北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

熱帯植物園で松前神楽【函館】

 

重要無形民俗文化財に指定が決まった松前神楽などで楽しませた熱帯植物園の春祭り

 第14回熱帯植物園春祭り「春よ来い!」(NPO法人函館エコロジークラブ主催)が11日、函館市熱帯植物園で開かれた。市民をはじめ、サル山の温泉目当てに多くの外国人客も来場する中、国の重要無形民俗文化財に指定される見通しとなった「松前神楽」や函館巴太鼓ジュニアの子どもたちによる力強い演奏などを楽しんだ。

 松前神楽は1月に文化審議会が無形文化財に指定するよう答申した。同イベントに毎年出演している松前神楽函館連合保存会(大橋東城会長)からこの日は9人が参加。大橋会長は「3月に国指定の文化財となるが、これからも地域に根ざした神楽として愛されるように各地で披露したい」とあいさつした。

 この日は、雌雄の鳥の冠をかぶり、五穀豊穣を願う「二羽散米舞(にわさごまい)」や「千歳(せんざい)」などを披露。獅子舞では会場に飛び込み、来場者の頭をかみ歩き、中には全力で泣き叫ぶ子どもの姿も。外国人観光客らも熱心に動画を撮影するなど、地域の伝統文化に関心を持った様子だった。

 このほか、巴太鼓は息の合った演奏で会場を楽しませ、函館裕人会による三味線演奏も行われた。来場者にはつぼみを膨らませたサクラの剪定(せんてい)枝が配られ、春の息吹を感じながら、イベントを楽しんでいた。

関連記事

十勝毎日新聞

ロケット不具合対策完了 IST【大樹】

 ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は24日、町浜大樹の実験場で、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げリハーサルを成功させ、前回延期の原因となった不...

十勝毎日新聞

スモモワイン今年も 甘さと酸味の2種【更別】

 さらべつ産業振興公社(三好光幸社長)は昨年に続き、今年も村特産品のスモモの実を使ったワインを発売した。道の駅さらべつで扱っている。  発売したのは甘さを生かした「村民ワインすもも」(糖度26...

十勝毎日新聞

書院造り住居を民泊に 儀間さん夫妻【足寄】

 足寄町の地域おこし協力隊として昨年着任した儀間雅真さん(31)が、妻芙沙子さん(31)とともに「民泊」事業を始める。建物は築35年の書院造り。住宅街の中にひときわ異彩を放つ“隠れ家”的な宿となり...

函館新聞

伊藤若冲の美、西陣織で再現 道内初展示【函館】

 江戸時代中期に活躍した画家、伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716~1800)が制作した代表作「釈迦三尊像」や「動植綵絵(さいえ)」など計33点を京都府の伝統工芸「西陣織」で再現した作品を展示する...

函館新聞

「密苗」普及の動き 米作りコスト減・省力化に期待【北斗】

 【北斗】農業分野で農家戸数の減少や後継者不足が課題となっている中、水稲栽培の低コスト・省力化を図る技術「密苗(みつなえ)」が、近年注目を集めている。従来の技術と比べ、ほぼ同じ管理方法で育苗箱マ...