北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

鍋や丼など道南のグルメが集結、フードフェスタ詳細決まる

「はこだてフードフェスタ」をPRするポスター

 24、25の両日、函館アリーナ(湯川町1)で開かれるグルメイベント「はこだてフードフェスタ」の詳細が決まった。地元の具材を使った鍋や丼、すしを提供する「テーマゾーン」、パンやスイーツが並ぶ「マルシェゾーン」など主に4つのエリアで構成し、60のブースを設置。シェフが目の前で調理した料理を味わう試食会やステージイベントなどもあり、多彩な企画で道南の食の魅力を発信する。  市や函館商工会議所などでつくる実行委の主催。昨年同時期に開催した「美食フェスタ」の内容を一新し、親子で楽しめる料理や温かいメニューを充実させた。  テーマゾーンは、ブランド米「ふっくりんこ」などの上に好みの海鮮や牛肉をのせて味わう「函館お好みどんぶり」、ごっこ汁とくじら汁を提供する「あったか鍋」など10ブース。子供向けのカレーを提供するコーナーや多彩なアルコールを並べるバー、函館市内の3校が考案したメニューを並べる「学生レストラン・学生マルシェ」もある。  アラカルトゾーンは19のブースで構成。イカ焼きそばやザンギ、昆布パウダーを使った肉料理など、道南の飲食店が自慢の料理を提供する。9ブースが並ぶマルシェゾーンには和洋菓子のほか、コッペパンサンド、道南産の大粒大豆「たまふくら」を使った豆腐など限定商品を販売する。  キッチンステ―ジでは、市内のシェフが豚のロース肉を柔らかく仕上げる低温調理法などを紹介。牛フィレ肉とフォアグラ、トリュフを組み合わせた料理の実演、試食会などもある。  メインステージでは、ダンスやライブなどを展開して盛り上げるほか、会場では子育て中の母親などを対象とした「ママズパーティー」を同時開催。ワークショップや雑貨販売などを行う。  開催時間は24日が午前11時~午後8時、25日が午前10時~午後4時。各日先着100人に「函館夜景クッキーレクラ813」を進呈。オープニング企画として、24日は阿佐利本店の「すき焼弁当」と冨茂登の「松花堂弁当」、25日はかき小屋知内番屋の「牡蠣飯弁当特盛」を数量限定で販売する。  市経済部経済企画課は「幅広い世代に楽しでもらえるメニューをそろえたので、ぜひ足を運んでほしい」とPRしている。

関連記事

日高報知新聞

静内産ミニトマト出荷開始【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協の選果場=静内木場町=で静内産ミニトマト「太陽の瞳」の出荷が始まった。昨年の生産販売額は過去最高の約9億8500万円となり、関係者はハウス被害の影響があるものの、昨年同様の...

日高報知新聞

旬のウニに約2千500人【様似】

【様似】春ウニを味わう「第9回さまにウニまつり」が20日、本町3のエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の青空のもと、札幌、帯広ナンバーなど含む町内外から約2500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類...

苫小牧民報

よこすかカレーフェスでグランプリ とまこまいカレーラーメン振興局

 19、20両日に神奈川県横須賀市で開かれた全国ご当地カレーのイベント・よこすかカレーフェスティバルで、苫小牧市内の飲食店主らでつくるとまこまいカレーラーメン振興局の「みそカレーラーメン」がグラ...

苫小牧民報

200メートル煙突、44年ぶり大改修 王子製紙苫小牧工場

 苫小牧市のシンボルの一つである王子製紙苫小牧工場の200メートル煙突が、1974年の設置以来初めての大規模改修を行っている。煙突の中腹に円形のゴンドラが設置され、専門業者による作業が着々と進む...

苫小牧民報

「むかわ竜」の名称再考を 穂別出身者の会が近く要望書

 むかわ町穂別地区で見つかり、日本の恐竜研究史上で最大級の発見とされるハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石の通称「むかわ竜」について、穂別出身者などでつくる町外の団体が名称の再考を求めて同町に要望...