北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

旧公会堂活用へアイデア続々 函館の未来考えるワークショップ【函館】

 「函館の未来を考えるワークショップ」(函館コミュニティプラザGスクエア主催)が10日に開かれた。学生や一般など市民約20人が参加、国の重要文化財に指定されている旧函館区公会堂の活用方法や函館の将来像などを議論した。  公会堂は1910(明治43)年に完成。第1部では現地での見学会で、参加者は公会堂の歴史や、優れた意匠の建物や家具などからみられる当時の西洋の建築技術を取り入れようとする職人らの気風に触れた。  第2部はGスクエアに会場を移し、2グループに分かれて公会堂の活用方法を検討。現在では主に観光客向けの施設となっており、市民にとってなじみが薄れていることから「観光客のための施設から、市民が誇れる施設に」などをテーマにアイデアを出し合った。  議論では、公会堂のホールなどを利用し、市民が日常的に利用できるカフェやレストラン、サロン、図書室としての活用や、ロマンあふれる雰囲気を生かした結婚式やビアガーデンの開催など、参加者同士で自由に意見を交わしグループごとに発表した。  アドバイザーを務めた北大の西山徳明観光学高等研究センター長は「重要文化財は『保存・管理』から『保存・活用』へと法律や考え方が変わりつつある。今のルールではできないことも市民が望むことで変わるかもしれない」と述べ、乃村工藝社(東京)の渡辺創プランニング統括部企画三部部長は「公会堂が(保存していくだけではなく)なくなってしまった函館の文化を掘り起こし、産業につながっていく場になれば」などと講評した。  参加した道教育大函館校2年の松宮亮さん(20)は「今まで公会堂と市民は離れた関係だったが、ワークショップを通じて身近に感じることができた」と話していた。

旧公会堂の活用方法を探るため現地を見学するワークショップ参加者ら

関連記事

十勝毎日新聞

ロケット不具合対策完了 IST【大樹】

 ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は24日、町浜大樹の実験場で、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げリハーサルを成功させ、前回延期の原因となった不...

十勝毎日新聞

スモモワイン今年も 甘さと酸味の2種【更別】

 さらべつ産業振興公社(三好光幸社長)は昨年に続き、今年も村特産品のスモモの実を使ったワインを発売した。道の駅さらべつで扱っている。  発売したのは甘さを生かした「村民ワインすもも」(糖度26...

十勝毎日新聞

書院造り住居を民泊に 儀間さん夫妻【足寄】

 足寄町の地域おこし協力隊として昨年着任した儀間雅真さん(31)が、妻芙沙子さん(31)とともに「民泊」事業を始める。建物は築35年の書院造り。住宅街の中にひときわ異彩を放つ“隠れ家”的な宿となり...

函館新聞

伊藤若冲の美、西陣織で再現 道内初展示【函館】

 江戸時代中期に活躍した画家、伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716~1800)が制作した代表作「釈迦三尊像」や「動植綵絵(さいえ)」など計33点を京都府の伝統工芸「西陣織」で再現した作品を展示する...

函館新聞

「密苗」普及の動き 米作りコスト減・省力化に期待【北斗】

 【北斗】農業分野で農家戸数の減少や後継者不足が課題となっている中、水稲栽培の低コスト・省力化を図る技術「密苗(みつなえ)」が、近年注目を集めている。従来の技術と比べ、ほぼ同じ管理方法で育苗箱マ...