北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館の累積降雪量過去5番目 市民「雪の置き場所ない」【函館】

道路脇に2メートルを超す雪が積まれ、人や車が見えにくい状況になっている交差点(14日午後3時20分ごろ、豊川町で)

 道南は今冬、寒気が入りやすい状況となり雪の日が多く、函館では累積降雪量(11月1日~2月13日)が425センチとなり、1954年の観測以来5番目の多さとなっている。道路脇に除雪で積まれた雪が2メートル以上となる箇所も多く、人や車にとって視界が悪くなっているほか、「これ以上雪を置く場所がない」と除雪に悲鳴をあげる住民も出ている。

 函館で累積降雪量が最大だったのは1983~84年の496センチ。以下、2011~12年465センチ、05~06年449センチ、09~10年439センチで、今冬は6年ぶりの大雪。11日に大阪から出張で函館に来ていた会社員、前田一佳さん(55)は「何度か冬に来ているが、こんなに交差点に雪の山があるのは初めて見た。安全確認に苦労します」と話していた。

 大雪の要因は、低気圧の接近や、冬型の気圧配置となり上空に強い寒気が入っている影響。また、道南は北西から西にかけての風が入ることが多く、函館地方気象台によると、雪雲が発生しやすい函館で雪が多くなり、累積降雪量の平年比(13日現在)は道南で最も高い156%。北からの風で雪が多くなる長万部は同89%の365センチ。

 2月上旬の平均気温は氷点下1・6度で平年比より1・2度高かったが、11日以降は冷え込みが厳しくなっている。このため硬いわだちとなった路面も多く、でこぼこの影響で市内では車の部品とみられるものが落ちている箇所も。日高管内などでは農業用ビニールハウスの被害が発生しているが、渡島総合振興局によると、管内ではこれまでにないという。

 札幌管区気象台によると、3月上旬ごろまで冬型の気圧配置が平年より強い見込みで、雪に悩む日はまだまだ続く。市内豊川町の主婦(66)は「庭や玄関前など、雪を置く場所はもうない。近隣でトラックを持っている人もいないので市の雪捨て場にもいけない」と困り顔。「西部地区は高齢者が多いので、除雪が辛い人が多いと思う。他都市のように町内の一斉除雪の仕組みがあれば」と話す。

関連記事

日高報知新聞

静内産ミニトマト出荷開始【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協の選果場=静内木場町=で静内産ミニトマト「太陽の瞳」の出荷が始まった。昨年の生産販売額は過去最高の約9億8500万円となり、関係者はハウス被害の影響があるものの、昨年同様の...

日高報知新聞

旬のウニに約2千500人【様似】

【様似】春ウニを味わう「第9回さまにウニまつり」が20日、本町3のエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の青空のもと、札幌、帯広ナンバーなど含む町内外から約2500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類...

苫小牧民報

よこすかカレーフェスでグランプリ とまこまいカレーラーメン振興局

 19、20両日に神奈川県横須賀市で開かれた全国ご当地カレーのイベント・よこすかカレーフェスティバルで、苫小牧市内の飲食店主らでつくるとまこまいカレーラーメン振興局の「みそカレーラーメン」がグラ...

苫小牧民報

200メートル煙突、44年ぶり大改修 王子製紙苫小牧工場

 苫小牧市のシンボルの一つである王子製紙苫小牧工場の200メートル煙突が、1974年の設置以来初めての大規模改修を行っている。煙突の中腹に円形のゴンドラが設置され、専門業者による作業が着々と進む...

苫小牧民報

「むかわ竜」の名称再考を 穂別出身者の会が近く要望書

 むかわ町穂別地区で見つかり、日本の恐竜研究史上で最大級の発見とされるハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石の通称「むかわ竜」について、穂別出身者などでつくる町外の団体が名称の再考を求めて同町に要望...