北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

美しい火文字が夜彩る・北の天文字焼き【名寄】

多くの地域住民らを楽しませた北の天文字焼きと花火

 「北の天文字焼き2018」が同実行委員会(横澤博実行委員長)の主催で、10日午後6時から名寄市旭東の通称「太陽の丘」で点火。美しい火文字が名寄の夜を彩り、多くの地域住民を楽しませた。また、西條名寄店屋上では「見る集い」も開催され、市民や観光客らが赤々と燃える天文字や花火を眺めながら、冬の楽しいひとときを過ごした。

 北の天文字焼きは、平成26年2月の復活から今年で5度目。昨年は「アウトドア・バーナーを使用した最大の炎のイメージ」として、ギネス世界記録に認定され、世界一の火祭りを一目見ようと、国内外から観光客が訪れた。

 今年も市民有志による実行委員会をはじめ、自衛隊や市内事業所・団体などの支援で拡大実行委員会を組織し、ドラム缶を設置するなど準備を進めてきた。

 太陽の丘では午後6時になると、実行委員や観光客など点火プレゼンターなど約100人がタイマツリレーを開始。点火開始から20分後には、ドラム缶約270個に火が行き渡り、縦220メートル、横150メートルの巨大な天文字が太陽の丘に浮かび上がった。

 火文字の完成に合わせ、名寄川河川敷から花火が打ち上げられ、純白の雪原に赤々と燃える天文字と、夜空に咲かせた火花が美しく彩った。

 西條名寄店屋上での「見る集い」は、午後5時にスタート。グルメ屋台も出店され、遠くに望む天文字を眺めながら味わう来場者の姿が見られた他、名寄太鼓保存会による力強い太鼓演奏に拍手を送ったりと来場者は思い思いの時間を過ごしていた。また、今年は東5南4に写真撮影スポットが新設。多くの写真愛好家がシャッターを切る音を響かせていた。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...