北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

2月23日「工場夜景の日」に空撮ライブ【室蘭】

ドローンで空撮した映像をゴーグル内に映し出すVRのテストをする室蘭観光推進連絡会議メンバー

 今月23日の「工場夜景の日」に全国10都市で記念イベントが同時開催される。室蘭市では無人航空機・ドローンを使い、工場夜景を空撮。道の駅みたらラウンジの大型スクリーンに映し出すドローンライブの初実施を決めた。

 室蘭観光推進連絡会議が主催。ドローンライブは、空から見る工場夜景と銘打ち室蘭港の夜景を空撮。みたらに設置する150インチのスクリーンに投影する。ドローンパイロットのLANの山口雄平代表取締役が国土交通省の許可を得て撮影。荒天時は事前撮影した空撮動画を放映する。ネット中継も検討している。

 専用のゴーグルを使ったバーチャルリアリティー(VR、仮想現実)の実演も人数限定で行う。実施に向け1月からテストを重ねており、ゴーグルを着けると顔を向けた方向にドローンのカメラが向き、その場にいるような臨場感と夜空を飛んでいるような体験ができる。

 当日は午後5時半から。FMびゅーで工場夜景の特徴や楽しみ方、全国の工場夜景都市を紹介する特別番組も放送する。17日から25日まで、撮りフェス応募作品の中から、夜景写真などをみたらに展示する。

 他都市の取り組みは、三重県四日市市ではコンビナート夜景クルーズ、山口県周南市では工場夜景スポットをバスで巡るなどツアーが主体。室蘭観光推進連絡会議は「新しい景観の見せ方と、より広く室蘭を知ってもらえるよう、ドローンやラジオによる発信を考えた」といい、多数の来場を呼び掛けている。

 工場夜景の日は第1回全国工場夜景サミットが2013年2月23日に神奈川県川崎市で開かれたことに由来。日本記念日協会の認定を受けている。

関連記事

室蘭民報

洞爺湖マラソンで6700人が絶景を楽しみ疾走【洞爺湖】

 第44回洞爺湖マラソン2018が20日、洞爺湖温泉街を発着点とするコースであり、フルマラソンをはじめ、10キロ、5キロ、2キロの各コースにエントリーした約6700人が絶景を楽しみながら駆け抜...

室蘭民報

新鮮な海の幸に列、いぶり中央漁業青年部が朝市【登別】

 登別の水産物の良さを知ってもらいたい―。いぶり中央漁業協同組合の登別青年部(宮下裕次部長、15人)の朝市が20日、登別東町のJR登別駅前で始まった。初日は旬のナンバンエビなどを格安で販売し、新...

室蘭民報

わしべつ川沿いまつりで桜も笑顔も満開【室蘭】

 第18回わしべつ川沿い桜まつり(同実行委員会主催)が20日、室蘭市高砂町の高砂3丁目公園で開催され、訪れた市民が青空の下、よさこいソーランやビンゴゲーム大会、日本舞踊などを楽しんだ。  あ...

函館新聞

19、20日に箱館五稜郭祭【函館】

 戊辰戦争最後の激戦地、箱館・五稜郭を舞台に、戦没者の追悼と歴史を後世へと伝えるイベント「第49回箱館五稜郭祭」(協賛会主催)が19、20の両日、函館市内で開かれる。恒例の土方歳三コンテス...

室蘭民報

登別駅前で20日に漁協青年部の朝市開催【登別】

 いぶり中央漁業協同組合登別青年部(宮下裕次部長)主催の朝市が今年もJR登別駅前で開催される。第1回は20日。旬のナンバンエビやカレイ類の販売を予定しており、地元で捕れる海産物を市民らにPRす...