北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

伊達産の越冬タマネギ名称「えったま333」に決定【伊達】

今季出荷分から「えったま333」として世に送り出す、伊達市越冬たまねぎ研究会の堀篭会長(左)ら=春まきタマネギの選果作業、昨年秋

 秋まきタマネギの生産農家でつくる、伊達市越冬たまねぎ栽培研究会(堀篭司会長)が公募した統一ブランドの名称が「えったま333(さんさんさん)」に決まった。6月下旬の出荷から使用し、産地化を推し進める。

 生産農家が事前に考えた候補10点を一般や流通などの業界関係者ら1551人が5段階評価で投票し、上位得票5点の中から「えったま」に絞り込んだ。種まきから収穫まで11カ月もかかる、ほかの産地にはまねのできない長期栽培を強調しようと、月数(11カ月)を日数にした「333」を付けて最終決定した。伊達産タマネギの特色を消費者に印象付け、他産地との差別化を狙っている。

 道産タマネギは、春に種をまいて秋に収穫する「春まき」が主流。これに対し、伊達産の越冬タマネギは初秋に種を直(じか)まきする「秋まき」。冬場でも温暖な気候と火山灰質で排水性の良い土壌を生かし、道内の産地で唯一、採用している。

 伊達産の越冬タマネギは冬の間、雪の下で育つ。寒さから身を守ろうとするため糖度が増すという。専門機関の分析によると、糖度は平均値と比べ2・3%高い。栄養価にも優れビタミンCの含有量は平均値と比べ約1・3倍、抗酸化力は同約1・9倍と、甘くておいしいタマネギに仕上げている。

 道外産の秋まきと、道内産の春まき早出しの端境期に当たる6月~8月上旬に出荷し、道内産で最初に出回るタマネギとして知られている。

 市内の越冬タマネギ生産は、西関内地区の農家が1997年(平成9年)に栽培を本格化させた。20周年を迎えた昨年秋、販路拡大を目指し、ネーミング総選挙を実施した。同研究会は「新たな名称が決まり、これからが真のスタート。ブランド化を進め、さらなる販売拡大を目指したい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

静内産ミニトマト出荷開始【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協の選果場=静内木場町=で静内産ミニトマト「太陽の瞳」の出荷が始まった。昨年の生産販売額は過去最高の約9億8500万円となり、関係者はハウス被害の影響があるものの、昨年同様の...

日高報知新聞

旬のウニに約2千500人【様似】

【様似】春ウニを味わう「第9回さまにウニまつり」が20日、本町3のエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の青空のもと、札幌、帯広ナンバーなど含む町内外から約2500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類...

苫小牧民報

よこすかカレーフェスでグランプリ とまこまいカレーラーメン振興局

 19、20両日に神奈川県横須賀市で開かれた全国ご当地カレーのイベント・よこすかカレーフェスティバルで、苫小牧市内の飲食店主らでつくるとまこまいカレーラーメン振興局の「みそカレーラーメン」がグラ...

苫小牧民報

200メートル煙突、44年ぶり大改修 王子製紙苫小牧工場

 苫小牧市のシンボルの一つである王子製紙苫小牧工場の200メートル煙突が、1974年の設置以来初めての大規模改修を行っている。煙突の中腹に円形のゴンドラが設置され、専門業者による作業が着々と進む...

苫小牧民報

「むかわ竜」の名称再考を 穂別出身者の会が近く要望書

 むかわ町穂別地区で見つかり、日本の恐竜研究史上で最大級の発見とされるハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石の通称「むかわ竜」について、穂別出身者などでつくる町外の団体が名称の再考を求めて同町に要望...