北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

イタンキ海水浴場閉鎖へ、36年の歴史に幕【室蘭】

閉鎖となるイタンキ海水浴場

 室蘭市は、イタンキ浜海水浴場を2017年度(平成29年度)で閉鎖する方針を固めた。市の行財政改革の一環。天候不順で遊泳日数は減り維持コスト面から税を投入して運営するメリットがないと判断した。夏季の波が穏やかな日は家族連れでにぎわい、サーフィンの中心地として知られた場所は、開設36年で役目を終えることになる。

 同浜海水浴場は、地球岬北東に位置し、太平洋に面する1・7キロの砂浜海岸。日本の「渚(なぎさ)百選」に指定され、乾いた砂の上を歩くと「キュッ、キュッ」と音が鳴る希少な「鳴砂」の名所としても知られる。

 ビーチは1981年(昭和56年)に市民の余暇と健康増進を目的として開設された。来場者は最盛期の83年に19万9千人を記録したがその後減少が続き、93年には3100人まで減少。2016年(平成28年)シーズンは1万2千人台だった。遊泳期間のうち17年の遊泳可能日はゼロ。16年も2日にとどまった。

 管理運営費はシーズン約750万円。オープンに向け毎年電気設備などの「固定費」がかかるほか、遊泳できない日でも監視員の配置が必要となる。「2年連続で遊泳日が1桁となり今後、海水浴場を続けても変化は見られない」(市観光課)と判断した。

 イタンキ浜海水浴場を巡っては市議会でも「閉鎖」、「継続」の議論が繰り返されており、「引き潮が強くて海水浴場には不向き」との指摘もあった。

 今後「遊泳禁止」を知らせる看板を2カ所設置するほか、海水浴場閉鎖を広報紙や学校、ラジオ放送などで周知する。市は「電信浜児童遊泳場や絵鞆臨海公園親水護岸などを利用してほしい」と呼び掛けている。

関連記事

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...

根室新聞

先人の功績知って―和田屯田記念館 16日まで開放

 道指定有形文化財の和田屯田兵村の被服庫を活用して、屯田兵の歴史を保存している「和田屯田記念館」=西和田568=の一般開放が13日から始まった。今年は状態が悪くなったため新しく印刷した歴代村長の写真...

日高報知新聞

四国の大洲市を支援

【えりも】町は、7月の西日本豪雨による河川氾濫や崖崩れなどで死亡・行方不明30人などの甚大な被害を受けた四国・愛媛県大洲市への義援金を募集している。  町と大洲市とは、平成5年にえりも凧の会(坂田...

日高報知新聞

盛況の浦河港まつり

 浦河町の「第56回浦河港まつり」(実行委主催)が11、12の両日、浦河町築地2の役場裏特設会場で行われた。町内外から2日間で2万人が来場し、夏のイベントを楽しんだ。  11日は曇り空で午前11時の出店ま...