北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館の累積降雪量過去5番目 市民「雪の置き場所ない」【函館】

道路脇に2メートルを超す雪が積まれ、人や車が見えにくい状況になっている交差点(14日午後3時20分ごろ、豊川町で)

 道南は今冬、寒気が入りやすい状況となり雪の日が多く、函館では累積降雪量(11月1日~2月13日)が425センチとなり、1954年の観測以来5番目の多さとなっている。道路脇に除雪で積まれた雪が2メートル以上となる箇所も多く、人や車にとって視界が悪くなっているほか、「これ以上雪を置く場所がない」と除雪に悲鳴をあげる住民も出ている。

 函館で累積降雪量が最大だったのは1983~84年の496センチ。以下、2011~12年465センチ、05~06年449センチ、09~10年439センチで、今冬は6年ぶりの大雪。11日に大阪から出張で函館に来ていた会社員、前田一佳さん(55)は「何度か冬に来ているが、こんなに交差点に雪の山があるのは初めて見た。安全確認に苦労します」と話していた。

 大雪の要因は、低気圧の接近や、冬型の気圧配置となり上空に強い寒気が入っている影響。また、道南は北西から西にかけての風が入ることが多く、函館地方気象台によると、雪雲が発生しやすい函館で雪が多くなり、累積降雪量の平年比(13日現在)は道南で最も高い156%。北からの風で雪が多くなる長万部は同89%の365センチ。

 2月上旬の平均気温は氷点下1・6度で平年比より1・2度高かったが、11日以降は冷え込みが厳しくなっている。このため硬いわだちとなった路面も多く、でこぼこの影響で市内では車の部品とみられるものが落ちている箇所も。日高管内などでは農業用ビニールハウスの被害が発生しているが、渡島総合振興局によると、管内ではこれまでにないという。

 札幌管区気象台によると、3月上旬ごろまで冬型の気圧配置が平年より強い見込みで、雪に悩む日はまだまだ続く。市内豊川町の主婦(66)は「庭や玄関前など、雪を置く場所はもうない。近隣でトラックを持っている人もいないので市の雪捨て場にもいけない」と困り顔。「西部地区は高齢者が多いので、除雪が辛い人が多いと思う。他都市のように町内の一斉除雪の仕組みがあれば」と話す。

関連記事

室蘭民報

「撮りフェスin室蘭」大賞に地元初の齋藤さん【室蘭】

 室蘭市で行われた24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2018」(7月7、8日、同実行委員会など主催)の受賞作品が14日決まった。大賞には齋藤ますみさん(46)=室蘭市=のイタン...

函館新聞

湯ノ岱駅の窓口カウンター、道南トロッコ鉄道に〝引っ越し〟【木古内、上ノ国】

 【木古内、上ノ国】旧江差線廃線跡で運行する「道南トロッコ鉄道」にこのほど、6月に解体された同線湯ノ岱駅(上ノ国町)の窓口カウンターが移設され、トロッコの切符売り場として活用されている。  ...

函館新聞

「向日葵のかっちゃん」23日に上演 稽古に熱【函館】

 函館在住の作家・西川司さんの自伝小説「向日葵のかっちゃん」(講談社出版)の舞台(実行委主催、函館新聞社など後援)が23日に市芸術ホールで上演されるのを前に、地元の高校生ら主要キャストが稽古の最...

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...