北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「かぼちゃ大福」人気 あんに新品種使用【音更】

 音更町内のスーパーハピオ木野(石田晴久店長)で町産の冬至向けカボチャをあんに使った「かぼちゃ大福」が販売され、人気商品となっている。冬至向けカボチャはJA木野(清都善章組合長)が今年度から出荷を本格化させており、同店では「音更産野菜の新たなブランドにしたい」とPRしている。

「かぼちゃ大福」を手にする生産者の関根さん(左)とハピオ木野の鳥海部長

 カボチャは「蔵の匠(たくみ)」と呼ばれる冬至向けの新品種。同JAが2016年に試験栽培を開始、17年には5戸が約1.6ヘクタールで栽培した。今季に店内や帯広、関東の市場に出荷したところ、引き合いが相次いだ。

 冬至に使うカボチャの多くは国内の暖かい地域産か外国産が多く、道内産は年の瀬にかけて品薄になる。

 ハピオでは「地元産にこだわる店として、冬至向けカボチャを広くPRしたい」(鳥海正行生活事業部長)として、かぼちゃ大福を販売することにした。

 小豆あんに町産冬至カボチャを練り込んだ特製のあんで、製造は札幌の製あん業者に依頼。1月下旬から1個130円で販売を始めたところ、買い求める客が多く、「反響は上々」(鳥海部長)という。同店ではこれまで、町産光黒大豆を使った「黒豆大福」と中札内産枝豆を使った「枝豆大福」を販売しており、大福シリーズの第3弾。

 あんの素材を提供している関根拓治さん(33)=町下士幌北2線、JA木野青年部書記=は今年度、「蔵の匠」を0.6ヘクタール栽培し、約10トンを収穫。「9月中旬に収穫後、11月末の出荷まで、ビニールハウスの中で換気しながら貯蔵すると糖度が増す。糖度は18度前後と一般の品種に比べ高く、皮も軟らかい。ホクホクとした食感で色味も良い」とPR。鳥海部長も「多くの町民に音更でも冬至カボチャを生産していることを知ってもらいたい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

静内産ミニトマト出荷開始【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協の選果場=静内木場町=で静内産ミニトマト「太陽の瞳」の出荷が始まった。昨年の生産販売額は過去最高の約9億8500万円となり、関係者はハウス被害の影響があるものの、昨年同様の...

日高報知新聞

旬のウニに約2千500人【様似】

【様似】春ウニを味わう「第9回さまにウニまつり」が20日、本町3のエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の青空のもと、札幌、帯広ナンバーなど含む町内外から約2500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類...

苫小牧民報

よこすかカレーフェスでグランプリ とまこまいカレーラーメン振興局

 19、20両日に神奈川県横須賀市で開かれた全国ご当地カレーのイベント・よこすかカレーフェスティバルで、苫小牧市内の飲食店主らでつくるとまこまいカレーラーメン振興局の「みそカレーラーメン」がグラ...

苫小牧民報

200メートル煙突、44年ぶり大改修 王子製紙苫小牧工場

 苫小牧市のシンボルの一つである王子製紙苫小牧工場の200メートル煙突が、1974年の設置以来初めての大規模改修を行っている。煙突の中腹に円形のゴンドラが設置され、専門業者による作業が着々と進む...

苫小牧民報

「むかわ竜」の名称再考を 穂別出身者の会が近く要望書

 むかわ町穂別地区で見つかり、日本の恐竜研究史上で最大級の発見とされるハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石の通称「むかわ竜」について、穂別出身者などでつくる町外の団体が名称の再考を求めて同町に要望...