北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

鍋や丼など道南のグルメが集結、フードフェスタ詳細決まる

「はこだてフードフェスタ」をPRするポスター

 24、25の両日、函館アリーナ(湯川町1)で開かれるグルメイベント「はこだてフードフェスタ」の詳細が決まった。地元の具材を使った鍋や丼、すしを提供する「テーマゾーン」、パンやスイーツが並ぶ「マルシェゾーン」など主に4つのエリアで構成し、60のブースを設置。シェフが目の前で調理した料理を味わう試食会やステージイベントなどもあり、多彩な企画で道南の食の魅力を発信する。  市や函館商工会議所などでつくる実行委の主催。昨年同時期に開催した「美食フェスタ」の内容を一新し、親子で楽しめる料理や温かいメニューを充実させた。  テーマゾーンは、ブランド米「ふっくりんこ」などの上に好みの海鮮や牛肉をのせて味わう「函館お好みどんぶり」、ごっこ汁とくじら汁を提供する「あったか鍋」など10ブース。子供向けのカレーを提供するコーナーや多彩なアルコールを並べるバー、函館市内の3校が考案したメニューを並べる「学生レストラン・学生マルシェ」もある。  アラカルトゾーンは19のブースで構成。イカ焼きそばやザンギ、昆布パウダーを使った肉料理など、道南の飲食店が自慢の料理を提供する。9ブースが並ぶマルシェゾーンには和洋菓子のほか、コッペパンサンド、道南産の大粒大豆「たまふくら」を使った豆腐など限定商品を販売する。  キッチンステ―ジでは、市内のシェフが豚のロース肉を柔らかく仕上げる低温調理法などを紹介。牛フィレ肉とフォアグラ、トリュフを組み合わせた料理の実演、試食会などもある。  メインステージでは、ダンスやライブなどを展開して盛り上げるほか、会場では子育て中の母親などを対象とした「ママズパーティー」を同時開催。ワークショップや雑貨販売などを行う。  開催時間は24日が午前11時~午後8時、25日が午前10時~午後4時。各日先着100人に「函館夜景クッキーレクラ813」を進呈。オープニング企画として、24日は阿佐利本店の「すき焼弁当」と冨茂登の「松花堂弁当」、25日はかき小屋知内番屋の「牡蠣飯弁当特盛」を数量限定で販売する。  市経済部経済企画課は「幅広い世代に楽しでもらえるメニューをそろえたので、ぜひ足を運んでほしい」とPRしている。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...