北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館の累積降雪量過去5番目 市民「雪の置き場所ない」【函館】

道路脇に2メートルを超す雪が積まれ、人や車が見えにくい状況になっている交差点(14日午後3時20分ごろ、豊川町で)

 道南は今冬、寒気が入りやすい状況となり雪の日が多く、函館では累積降雪量(11月1日~2月13日)が425センチとなり、1954年の観測以来5番目の多さとなっている。道路脇に除雪で積まれた雪が2メートル以上となる箇所も多く、人や車にとって視界が悪くなっているほか、「これ以上雪を置く場所がない」と除雪に悲鳴をあげる住民も出ている。

 函館で累積降雪量が最大だったのは1983~84年の496センチ。以下、2011~12年465センチ、05~06年449センチ、09~10年439センチで、今冬は6年ぶりの大雪。11日に大阪から出張で函館に来ていた会社員、前田一佳さん(55)は「何度か冬に来ているが、こんなに交差点に雪の山があるのは初めて見た。安全確認に苦労します」と話していた。

 大雪の要因は、低気圧の接近や、冬型の気圧配置となり上空に強い寒気が入っている影響。また、道南は北西から西にかけての風が入ることが多く、函館地方気象台によると、雪雲が発生しやすい函館で雪が多くなり、累積降雪量の平年比(13日現在)は道南で最も高い156%。北からの風で雪が多くなる長万部は同89%の365センチ。

 2月上旬の平均気温は氷点下1・6度で平年比より1・2度高かったが、11日以降は冷え込みが厳しくなっている。このため硬いわだちとなった路面も多く、でこぼこの影響で市内では車の部品とみられるものが落ちている箇所も。日高管内などでは農業用ビニールハウスの被害が発生しているが、渡島総合振興局によると、管内ではこれまでにないという。

 札幌管区気象台によると、3月上旬ごろまで冬型の気圧配置が平年より強い見込みで、雪に悩む日はまだまだ続く。市内豊川町の主婦(66)は「庭や玄関前など、雪を置く場所はもうない。近隣でトラックを持っている人もいないので市の雪捨て場にもいけない」と困り顔。「西部地区は高齢者が多いので、除雪が辛い人が多いと思う。他都市のように町内の一斉除雪の仕組みがあれば」と話す。

関連記事

根室新聞

「大坂なおみ選手特設ブース」にウエア追加【根室】

 テニスの全豪オープンに出場中の大坂なおみ選手の祖父で根室漁協の大坂鉄夫組合長(73)が21日、市役所を訪れ、市役所1階ロビーの「なおみブース」を初めて見学。大坂組合長は、全米オープンの表彰式で着用...

根室新聞

毛ガニかご漁 2月1日解禁【根室】

 道知事許可の根室半島太平洋沿岸での「毛ガニかご漁」が今期も2月1日の解禁となる。根室振興局水産課によると、道は今期操業の許可方針や制限条件について今年も前年並みとする方針で、管内各漁協から合わ...

日高報知新聞

高校創生フォーラム【新冠】

【新冠】管内有志による教育創生プロジェクト主催の「日高管内高校創生フォーラム」が20日、レ・コード館で開かれ、鳴海修司町長や藤沢澄雄道議、管内町議や教育関係者、一般住民ら約70人が参加して魅力ある学校...

日高報知新聞

小中学生最優秀賞に清水嵩流君(浦小2年)【浦河】

 浦河文化協会(津沢静子会長)は18日、近く発行する文芸うらかわ第37号の特別企画「『流れる』にまつわる短歌」の入賞作品の表彰式を町総合文化会館で行い、小中学生の部最優秀賞の清水嵩流君(浦河小2年)や...

苫小牧民報

苫小牧のパンプアップ塾3連覇 復興願い、厚真で3本引き大会

 厚真町の冬のイベント「あつま国際雪上3本引き大会」(実行委主催)が20日、町本郷のかしわ公園野球場で開かれた。12回目となる今回は町内外から過去最高の58チーム約930人が参戦。胆振東部地震で...