北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

雪質日本一フェス開幕【名寄】

歓声を響かせ滑り台を楽しむ子どもたち

 第66回なよろ雪質日本一フェスティバルが10日に市内南広場を会場に開幕。陸上自衛隊第4高射特科群制作による大雪像「ミニオンズ」と共に設置された雪の滑り台では、多くの子どもたちが歓声を響かせながら楽しむ様子が見られている。また、国内外からのチームや市民が制作した雪像作品が会場を飾っている他、市内外のグルメが味わえる「星☆きれいな南市場」も盛況で、多くの地域住民や観光客が名寄の冬を満喫している。

 同フェスティバル実行委員会(委員長・吉田肇なよろ観光まちづくり協会長)の主催で、12日まで3日間の日程で開催。オープニングセレモニーで、大雪像制作に当った自衛隊第4高射特科群の木村顕継群長から加藤剛士市長、吉田実行委員長に大雪像が引き渡され、開幕を記念してテープカットが行われた。引き続き、パンまきが行われ、多くの来場者でにぎわった。

 雪フェスのシンボルともなる大雪像は、人気キャラクターのミニオンズで、訪れた子どもたちは「ミニオンだ~!」と大喜び。人気ナンバーワンの滑り台は、氷滑り台、チューブ滑り台を用意。自衛隊員が周囲の安全に気を配る中、子どもたちが次々と滑り降りる光景。スピード感あふれる滑りを体験し、子どもたちは「楽しい」「もう一回」などと満面の笑顔を浮かべ歓声を響かせている。

 市内外のグルメ屋台が並ぶ「星☆きれいな南市場」も開設。うどん、ラーメン、焼きそば、肉まん、フライドポテト、カレー、豚汁などをおいしそうに体を温める来場者の姿が見られた。

 雪フェス期間中は各種イベントで盛り上がる。主なイベントをみると、11日は「お笑いステージショー」が、午後1時半と同4時から開催。人気芸人の「あばれる君」「U字工事」「ラフ→チケット」のステージを楽しむ。また、同日午後2時半からは「子ども餅つき&餅まき」も予定されている。最終日の12日は、午前11時から名寄青年会議所による「第2回全日本雪上5色綱引き大会」。優勝賞金15万円を懸けて熱戦が展開される。

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...