北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

旧公会堂活用へアイデア続々 函館の未来考えるワークショップ【函館】

 「函館の未来を考えるワークショップ」(函館コミュニティプラザGスクエア主催)が10日に開かれた。学生や一般など市民約20人が参加、国の重要文化財に指定されている旧函館区公会堂の活用方法や函館の将来像などを議論した。  公会堂は1910(明治43)年に完成。第1部では現地での見学会で、参加者は公会堂の歴史や、優れた意匠の建物や家具などからみられる当時の西洋の建築技術を取り入れようとする職人らの気風に触れた。  第2部はGスクエアに会場を移し、2グループに分かれて公会堂の活用方法を検討。現在では主に観光客向けの施設となっており、市民にとってなじみが薄れていることから「観光客のための施設から、市民が誇れる施設に」などをテーマにアイデアを出し合った。  議論では、公会堂のホールなどを利用し、市民が日常的に利用できるカフェやレストラン、サロン、図書室としての活用や、ロマンあふれる雰囲気を生かした結婚式やビアガーデンの開催など、参加者同士で自由に意見を交わしグループごとに発表した。  アドバイザーを務めた北大の西山徳明観光学高等研究センター長は「重要文化財は『保存・管理』から『保存・活用』へと法律や考え方が変わりつつある。今のルールではできないことも市民が望むことで変わるかもしれない」と述べ、乃村工藝社(東京)の渡辺創プランニング統括部企画三部部長は「公会堂が(保存していくだけではなく)なくなってしまった函館の文化を掘り起こし、産業につながっていく場になれば」などと講評した。  参加した道教育大函館校2年の松宮亮さん(20)は「今まで公会堂と市民は離れた関係だったが、ワークショップを通じて身近に感じることができた」と話していた。

旧公会堂の活用方法を探るため現地を見学するワークショップ参加者ら

関連記事

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...

根室新聞

先人の功績知って―和田屯田記念館 16日まで開放

 道指定有形文化財の和田屯田兵村の被服庫を活用して、屯田兵の歴史を保存している「和田屯田記念館」=西和田568=の一般開放が13日から始まった。今年は状態が悪くなったため新しく印刷した歴代村長の写真...

日高報知新聞

四国の大洲市を支援

【えりも】町は、7月の西日本豪雨による河川氾濫や崖崩れなどで死亡・行方不明30人などの甚大な被害を受けた四国・愛媛県大洲市への義援金を募集している。  町と大洲市とは、平成5年にえりも凧の会(坂田...

日高報知新聞

盛況の浦河港まつり

 浦河町の「第56回浦河港まつり」(実行委主催)が11、12の両日、浦河町築地2の役場裏特設会場で行われた。町内外から2日間で2万人が来場し、夏のイベントを楽しんだ。  11日は曇り空で午前11時の出店ま...