北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

静内3種馬場で展示会

【新ひだか】サラブレッドの種牡馬展示会が13日、二十間道路桜並木沿いの3種馬場で開かれた。生産者や関係者が大勢詰め掛けて種牡馬に熱い視線を送り、種馬場では血統背景や現役時代の実績などセールスポイントをアピールした。

 日本軽種馬協会静内種馬場(9頭けい養)は、今シーズンのみのリースで、すでに満口となっている新種牡馬ザファクター(父ウォーフロント)をはじめ、昨年のニュージーランド年度代表馬を輩出したマクフィ(父ドバウィ)、産駒が高値で取り引きされているケープブランコ(父ガリレオ)などを展示。

新しい血統として期待を集めるザファクター=日本軽種馬協会静内種馬場=

 同種馬場では種付頭数確保のため、今年から供用開始4年以内の種牡馬を対象に、同一所有者が同一種牡馬を3頭種付した場合、当該同一種牡馬の無償種付権利1頭分を贈呈するキャンペーンを実施している。

 アロースタッド(38頭けい養)では、静内産の皐月賞馬ディーマジェスティ(父ディープインパクト)をはじめ、ダービー馬ワンアンドオンリー(父ハーツクライ)、高松宮記念優勝のビッグアーサー(父サクラバクシンオー)、UAEダービー優勝のラニ(父タピット)など新種牡馬8頭などに注目が集まった。  ディーマジェスティの二ノ宮敬宇調教師から送られたメッセージなども披露されるなど、関係者が各馬の現役時代の魅力や種牡馬としての可能性をPRした。

ディープインパクトの後継として注目のディーマジェスティ=アロースタッド=

 レックススタッド(21頭けい養)は、供用2年目で海外GⅠ2勝のエイシンヒカリ(父ディープインパクト)や管内種馬場で最高額となる600万円の種付料を誇る看板種牡馬スクリーンヒーロー(父グラスワンダー)などを展示。

供用2年目も人気を集めるエイシンヒカリ=レックススタッド=

 新入きゅう馬として4年連続で種付け頭数が100頭を超えるスマートファルコン(父ゴールドアリュール)、種牡馬としても実績十分のタニノギムレット(父ブライアンズタイム)、ネオユニヴァース(父サンデーサイレンス)にも熱い視線が送られた。

関連記事

室蘭民報

富岸小5年3組の学級新聞が全国最優秀賞【登別】

 登別市富岸小学校(安宅錦也校長、453人)の5年3組が制作した学級新聞「1番星」が第67回全国小・中学校・PTA新聞コンクールの学級新聞部門で最優秀賞を受賞した。クラス全員で制作に取り組んだ...

室蘭民報

室工大のジンギスカン鍋クッキーが四季彩館で発売【室蘭】

 室蘭工業大学(空閑良壽(くがよしかず)学長)公認焼き菓子「ジンギスカン鍋クッキー」が23日から、室蘭市東町のJR東室蘭駅構内の北海道四季彩館東室蘭店で発売された。同店で扱う同大の「鐵(てつ)...

函館新聞

グレート小鹿さん母校で植樹へ 大日本プロレス函館大会に合わせ【函館】

 函館出身で、現役最年長プロレスラーとして知られる大日本プロレスのグレート小鹿会長(75)がこのほど、函館新聞社を訪れた。4月8日に函館総合卸センター流通ホール(西桔梗町589)で開催する函...

函館新聞

函館タクシーが特許取得 タブレット活用で外国人客らとコミュニケーション【..

 函館タクシー(函館市日乃出町、岩塚晃一社長)とIT関連企業のリバーマーケティング(同、小川佳也社長)は、タブレット端末やスマートフォンを活用し、タクシーを利用する外国人や聴覚障害者と、運転...

根室新聞

"ふるさと納税"つなぐ交流に手応え 東京で初の大感謝祭【根室】

 根室市で初となるふるさと納税者に対する大感謝祭が18日、東京都新宿区の京王プラザホテル新宿で開かれた。「2018根室PRプロジェクト in TOKYO」(実行委員長、石垣雅敏副市長)として新宿西口広場イベン...