北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

イタンキ海水浴場閉鎖へ、36年の歴史に幕【室蘭】

閉鎖となるイタンキ海水浴場

 室蘭市は、イタンキ浜海水浴場を2017年度(平成29年度)で閉鎖する方針を固めた。市の行財政改革の一環。天候不順で遊泳日数は減り維持コスト面から税を投入して運営するメリットがないと判断した。夏季の波が穏やかな日は家族連れでにぎわい、サーフィンの中心地として知られた場所は、開設36年で役目を終えることになる。

 同浜海水浴場は、地球岬北東に位置し、太平洋に面する1・7キロの砂浜海岸。日本の「渚(なぎさ)百選」に指定され、乾いた砂の上を歩くと「キュッ、キュッ」と音が鳴る希少な「鳴砂」の名所としても知られる。

 ビーチは1981年(昭和56年)に市民の余暇と健康増進を目的として開設された。来場者は最盛期の83年に19万9千人を記録したがその後減少が続き、93年には3100人まで減少。2016年(平成28年)シーズンは1万2千人台だった。遊泳期間のうち17年の遊泳可能日はゼロ。16年も2日にとどまった。

 管理運営費はシーズン約750万円。オープンに向け毎年電気設備などの「固定費」がかかるほか、遊泳できない日でも監視員の配置が必要となる。「2年連続で遊泳日が1桁となり今後、海水浴場を続けても変化は見られない」(市観光課)と判断した。

 イタンキ浜海水浴場を巡っては市議会でも「閉鎖」、「継続」の議論が繰り返されており、「引き潮が強くて海水浴場には不向き」との指摘もあった。

 今後「遊泳禁止」を知らせる看板を2カ所設置するほか、海水浴場閉鎖を広報紙や学校、ラジオ放送などで周知する。市は「電信浜児童遊泳場や絵鞆臨海公園親水護岸などを利用してほしい」と呼び掛けている。

関連記事

函館新聞

住民の思い受け止めて 大間訴訟の会・竹田代表 11日に控訴審第1回弁論【..

 函館市の市民団体、大間原発訴訟の会(竹田とし子代表)が、電源開発(東京)が建設中の大間原発の建設・運転差し止めを求める訴訟の控訴審は11日、札幌高裁で初回の口頭弁論を迎える。法廷で意見陳述する...

函館新聞

函館で今冬初の真冬日 積雪15センチ越えで除雪車も【函館】

 冬型の気圧配置が強まった影響で、8日の道南は各地で気温が下がり断続的な雪となった。函館では最高気温が氷点下となり、今季初の真冬日となった。函館の真冬日の初日は昨年より8日遅かった。日中の最低気...

日高報知新聞

日ハム松本剛選手が指導【新ひだか】

【新ひだか】北海道日本ハムファイターズ新ひだか後援会(折手裕一会長)主催の野球教室が4日、静内体育館で開かれ、町内3野球少年団の小学生がファイターズの松本剛選手(25)と元一軍投手コーチの芝草宇宙さ...

日高報知新聞

「にいかっぷキッチン」オープン【新冠】

【新冠】道の駅「サラブレッドロード新冠」に隣接する農協ストア跡地に7日、町内の青果・コンブ、生肉、鮮魚、パン・スイーツの4店舗による商業施設「にいかっぷキッチン」がオープンした。あいにくの大雪の中...

苫小牧民報

「朝ラー」静かな人気 セットメニューも提供-味の大王総本店

 苫小牧市植苗の「味の大王総本店」が始めた、午前7時からラーメンを提供する「朝ラー」が静かな人気となっている。深夜、早朝時間帯に働く人を中心に注文が増えており、高橋浩一社長は「朝にラーメンを食べ...