテストで準最高賞【函館・北斗】

 函館水産高校(野呂俊夫校長)1年の真酒谷隼斗君(16)と坂田和希君(16)が、海や船をテーマにした新聞を対象とした2017年度「ジュニア・シッピング・ジャーナリスト賞」の中学生・高校生部門で、...

日高報知新聞

子どもたちの安全に!

【日高】日高町危険物安全協会は19日、児童が不審者に遭遇した時に役立つ「緊急ホイッスルライト」を町内5校の全小学校児童594人分を寄贈した。  町教委教育長室を訪れた沢元彦安全協会長は「子どもたち...