北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

静内3種馬場で展示会

【新ひだか】サラブレッドの種牡馬展示会が13日、二十間道路桜並木沿いの3種馬場で開かれた。生産者や関係者が大勢詰め掛けて種牡馬に熱い視線を送り、種馬場では血統背景や現役時代の実績などセールスポイントをアピールした。

 日本軽種馬協会静内種馬場(9頭けい養)は、今シーズンのみのリースで、すでに満口となっている新種牡馬ザファクター(父ウォーフロント)をはじめ、昨年のニュージーランド年度代表馬を輩出したマクフィ(父ドバウィ)、産駒が高値で取り引きされているケープブランコ(父ガリレオ)などを展示。

新しい血統として期待を集めるザファクター=日本軽種馬協会静内種馬場=

 同種馬場では種付頭数確保のため、今年から供用開始4年以内の種牡馬を対象に、同一所有者が同一種牡馬を3頭種付した場合、当該同一種牡馬の無償種付権利1頭分を贈呈するキャンペーンを実施している。

 アロースタッド(38頭けい養)では、静内産の皐月賞馬ディーマジェスティ(父ディープインパクト)をはじめ、ダービー馬ワンアンドオンリー(父ハーツクライ)、高松宮記念優勝のビッグアーサー(父サクラバクシンオー)、UAEダービー優勝のラニ(父タピット)など新種牡馬8頭などに注目が集まった。  ディーマジェスティの二ノ宮敬宇調教師から送られたメッセージなども披露されるなど、関係者が各馬の現役時代の魅力や種牡馬としての可能性をPRした。

ディープインパクトの後継として注目のディーマジェスティ=アロースタッド=

 レックススタッド(21頭けい養)は、供用2年目で海外GⅠ2勝のエイシンヒカリ(父ディープインパクト)や管内種馬場で最高額となる600万円の種付料を誇る看板種牡馬スクリーンヒーロー(父グラスワンダー)などを展示。

供用2年目も人気を集めるエイシンヒカリ=レックススタッド=

 新入きゅう馬として4年連続で種付け頭数が100頭を超えるスマートファルコン(父ゴールドアリュール)、種牡馬としても実績十分のタニノギムレット(父ブライアンズタイム)、ネオユニヴァース(父サンデーサイレンス)にも熱い視線が送られた。

関連記事

日高報知新聞

静内産ミニトマト出荷開始【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協の選果場=静内木場町=で静内産ミニトマト「太陽の瞳」の出荷が始まった。昨年の生産販売額は過去最高の約9億8500万円となり、関係者はハウス被害の影響があるものの、昨年同様の...

日高報知新聞

旬のウニに約2千500人【様似】

【様似】春ウニを味わう「第9回さまにウニまつり」が20日、本町3のエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の青空のもと、札幌、帯広ナンバーなど含む町内外から約2500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類...

苫小牧民報

よこすかカレーフェスでグランプリ とまこまいカレーラーメン振興局

 19、20両日に神奈川県横須賀市で開かれた全国ご当地カレーのイベント・よこすかカレーフェスティバルで、苫小牧市内の飲食店主らでつくるとまこまいカレーラーメン振興局の「みそカレーラーメン」がグラ...

苫小牧民報

200メートル煙突、44年ぶり大改修 王子製紙苫小牧工場

 苫小牧市のシンボルの一つである王子製紙苫小牧工場の200メートル煙突が、1974年の設置以来初めての大規模改修を行っている。煙突の中腹に円形のゴンドラが設置され、専門業者による作業が着々と進む...

苫小牧民報

「むかわ竜」の名称再考を 穂別出身者の会が近く要望書

 むかわ町穂別地区で見つかり、日本の恐竜研究史上で最大級の発見とされるハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石の通称「むかわ竜」について、穂別出身者などでつくる町外の団体が名称の再考を求めて同町に要望...