北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

平昌五輪開幕 十勝から 声援届け PV設置【帯広】

 9日に開幕した平昌冬季五輪の競技を大型スクリーンで観戦するパブリックビューイング(PV)が、10日から十勝管内でも始まった。帯広市内では市教委が市役所1階に特設会場を設置した他、NHK帯広放送局でも競技をスーパーハイビジョンで観戦できる。選手の出身地の清水、幕別両町でも10日午後からPVが始まり、十勝ゆかりの選手たちに地元から熱い声援が送られる。

VRも楽しめるNHKのPV会場。運営スタッフも「ぜひ来場して」と呼び掛けている(10日午前10時15分ごろ)

 市内のNHKのPV会場には10日朝、帯広市の栂瀬文男さん(80)が「オリンピックの開幕を心待ちにしていた」と一番乗り。クリアな映像が楽しめる大画面を前に、「迫力のある映像が見られるのでうれしい。ジャンプ競技が好きなので、期間中は通い詰めたい」と笑顔を見せた。

 市内両会場には、スピードスケートなどオリンピックの4種目を最新のVR(仮想現実)で体験できる「NHKウインタースポーツVR」も設置。会場ごとに体験できる競技が異なり、NHKでスキーモーグルとスキージャンプ、市役所でボブスレーとスピードスケートが体験できる。会場を運営するスタッフも「ぜひ来場して、五輪を満喫して」と呼び掛けている。

 PVは25日まで。NHK会場は午前10時~午後6時(休日は午後5時まで)。市役所は午前9時~午後7時(土日祝は午前10時~午後5時)で、帯広出身選手が出場する時間は時間外も臨時開場する。

 PVは大会中、幕別町百年記念ホールと清水町の御影公民館でも行われる。10日は幕別は高木美帆選手が出場するスピードスケート女子3000メートル、清水は十勝3選手が代表のアイスホッケー(IH)女子の初戦が観戦できる。NHKウインタースポーツVRは、幕別会場でも体験できる。

 いよいよ開幕した冬季五輪に、選手の地元でも期待が高まっている。

 IH女子代表の小野祥子、近藤真衣両選手の地元・清水町のNPO法人清水町アイスホッケー協会代表理事の水津栄次郎さん(67)は9日夜の開会式をテレビ観戦。両選手の姿は確認できなかったが、「オリンピック独特の緊張感が伝わってきた。いよいよ試合が始まるなと実感した」と期待を高める。

 同町からの冬季五輪出場は初めてで、「やっとアイスホッケーの道が開けた。町のチビッコ選手たちにとって、2人の存在は将来の目標になる。次世代を背負う子どもたちのためにも、大舞台で活躍する姿を見せてほしい」と願っている。

関連記事

日高報知新聞

静内産ミニトマト出荷開始【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協の選果場=静内木場町=で静内産ミニトマト「太陽の瞳」の出荷が始まった。昨年の生産販売額は過去最高の約9億8500万円となり、関係者はハウス被害の影響があるものの、昨年同様の...

日高報知新聞

旬のウニに約2千500人【様似】

【様似】春ウニを味わう「第9回さまにウニまつり」が20日、本町3のエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の青空のもと、札幌、帯広ナンバーなど含む町内外から約2500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類...

苫小牧民報

よこすかカレーフェスでグランプリ とまこまいカレーラーメン振興局

 19、20両日に神奈川県横須賀市で開かれた全国ご当地カレーのイベント・よこすかカレーフェスティバルで、苫小牧市内の飲食店主らでつくるとまこまいカレーラーメン振興局の「みそカレーラーメン」がグラ...

苫小牧民報

200メートル煙突、44年ぶり大改修 王子製紙苫小牧工場

 苫小牧市のシンボルの一つである王子製紙苫小牧工場の200メートル煙突が、1974年の設置以来初めての大規模改修を行っている。煙突の中腹に円形のゴンドラが設置され、専門業者による作業が着々と進む...

苫小牧民報

「むかわ竜」の名称再考を 穂別出身者の会が近く要望書

 むかわ町穂別地区で見つかり、日本の恐竜研究史上で最大級の発見とされるハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石の通称「むかわ竜」について、穂別出身者などでつくる町外の団体が名称の再考を求めて同町に要望...