北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

鍋や丼など道南のグルメが集結、フードフェスタ詳細決まる

「はこだてフードフェスタ」をPRするポスター

 24、25の両日、函館アリーナ(湯川町1)で開かれるグルメイベント「はこだてフードフェスタ」の詳細が決まった。地元の具材を使った鍋や丼、すしを提供する「テーマゾーン」、パンやスイーツが並ぶ「マルシェゾーン」など主に4つのエリアで構成し、60のブースを設置。シェフが目の前で調理した料理を味わう試食会やステージイベントなどもあり、多彩な企画で道南の食の魅力を発信する。  市や函館商工会議所などでつくる実行委の主催。昨年同時期に開催した「美食フェスタ」の内容を一新し、親子で楽しめる料理や温かいメニューを充実させた。  テーマゾーンは、ブランド米「ふっくりんこ」などの上に好みの海鮮や牛肉をのせて味わう「函館お好みどんぶり」、ごっこ汁とくじら汁を提供する「あったか鍋」など10ブース。子供向けのカレーを提供するコーナーや多彩なアルコールを並べるバー、函館市内の3校が考案したメニューを並べる「学生レストラン・学生マルシェ」もある。  アラカルトゾーンは19のブースで構成。イカ焼きそばやザンギ、昆布パウダーを使った肉料理など、道南の飲食店が自慢の料理を提供する。9ブースが並ぶマルシェゾーンには和洋菓子のほか、コッペパンサンド、道南産の大粒大豆「たまふくら」を使った豆腐など限定商品を販売する。  キッチンステ―ジでは、市内のシェフが豚のロース肉を柔らかく仕上げる低温調理法などを紹介。牛フィレ肉とフォアグラ、トリュフを組み合わせた料理の実演、試食会などもある。  メインステージでは、ダンスやライブなどを展開して盛り上げるほか、会場では子育て中の母親などを対象とした「ママズパーティー」を同時開催。ワークショップや雑貨販売などを行う。  開催時間は24日が午前11時~午後8時、25日が午前10時~午後4時。各日先着100人に「函館夜景クッキーレクラ813」を進呈。オープニング企画として、24日は阿佐利本店の「すき焼弁当」と冨茂登の「松花堂弁当」、25日はかき小屋知内番屋の「牡蠣飯弁当特盛」を数量限定で販売する。  市経済部経済企画課は「幅広い世代に楽しでもらえるメニューをそろえたので、ぜひ足を運んでほしい」とPRしている。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...